危険なauひかり詐欺の手口!こんな勧誘に気をつけろ!

危険なauひかり詐欺の手口!こんな勧誘に気をつけろ!

あなたはauひかりの勧誘詐欺にあったことがありますか?

auひかりの勧誘詐欺はそこまで頻繁にあるわけではありませんが、あなたのところにやって来る可能性がゼロとも言い切れません。

そんな時に引っかかって申し込んでしまないように、詐欺の手口をご紹介しておきます。

もし、実際にあなたの家にここで紹介するような勧誘がやってきたら、「コイツだ!」と思って慌てずに対処してください。

そして、できる限りドアを開けず、相手を玄関まで入れないようにしましょう。

なぜなら、相手が強引な勧誘業者だった場合、食い下がってなかなか帰らないからです。

それでは、auひかり勧誘詐欺の手口を紹介します。

代表的なのは以下の2つです。

  1. 代理店名(会社名)を名乗らない
  2. auひかりに乗り換えるのが当たり前のような説明をする

これら、auひかり勧誘手口を詳しく見ていきましょう。

尚、auひかりの申し込みに迷ったら下記の記事がおすすめです。

申し込みにおすすめの窓口を厳選して3つ紹介しております。
ここさえおさえておけば申し込みで失敗することはないでしょう。

興味のある方はご覧になってみてください。

>auひかりの申し込みにおすすめの窓口はこちら

auひかり代理店名を名乗らない

“ピンポ~ン”

インターフォンの音がなりました。

まず、auひかりの勧誘で訪れた悪質な代理店は名前を名乗りません。

例えば、こんな風に名乗ってきます。

  • KDDIです。auひかりの件で来ました。
  • NTTです。今お使いのインターネットのことで少しよろしいでしょうか?
  • インターネット工事の説明で伺いました。

このように、詐欺代理店はあたかも代理店ではなく、大元の通信事業者であるかのように振舞います。

確かに、聞いたこともない代理店名を言われるより、大手通信事業者の名前を出された方が信用してしまいます。

信用してしまうからこそ、ドアを開けたり、真剣に説明を聞いたりしてしまうのです。

しかし、KDDIやNTTが勧誘で訪問することはまずありません。

KDDIやNTTを名乗るようであれば、詐欺勧誘と思っていいでしょう。

また、「インターネット工事の説明」ってとても曖昧な表現ですが、これが意外とやっかいです。

このケースだと、「この区域でインターネットの工事をしましたのでauひかりに乗り換える必要があります」のような話をしてきます。

まるでauひかりに乗り換えないとインターネットが使えなくなるような言い方をしてきますが、もちろんそんなことはありません。

auひかりに乗り換えるつもりはないことをきちんと伝えるようにしましょう。

仮にauひかりに乗り換えるにしても、キャッシュバックなどが受け取れるもっと良い代理店があります。

このような怪しげな代理店で申し込む必要は全くありません。

以上のように、信頼を得るために大元の通信事業者を名乗ったり、インターネット工事について話したりするようであれば詐欺だと疑いましょう。

auひかりに乗り換えるのが当たり前のような説明をする

次に、詐欺勧誘を行う代理店はauひかりに乗り換えるのが当たり前のような説明をしてきます。

わかりやすく言うと、「みんな乗り換えているから、あなたも早く乗り換えてください」といった内容です。

auひかり勧誘詐欺のトーク例
  • この区域の皆さまから「インターネットの速度が遅いから改善してほしい」との要望がありました。auひかりに乗り換えるとインターネットの速度が速くなるので乗り換えの説明に来ました。
  • マンションでauひかりの工事を行いましたので、auひかりへ乗り換えをお願いします。今ご利用のインターネットは利用できなくなりますので、皆さまにはauひかりへ乗り換えていただいております。
  • この区域でもauひかりが利用できるようになりました。今より月額料金が安くなりますので皆さまに乗り換えをお願いしております。
  • ADSLが間もなく終了する予定なので、auひかりへ乗り換えをお願いします。

