auひかりのプロバイダ『au one net』の申し込みキャンペーンはお得感無し・・・

auひかりのプロバイダ『au one net』の申し込みキャンペーンはお得感無し・・・
auひかりのプロバイダ『au one net』の申し込みキャンペーンはお得感無し・・・

auひかりを申し込み予定なんだけど、プロバイダはどこを選べばよいのかな?

auひかりには全部で7社の提携プロバイダがあり、契約時に利用者が好きなところを選べるようになっています。

auひかりの提携プロバイダ
  • So-net
  • BIGLOBE
  • @nifty
  • @TCOM
  • DTI
  • Asahiネット
  • au one net

しかし、この中のどのプロバイダを選んでも「料金」や「速度」自体は変わりません。

では何を基準にプロバイダを選べば良いのでしょうか?

おすすめは、「申し込みキャンペーン」の中身です。

実は、プロバイダの公式サイトや、プロバイダと提携している代理店サイトからauひかりを申し込むことで、窓口独自キャンペーンが適用できる場合があるんです!

ということで、今回はauひかりのプロバイダ『au one net』の申し込みキャンペーンを深堀りしてみました。

先に結論から言うと、こうなります。

au one netからauひかりを申し込むと、のau PAY 残高が受け取れます。
ただ、この額はauひかりの申し込みキャンペーンとしてはかなり少なく、「プロバイダはau one netが良い!」という人以外にはおすすめしません。

それでは詳しく確認していきましょう!

尚、auひかりの申し込みに迷ったら下記の記事がおすすめです。

窓口を厳選して3社紹介しました。
紹介したauひかりの窓口なら申し込みで失敗しません

\申し込みで失敗しない代理店を紹介/
今なら最大77,000円進呈

「au one net」ってどんなプロバイダ?

au one net

au one netはKDDIが運営するプロバイダ事業の名称です。

言わばauひかりの本家本元が運営している『公式プロバイダ』と言ったところでしょうか。

超大手企業であるKDDIが運営しているので、信頼度は7社の中で最も高いと言えるでしょう。

ちなみに、auショップでauひかりを申し込むと、プロバイダはほぼ100%「au one net」になるはずです。

プロバイダau one netからauひかりを申し込むとキャッシュバックが貰える!

公式サイトからauひかりを申し込み、プロバイダにau one netを選択すると、下記キャッシュバック特典が受け取れます。

特典内容au PAY残高へ
キャッシュバック!
(チャージ)

現金振り込みでは無くau PAY 残高へのチャージ

auひかりに限らずインターネット回線を申し込んだ時の特典は「現金キャッシュバック」が主流ですが、au one netは「au PAY 残高へのチャージ」となっています。

『au PAY 残高』はKDDIが運営している電子マネーサービス『au PAY(コード支払い)』と『au PAY プリペイドカード(au WALLET プリペイドカード)』で共有できる残高のことです。

使えるお店が限られてしまいますし、このためにわざわざアプリをインストールするのも面倒・・・正直使いにくいと言わざるを得ません。

auひかりの申し込みキャンペーンとしてはかなり額が少ない・・・

でも貰えたら嬉しいですが、実は他のauひかりの窓口キャンペーンと比べると額はかなり少ないです。

例えば、auひかりの代理店窓口などから申し込んだ場合、「プロバイダ」+「代理店」の両方からダブルでキャッシュバックが貰えるため、合計で77,000円くらいになるケースもあります。
(例:正規代理店NNコミュニケーションズから申し込んだ場合)

したがって、「au one net」のキャンペーンは残念ながらそこまで魅力的とは言えません。

3つの公式キャンペーンはどの窓口から申し込んでも適用できる

auひかりには魅力的な公式キャンペーンがたくさん揃っています。

これらは、公式プロバイダのau one netを選択しなければ適用できない・・・なんて事はありません。

他のプロバイダや代理店から申し込んでも適用できるので、ご安心ください。

KDDIの公式キャンペーン
  1. 開通工事費が実質無料になる『初期費用相当額割引』
  2. 他社から乗り換える際の解約違約金を補填『乗りかえスタートサポート』
  3. auスマホの月額料金割引『auスマートバリュー』

1.開通工事費が実質無料になる『初期費用相当額割引』

初期費用相当額割引
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

「初期費用相当額割引」は、auひかりの開通工事費が実質無料になるキャンペーンです。

auひかりの開通工事にかかる初期工事費は、ホームタイプで41,250円、マンションタイプで33,000円と決して安くありません。

しかし、キャンペーン適用することでこの工事費の相当額が割り引かれ、0円になるんです!

どのように割引されるのか解説します。

ホームタイプマンションタイプ
工事費41,250円33,000円
割引額41,250円

≪内訳≫
・初回 1,194.6円
<ネット 644.6円
+電話 550円>

・34回 1,178.1円
<ネット 628.1円
+電話 550円>
33,000円

≪内訳≫
・初回 1,443.2円
・22回 1,434.4円
つまり・・・実質無料!実質無料!

