auひかりの開通工事費を実質無料にする方法

auひかりの開通工事費を実質無料にする方法

光回線サービスは、電柱を走る光ファイバーを宅内まで有線で引き込むことで、高速で安定したインターネット通信を可能にしています。

それ故に、避けて通れないのが開通工事と工事費です。

auひかりも例外ではなく、下表のように決して安くは無い工事費が設定されています。

ホームの工事費マンションの工事費
37,500円
(税込 41,250円)
30,000円
(税込 33,000円)

しかしご安心ください!

auひかりには公式キャンペーンの『初期費用相当額割引』があります!

これを活用することで、開通工事費と同額の割引が適用され、工事費が実質無料になるのです。

ただし、ホームとマンションで割引額や無料になる条件が異なるため、申し込み前に下記ポイントを押さえておきましょう。

auひかりの開通工事費を実質無料にする方法
  • ホームの場合はネットとauひかり電話を申し込むことで実質無料になる
  • マンションの場合はネットのみの申し込みでOK

今記事では、auひかりの開通工事費を実質無料にする『初期費用相当額割引』について、詳しく紹介いたします。

尚、auひかりの申し込みに迷ったら下記の記事がおすすめです。

申し込みにおすすめの窓口を厳選して3つ紹介しております。
ここさえおさえておけば申し込みで失敗することはないでしょう。

興味のある方はご覧になってみてください。

>auひかりの申し込みにおすすめの窓口はこちら

auひかりの開通工事費を実質無料にする方法

初期費用相当額割引で工事費が実質無料になります!

auひかりの開通工事費は、公式キャンペーンの『初期費用相当額割引』を適用することで、実質無料にすることが出来ます。

実際には工事費は一括もしくは分割で支払いますが、それと同額分の割引が適用されるため、最終的に実質無料になる仕組みです。

下表のとおり、ホームとマンションで分割回数や割引額が異なります。

初期費用相当額割引の仕組み
ホームタイプマンションタイプ
工事費37,500円
(税込 41,250円)
30,000円
(税込 33,000円)
割引額37,500円
(税込 41,250円)


≪内訳≫
・初回 1,086円
(税込 1,194.6円)
<ネット 586円(税込 644.6円)
+電話 500円(税込 550円)

・34回 1,071円
(税込 1,178.1円)
<ネット 571円(税込 628.1円)
+電話 500円(税込 550円)
30,000円
(税込 33,000円)


≪内訳≫
・初回 1,312円
(税込 1,443.2円)
・22回 1,304円
(税込 1,434.4円)
つまり・・・実質無料!実質無料!

初期工事費相当額割引の注意事項

初期費用相当額割引には注意点があります。

  1. ホームの場合はネットとauひかり電話を申し込むことで実質無料になる
  2. 工事費の割引が全て適用される前にauひかりを解約した場合、割引はその時点で終了となる

一つずつ確認していきましょう。

1.ホームの場合はネットとauひかり電話を申し込むことで実質無料になる

ホームタイプ初期費用相当額

戸建て向けタイプ『auひかり ホーム』を申し込んだ場合の開通工事費は37,500円(税込 41,250円)で、一括もしくは23回・35回・60回分割のいずれかの方法で支払います。

これに対してキャンペーンによる割引が入るわけですが、実はその割引額はネット回線分とひかり電話分に分かれているのです。

ネット回線分の割引額20,000円(税込 22,000円)
auひかり電話分の割引額17,500円(税込 19,250円)

つまり、auひかりホームの開通工事費を0円にするためには、ネット回線だけでなく、固定電話サービスの『auひかり電話』も併せて申し込まなければなりません。

ネット回線のみの申し込み自体は可能ですが、その場合20,000円(税込 22,000円)分の割引しか受けられず、工事費のうち17,500円(税込 19,250円)は自己負担となってしまう点には注意が必要です。

auひかり電話とは

auひかりの光ファイバー網を利用した固定電話サービス、いわゆる家電話です。

従来の加入権電話に比べて月額基本料金と通話料が大幅に安いのが特徴で、今お使いの電話番号、電話機をそのまま利用することが出来ます。

月額基本料金
auひかり電話NTT加入権電話
月額利用料金500円(税込 550円)1,450円(税込 1,595円)
~1,700円(税込 1,870円)
auひかり電話の通話料
電話相手先通話料
国内加入電話向け通話
IP電話向け通話
8円(税込 8.8円)/3分
020番号向け通話10円(税込 11円)/40秒
※別途40円(税込 44円)/1通話
携帯電話au宛 15.5円(税込 17.05円)/1分
NTTdocomo宛 16円(税込 17.6円)/1分
ソフトバンク宛 16円(税込 17.6円)/1分
ワイモバイル宛 16円(税込 17.6円)/1分
PHS宛て/1分
※別途/1通話

NTTの加入権電話をお使いなら、auひかりの契約と一緒にauひかり電話への切り替えがおすすめです。

マンションの場合はネットのみの申し込みでOK

マンションタイプ初期費用相当額

集合住宅向けタイプ『auひかり マンション』を申し込んだ場合の開通工事費は30,000円(税込 33,000円)で、一括もしくは23回分割で支払います。

これに対してキャンペーンにより、工事費と同額分が23回に分けて月額料金から割り引かれ実質無料になります。

ホームと違い、マンションの場合はネット回線のみの申し込みでOKです。

2.工事費の割引が全て適用される前にauひかりを解約した場合、割引はその時点で終了となる

よく誤解されやすいのですが、初期費用相当額割引は始めから工事費が無しになるキャンペーンではありません。

あくまで工事費は支払い、後からそれと同額分の割引が入るため、相殺されて実質無料になるキャンペーンです。

最終的に無料になるのだから、結局一緒じゃない

いいえ、両者は似ていますが、実質無料ならではの注意点というものもあります。

初期費用相当額割引は、ホームの場合は35ヶ月間、マンションの場合は23ヶ月間に分割されて徐々に割り引かれていきます。

しかし、全ての割引が適用される前にauひかりを解約すると、その時点で割引が終了してしまい、残りの工事費分は自己負担になってしまうのです。

万が一auひかりを途中解約することになったら、割引分が後いくら残っているのかを調べておきましょう。

初期工事費相当額割引を含む公式キャンペーンはどの窓口から申し込んでも適用可能!