確かに、このように話されたら「みんなが乗り換えてるなら乗り換えないといけないのかな」と思ってしまう方もいるでしょう。

しかし、あなたの住む区域の人たちがauひかりに乗り換えている根拠は何もありません。

これは、心理学でいう同調行動を利用したものです。

同調行動とは

他人と同じ行動をしてしまうこと。例えば、行列のできるラーメン屋を見て「行列ができるくらいだから美味しいに違いない」と思い込み、自分も行列に並んでしまう等。

もしかしたら、誰もauひかりに乗り換えていないのに、「みんな乗り換えている」とウソをついているかもしれません。

auひかりの勧誘詐欺の可能性が高いので、しっかり断るようにしましょう。

auひかりの勧誘詐欺を断るには

auひかりの勧誘詐欺にあった場合、ハッキリと断れればいいのですが、断りづらい人もいるでしょう。

もしくは、営業マンの勢いに押されてauひかりを申し込まなくてはいけない状況に追い込まれるかもしれません。

そんな強引な勧誘を断るのにオススメの方法を紹介します。

それは、「家族がインターネット関連の仕事をしてるから、そっちで申し込む」と伝えることです。

あるいは、「家族がインターネットの工事関係の仕事をしてるから、そっちで相談する」でもOKです。

要するに、「身内が同業だから、いろいろと融通が利く」ということを伝えてみましょう。

ほとんどの詐欺代理店は、身内が同業だとわかればそれ以上突っ込んできません。

いろいろと調べられたら詐欺だとわかってしまいますからね。

また、「既にauひかりを使っている」と断る方法もあります。

ただ、こっちの方法だと「今使っているauひかりを解約して、再度新規でauひかりに申し込めばキャッシュバックが貰えます」のようなめちゃくちゃ強引な勧誘をしてくる営業マンもいます。

やはり、身内戦法が一番オススメです。

auひかり詐欺に引っかかってしまったら

もし、auひかりの勧誘詐欺で申し込んでしまった場合でも、慌てることはありません。

開通工事が完了する前ならキャンセル可能です。

しかも、キャンセル料もかかりません。

KDDI開通センターに連絡しキャンセルしたい旨を伝えましょう。

KDDI開通センター
ホーム
(関東)
0120-925-641
(無料)
ホーム
(上記以外)
0120-921-928
(無料)
マンション
(下記以外)
0120-911-052
(無料)
マンションミニギガ0120-925-641
(無料)

※対応時間 10:00~19:00(年末年始除く)
※ホーム(関東)は、東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・山梨・茨城の一部が対象です。

では、auひかりの開通工事を済ませてしまった場合はどうなるのでしょうか。

この場合も「初期契約解除制度」というクーリングオフに似た制度を利用すれば違約金が発生せずキャンセルできます。

ただし、「初期契約解除制度」が利用できるのは「契約書面の受領日を初日とする8日間」です。

以上のように、工事前や工事後でも、慌てずに対処すれば無料でキャンセルできます。

また、詐欺にあって気持ちがモヤモヤするようであれば「消費者センター」に相談するのもアリです。

消費者センターに相談する際は会社名と営業担当を伝えると、より詳しく調査してくれることがあります。

ですので、勧誘してきた営業担当の名刺は必ず受け取っておきましょう。

まとめ

以上、auひかり勧誘詐欺の手口について紹介しました。

最後にもう一度おさらいしておきましょう。

auひかり詐欺勧誘の手口は、主にこの2点が主流です。

  • 代理店名(会社名)を名乗らない
  • auひかりに乗り換えるのが当たり前のような説明をする

もし、あなたのところに、このような詐欺と思われる勧誘が来たら「身内が同じような仕事をしているから、そっちに相談する」と言って断りましょう。

auひかりをどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選して3社選びました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

>auひかりの申し込みにおすすめの窓口はこちら