ホームの場合、「ネット回線」+「ひかり電話」を申し込み、auひかりを35か月間継続利用することで最大41,250円の割引、つまり工事費分が実質無料になります。

マンションの場合は「ネット回線」のみでOKで、auひかりを23か月間継続利用することで最大33,000円の割引、工事費が実質無料になります。

2.他社から乗り換える際の解約違約金を補填『乗りかえスタートサポート』

auひかり新スタートサポート
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

auひかりには、他社回線を解約する際に発生する違約金や工事費の残債を還元し、乗り換えを後押ししてくれるキャンペーンが用意されています。

その名も『乗りかえスタートサポート』!

還元内容は次の3つに分かれています。

  • 解約違約金還元
  • 上乗せキャッシュバック
  • au PAY残高へチャージ

解約違約金還元

auひかりに乗り換える際に掛かる、他社インターネットサービスやモバイルデータ通信端末の解約違約金等を最大30,000円(※1)まで還元してくれます。

他社回線の解約違約金、工事費残債、回線撤去費用、他社モバイルデータ通信端末の割賦金残債、番号ポータビリティ手数料、NTT加入権電話のアナログ戻し費用などが還元対象です。

ホームタイプマンションタイプ
au PAY残高へのチャージ
または郵便為替での還元
最大 10,000円
(※1)
最大 10,000円
(※1)
月額利用料への還元最大 20,000円
最大 20,000円
上乗せ
キャッシュバック
20,000円
(※2)
10,000円
(※2)
合計最大 50,000円
(※2)
最大 40,000円
(※1)

ただし、乗りかえスタートサポートは他社回線からの乗り換えが条件となっているため、以下のKDDI関連企業などが運営しているインターネット回線は対象外となってしまうことに注意しましょう。

乗りかえスタートサポート対象外回線

auひかりちゅら/コミュファ光/eo光/メガ・エッグ/ピカラ光/BBIQ/ひかりJ/
ビッグローブ光/So-net光/エディオンネット(基本パック、IoTパック)/@nifty光/
@T COMヒカリ/ひかりゆいまーる/auスマートバリュー提携事業者/
KDDIが指定するケーブルテレビ事業者など

上乗せキャッシュバック

正規代理店からauひかりを申し込み、乗りかえスタートサポートの違約金還元が適用された場合、さらに上乗せキャッシュバックを受け取ることができます。

ホームタイプマンションタイプ
上乗せ
キャッシュバック
20,000円
(※2)
10,000円
(※2)

ちなみに還元は違約金の相当額しか受け取れませんが、上乗せキャッシュバックは表記の満額が受け取れます!

au PAY残高へチャージ

『auスマートバリュー』、または『自宅セット割インターネットコース』に申し込み、かつ『乗りかえスタートサポート』を適用させると、最大10,000円(※1)がau PAY残高へチャージされます。

ホームタイプマンションタイプ
上乗せ
キャッシュバック
20,000円
(※2)
10,000円
(※2)
  • ※1 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替・月額利用料への還元は税込
  • ※2 au PAY残高へのチャージは不課税。郵便為替への還元は税込

3.auスマホの月額料金割引

auスマートバリュー
引用:NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

auスマートバリューは、auひかり+ひかり電話とauスマホをセットで利用することで、スマホの月額料金が割引になるサービスです。

割引額は契約している料金プランによりますが、スマホ1台あたり550円~1,100円

さらに同居している家族や、離れて暮らす50歳以上の家族も対象となり、それらのスマホやタブレットも含めて何と最大10台まで割引を受けることができます。

家族でバラバラのキャリアスマホを利用しているケースも多々あると思いますが、家の固定回線をauひかりにするなら、これを機にスマホもauに統一するのがおすすめです!

auひかりのおすすめ申し込み窓口

au one netからauひかりを申し込んでも、ほとんどメリットはありません。

じゃあどこから申し込めばよいの?

そんなあなたのために、おすすめのキャンペーン窓口を2つピックアップしました!

auひかりを申し込み予定でしたら、ぜひチェックしてみてください。

■NNコミュニケーションズ

キャッシュバック
特典A
77,000円
キャッシュバック
特典B
61,000円
+Wi-Fiルーター
キャッシュバック
進呈時期
最短1か月
こんな方におすすめ
  • 利用者のレビューを確認してから申し込みたい
  • 高額キャッシュバックが欲しい
  • 実績のある窓口を利用したい