初期費用相当額割引は、auひかり公式キャンペーンの一つです。

ということは、auショップやKDDI公式サイトから申し込まないと適用できないのかな?

いいえ、そんなことはありません。

auひかりの公式キャンペーンは、どの窓口から申し込んでも適用することが出来ます。

むしろ、auショップやKDDI公式サイトから申し込んでもほとんどメリットは無いため、どうせならもっとお得な窓口を選んで申し込むようにしましょう。

auひかりにはたくさんの申し込み窓口があります。

auひかりの主な申し込み窓口
  • auショップ/au Style
  • KDDI公式サイト
  • 提携プロバイダ公式サイト
  • WEB代理店
  • 家電量販店
  • 訪問営業
  • 電話営業

中でもおすすめなのはWEB代理店です!

auひかりの運営会社であるKDDIや、提携プロバイダのBIGLOBEやSo-netに比べて知名度が低い代理店は、魅力的なキャンペーンを用意して集客する必要があります。

また、インターネットサイトで受付を行うWEB代理店は、家賃や人件費が掛からないため、その分キャンペーン特典に多くお金を回すことが出来ます。

だからWEB代理店が一番お得になりやすいのです。

参考までに、私おすすめの代理店キャンペーンを一つ紹介いたしますので、これからauひかりを申し込みをお考えでしたら、ぜひチェックしてみて下さい。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかりAコース:高額キャッシュバック
auひかりAコース:高額キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
WiFi6ルーターメイン画像

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

\高額キャッシュバックが受け取れる代理店/

よくある質問

最後に、auひかりの開通工事に関してよくいただく質問を紹介いたします。

アパートの場合はホーム・マンションどちらのタイプになるの?

auひかりでは、マンションやアパート等の集合住宅に住んでいても、必ずしもマンションタイプでの契約になるとは限りません。

auひかり マンションは、建物の共有部分にすでにauひかりの設備が導入されている集合住宅だけを対象としたサービスだからです。

お住まいの集合住宅にauひかりの設備が導入されていなければ、そもそもホームタイプでしか契約することが出来ません。

特に、アパートの場合は設備が導入されている建物が少ないため、ホームタイプでの契約になる可能性が高いでしょう。

尚、マンションやアパートでauひかり ホームを契約する場合は、事前に管理会社やオーナーの工事許可が必要です。

工事費は一括払いに出来ますか?

開通工事費は一括払い、もしくは分割払いから選択可能です。

タイプ支払い方法
ホーム一括 もしくは 23回・35回・60回分割から選択可能
マンション一括 もしくは 23回分割から選択可能

ただ、一括支払いにしても工事費総額は変わりませんし、初期費用相当額割引も仕組みも変わらないため、ほぼメリットはありません。

初期費用相当額割引の回数と併せるのがおすすめです(ホームは35回、マンションは23回)。

開通工事で壁に穴を開けたりしますか?

ホームタイプの場合、電話線の配管やエアコンダクトなどの既設孔を優先的に利用するため、原則的に穴あけ工事は行いません。

ただし、それらが利用できなかった場合は、やむを得ず穴あけを行う場合もあります。

auひかり 壁に穴をあけるケース

穴あけを行う際は事前に工事業者から相談されるので、その時に判断しましょう。

また、壁面に光ケーブルを固定するためにビス止め(ネジ止め)を行う場合もあります。

※マンションタイプでは基本的に穴あけ工事はありません。

まとめ

auひかりの公式キャンペーン、『初期費用相当額割引』について紹介しました。

今記事のまとめです。

auひかりの開通工事費は、初期費用相当額割引を適用することで実質無料にすることが出来ます。

初期費用相当額割引の仕組み
ホームタイプマンションタイプ
工事費37,500円
(税込 41,250円)
30,000円
(税込 33,000円)
割引額37,500円
(税込 41,250円)


≪内訳≫
・初回 1,086円
(税込 1,194.6円)
<ネット 586円(税込 644.6円)
+電話 500円(税込 550円)

・34回 1,071円
(税込 1,178.1円)
<ネット 571円(税込 628.1円)
+電話 500円(税込 550円)
30,000円
(税込 33,000円)


≪内訳≫
・初回 1,312円
(税込 1,443.2円)
・22回 1,304円
(税込 1,434.4円)
つまり・・・実質無料!実質無料!

ただし、ホームとマンションでは無料になる条件が異なります。

auひかりの開通工事費を実質無料にする方法
  • ホームの場合はネットとauひかり電話を申し込むことで実質無料になる
  • マンションの場合はネットのみの申し込みでOK

戸建てにお住まいでauひかりを申し込み予定の方は、auひかり電話も併せて申し込まないと工事費が0円にならない点にはご注意ください。

高額な光回線の開通工事費が実質無料になるのはauひかりの大きなメリットです。

WEB代理店のキャッシュバックキャンペーンと公式の『初期費用相当額割引』キャンペーンを併用して、お得にauひかりを開通させましょう!

auひかりをどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選して3社選びました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

>auひかりの申し込みにおすすめの窓口はこちら