auひかりの幻の契約プラン「ホーム(s)」の実態にせまる!

auひかりの幻の契約プラン「ホーム(s)」の実態にせまる!

通常、auひかりを戸建てで申し込むと契約プランは「ホーム」となります。

ところが、稀に「ホーム(s)」という契約プランになる場合があるんです。

これはいったいどういう事なのでしょうか?

auひかりの公式サイトをチェックしてみても「ホーム(s)」に関してはほとんど情報が掲載されていないため、『もしかしてKDDIが内緒にしている幻の料金プランなのでは?』と私は考えました。

例えばものすごい速かったり、ものすごい安かったり?!

そこでこの度、auひかりの契約プラン「ホーム(s)」について、その実態を調査してみることに。

その結果がこちらです。

auひかりのホームとホーム(s)について
  1. 「ホーム(s)」はNTTの回線を利用してインターネットに接続するプラン
  2. 「ホーム(s)」と「ホーム」はほとんど変わらない

ということで、別に幻のプランというわけではありませんでした。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

尚、auひかりの申し込みに迷ったら下記の記事がおすすめです。

申し込みにおすすめの窓口を厳選して3つ紹介しております。
ここさえおさえておけば申し込みで失敗することはないでしょう。

興味のある方はご覧になってみてください。

>auひかりの申し込みにおすすめの窓口はこちら

1.auひかりのホーム(s)はフレッツ光回線を利用してインターネットに接続する

NTT

実はauひかりは、KDDIの自社回線を利用しているエリアとNTTのフレッツ光回線を利用しているエリアに分かれています。

このどちらの回線を使っているかで、契約プランがホームかホーム(s)かに分けられているのです。

ホームKDDIの自社回線エリア
ホーム(s)NTTのフレッツ光回線をシェアしているエリア

ご覧の通り、ホーム(s)はNTTのフレッツ光回線を利用してインターネットに接続していました。

ちなみに、ホーム(s)の”s”とは何の略なのでしょう。

“s”といえば「スーパー(super)」や「スペシャル(special)」を連想させます。

もしかしてauひかりのホーム(s)は、何かものすごいサービスを隠し持っているのでしょうか?!

気になって調べてみたところ、残念ながら「スーパー」や「スペシャル」ではありませんでした。

「ホーム(s)」の”s”は「シェアドアクセス(shared access)」の略なのだそうです。

シェアド、つまり『共有』です。

“s”の意味を理解すると、auひかりホーム(s)がNTTのフレッツ光回線を利用したものだとイメージ出来ます。

auひかりのホーム(s)はホームとほとんど変わらない

auひかりのホーム(s)とホームの違いは、「フレッツ光回線」か「KDDI回線」かだけです。

それ以外の内容は変わりません。

下表の内容は、ホームにもホーム(s)にも当てはまります。

月額料金
(ずっとギガ得プラン)
1年目:5,100円(税込 5,610円)
2年目:5,000円(税込 5,500円)
3年目以降:4,900円(税込 5,390円)
工事費37,500円(税込 41,250円)
通信速度1Gbps
auスマートバリュー適用可能
auひかり公式キャンペーン適用可能

どちらになっても受けられるサービスは変わらないため、KDDI側も特に説明していないのかもしれません。

でも、何となく自社回線よりシェア回線の方が遅くなりそうな気がするんだけど・・・

確かに、インターネットは利用者が増えると回線混雑が起こりやすくなり、遅延が起こる事があります。

多くの人が利用するNTTのフレッツ光回線をシェアしても大丈夫なのでしょうか?

はい、auひかりに関しては問題ありません!

なぜなら、IPv4/IPv6デュアルスタック方式という回線混雑を回避する通信規格を標準装備しているためです。

IPv6接続とIPv4接続のイメージ

auひかりは、ホームでもホーム(s)でもこの通信方式でインターネットに繋がるため、混雑を気にせず快適にインターネットを楽しむことが出来るというわけです。

まとめ

以上、auひかり契約プラン「ホーム(s)」の実態を紹介しました。

今記事のまとめです。

ホームとホーム(s)の違いは、KDDIとNTTのどちらの回線を使っているかです。

ホームKDDIの自社回線エリア
ホーム(s)NTTのフレッツ光回線をシェアしているエリア

ただ、「ホーム(s)」が特別かというとそんなことはなく、「ホーム」と何ら変わりません。

どちらのプランに当たっても不便に思うことはありませんので、ご安心ください。

今回の内容はauひかりの豆知識として頭の片隅にでも置いていただければ幸いです。

auひかりをどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選して3社選びました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

>auひかりの申し込みにおすすめの窓口はこちら