NNコミュニケーションズは、たくさんあるauひかり代理店の中でも優良窓口として有名です。

キャンペーンサイトには、KDDIから毎年受け取っている感謝状のスキャン画像や、最新の利用者レビューが常に投稿されているので信頼できる代理店と言って良いでしょう。

また、代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件はありません。

キャッシュバックは申し込みから最短1か月で指定口座に振り込みで、確実に特典が受け取れます。

\お客さまレビュー☆4.7 信頼と実績の代理店/

■GMOとくとくBB×auひかり

キャッシュバック
(電話あり)
82,000円
キャッシュバック
(電話なし)
72,000円
進呈時期12か月後と
24か月後
こんな方におすすめ
  • キャッシュバックは高いほうがいい
  • 手続きを忘れない自信がある
  • 振り込まれるまで忍耐強く待てる

GMOとくとくBBはauひかりと電話を同時に申し込むと82,000円のキャッシュバックが貰えます。またauひかり回線のみであればキャッシュバック72,000円が受け取れます。

とても高額なキャッシュバックなので、何としてでも手に入れたい方におすすめです。

しかしデメリットもあります。それはキャッシュバックが2回に分けて振り込まれることです。というのもキャッシュバック申請のメールは11か月目と23か月目に届きます。あまりに時間が経ちすぎているため、キャッシュバックのことを忘れている可能性が高いです。

GMOとくとくBBからのメールを忘れないために、よく使うメールアドレスに転送設定したり、カレンダーに書き込んだりして対策することをおすすめします。対策さえしっかりすれば82,000円が貰えます。

\キャッシュバック82,000円!/
GMOとくとくBB キャッシュバック増額

auひかりの申し込み窓口比較表【代理店とプロバイダ】

auひかりのおすすめ申し込み窓口3社のキャンペーン内容を比較表にまとめました。

NNコミュニケーションズフルコミットは人気代理店、GMOとくとくBBはauひかりの提携プロバイダです。

\当サイト一押し!/
NNC

フルコミット

GMO
キャッシュ
バック
ネット+電話
青丸
77,000円
青丸
63,000円
赤二重丸
82,000円
キャッシュ
バック
ネットのみ
青丸
61,000円
青丸
53,000円
赤二重丸
72,000円
適用条件赤二重丸
特に無し
青丸
auスマートバリュー
の加入
赤二重丸
特に無し
進呈時期赤二重丸
1カ月
赤二重丸
1カ月
灰色バツ
12ヵ月目と24カ月目
公式特典赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
赤二重丸
適用可
サイト
  • ※GMO=GMOとくとくBBの略です。
  • ※NNC=NNコミュニケーションズの略です。

表の通り、キャッシュバック額ではGMOとくとくBBが抜きんでています。

ただし、貰えるまでの期間が長く、受取月に特典申請を行わなければならないため『貰い忘れ』のリスクがある点に注意が必要です。

一方、代理店のNNコミュニケーションズは、特典申請不要・最短1カ月でキャッシュバックが受け取れます。

そのため、当サイトではNNコミュニケーションズをおススメとさせていただきました!

\最短翌月に77,000円キャッシュバック!/

まとめ

auひかりのプロバイダ『au one net』の申し込みキャンペーンを深堀りしました。

最後にもう一度要点をまとめておきましょう。

au one netからauひかりを申し込むと、のau PAY 残高が受け取れます。
ただ、この額はauひかりの申し込みキャンペーンとしてはかなり少なく、「プロバイダはau one netが良い!」という人以外にはおすすめしません。

ということで、残念ながらau one netを選択するメリットはほぼ無いというのが結論です。

auひかりはどのプロバイダを選択しても速度や月額料金は変わらないので、なるべく申し込みキャンペーン特典が魅力的な窓口から申し込みましょう!

auひかりをどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選して選びました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

auひかりプロバイダ
この記事を書いた人
望月(もちづき)

過去に大手の携帯電話会社や家電量販店・コールセンターなどで勤務し、インターネット回線の案内を行ってきました。
個人的にもネット関連は大好きで、様々な回線を試しています。
この知識を活かし、皆さんのインターネットに関する悩みや疑問を解消できるようなわかりやすい記事を書いていきたいと思います。

>望月(もちづき)の執筆した記事はこちら

望月(もちづき)をフォローする
この記事を監修した人
【虎の巻】監修:豊田 桂一
インターネット契約 虎の巻:監修者
監修者:豊田 桂一

通信業界に25年携わるプロフェッショナル。NNコミュニケーションズにてチームを統括し、常に最前線で案内。後進の育成にも積極的に取り組む。豊富な知識と経験に裏打ちされた質の高いサービスにより、顧客からは抜群の信頼を得ている。ネット回線の専門的な知識を活かし、監修者を担当。訴求先は、ユーザーの悩みを解決する最適な窓口をご案内しています。→監修者の詳細はこちら

表示価格は特に断りがない限り税込です。
消費税の計算上、実際の請求金額と異なる場合があります。

コメント

\損をしたくない方 必見記事!/

auひかり 厳選ランキング