auひかりマンションタイプは8種類!それぞれの違いは?

auひかりマンションタイプは7種類!それぞれの違いは?

マンションにお住まいの方がauひかりに申し込もうとホームページやカタログを見ていると、こんな感想を抱くことがあります。

auひかりのマンションタイプって、こんなに種類があるんだ・・・

そうなんです。

auひかりのマンションタイプは全部で8種類もあります。

auひかり マンションタイプ
  1. auひかりマンションタイプV
  2. auひかりマンションタイプG
  3. auひかりマンション都市機構
  4. auひかりマンション都市機構G
  5. auひかりマンションタイプE
  6. auひかりマンションタイプF
  7. auひかりマンションギガ
  8. auひかりマンションミニギガ

名前だけ聞いてもピンと来ないと思うので、この記事で一つずつ詳しく紹介いたします。

ただし、契約者が好きなタイプを選べるわけでは無く、あなたが住んでいるマンションにどの配線方式が導入されているかで決まる点には注意が必要です。

では、8種類のマンションタイプについて詳しく見ていきましょう。

注意

auひかりはベストエフォート型サービスです。
記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。
ご利用環境、回線の状況などにより速度が低下する場合があります。

auひかりの申し込みにおすすめの代理店

auひかりマンションタイプV

月額料金16契約以上:3,800円(税込 4,180円)
8契約以上:4,100円(税込 4,510円)
速度上り速度:100Mbps
下り速度:100Mbps

auひかりマンションタイプVは、VDSL方式という配線方法を用いたタイプです。

電柱からマンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、そこから各戸までは既設の電話線を利用してインターネットに接続します。

当然、VDSLの『V』が名前の由来です。

auひかりマンションタイプG

タイプG(G契約)タイプG(V契約)
月額料金16契約以上:3,800円(税込 4,180円)
8契約以上:4,100円(税込 4,510円)
16契約以上:3,800円(税込 4,180円)
8契約以上:4,100円(税込 4,510円)
速度上り速度:166Mbps
下り速度:664Mbps
上り速度:100Mbps
下り速度:100Mbps

タイプGは、電柱からマンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、そこから各戸までは既設の電話線を利用してインターネットに接続します。

この点はタイプVと一緒ですが、違うのは高速通信が出来る新しい通信規格「G.fast」を採用していること。

これにより一般的なVDSL方式の光回線に比べて、タイプGは約6倍以上の高速通信を実現しています。

もちろん、G.fastのGが名前の由来です。

ただし、速度が劇的に速くなるのはマンションタイプG(G契約)の場合のみ。

タイプG(V契約)は一般的なVDSL方式と速度が変わりません。

例えば元々タイプVを契約してい方のマンションが、新たにタイプGに対応したとします。

この場合、そのまま何も変更しないでいるとタイプG(V契約)になってしまうので、タイプG(G契約)に契約変更する必要があるんです。

変更には費用も掛からず月額料金も変わらないので、サクッとタイプGに切り替えましょう。

auひかりマンション都市機構

月額料金3,800円(税込 4,180円)
速度上り速度:100Mbps
下り速度:100Mbps

UR都市機構の賃貸マンションに住む場合のみ申し込めるプランです。

auひかりマンション都市機構は、VDSL方式という配線方法を用いたタイプです。

電柱からマンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、そこから各戸までは既設の電話線を利用してインターネットに接続します。

auひかりマンション都市機構G

都市機構G(DX-G契約)都市機構G(DX契約)
月額料金3,800円(税込 4,180円)3,800円(税込 4,180円)
速度上り速度:166Mbps
下り速度:664Mbps
上り速度:100Mbps
下り速度:100Mbps

UR都市機構の賃貸マンションに住む場合のみ申し込めるプランです。

auひかりマンション都市機構Gは、電柱からマンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、そこから各戸までは既設の電話線を利用してインターネットに接続します。

また、G.fastという高速通信規格を用いているため、一般的なVDSL方式の光回線に比べて、約6倍以上の高速通信を実現しています。

ただし、お住まいのUR都市機構がタイプGに対応してもDX契約のままでは速度が変わらないため、早めにDX-G契約に切り替えましょう。

auひかりマンションタイプE

月額料金16契約以上:3,400円(税込 3,740円)
8契約以上:3,700円(税込 4,070円)
速度上り速度:100Mbps
下り速度:100Mbps

auひかりマンションタイプEはイーサ方式を用いたタイプです。

電柱からマンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、そこから各戸まではマンションに設置されたLAN(イーサネット)を利用してインターネットに接続します。

イーサネット(Ethernet)の『E』が名前の由来です。

auひかりマンションタイプF

月額料金3,900円(税込 4,290円)
速度上り速度:100Mbps
下り速度:100Mbps

auひかりマンションタイプFは光ファイバー方式を用いたタイプです。

電柱からマンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、そこから各戸まではマンションに設置された光配線を利用してインターネットに接続します。

ただ、建物内の配線に利用されている通信機器が100Mbps対応となっているため、残念ながら光回線にしてはあまり速くありません。

光ファイバー(optical fiber)の『F』が名前の由来です。

auひかりマンションタイプギガ

月額料金4,050円(税込 4,455円)
速度上り速度:1Gbps
下り速度:1Gbps

auひかりマンションタイプギガは光ファイバー方式を用いたタイプです。

電柱からマンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、そこから各戸まではマンションに設置された光配線を利用してインターネットに接続します。

名前の通り、最大通信速度は1Gbpsです!

auひかりマンションタイプミニギガ

月額料金5,000円(税込 5,500円)
速度上り速度:1Gbps
下り速度:1Gbps

auひかりマンションタイプミニギガは光ファイバー方式を用いたタイプです。

3階建て以下で、さらに総戸数8戸以上のマンションやアパートを対象としたプランで、各戸まで直接光ファイバーを引いてインターネットに繋ぎます。

そのため、マンションタイプにしては月額料金が少し高額です。

auひかりマンションの「お得プランA」と「標準プラン」の違い

水道修理のイメージ

auひかりマンションの各タイプは、契約時に「お得プランA」と「標準プラン」のどちらかを選べるようになっています。

この2つのプランの違いは、「おうちトラブルサポート」が付くかどうかと、契約期間の縛りがあるかどうかです。

お得プランA標準プラン
契約期間2年無し
サービスおうちトラブルサポート無し

「おうちトラブルサポート」は、鍵をなくしたり、トイレがつまったりなど、日常の生活で起こるトラブルを24時間365日サポートしてくれるオプションサービス。

通常400円(税込 440円)の月額料金が掛かりますが、お得プランAはこのおうちトラブルサポートの月額料金が無料になります。

しかし、お得プランAは2年単位の自動更新契約になる点には注意が必要です。

契約期間の間に訪れる契約契約解除料不要期間以外に解約すると違約金7,000円(税込 7,700円)がかかります。

対して、標準プランはいつ解約しても違約金がかかりません。

また、どちらのプランにしても月額料金は変わりません。

auひかりマンションの「お得プラン」と「標準プラン」の違い

タイプGとマンション都市機構Gのみ、お得プランAでは無く『お得プラン』が選べるようになっています。

お得プラン標準プラン
契約期間2年無し
サービス月額料金割引無し

お得プランは標準プランに比べて月額料金が1,100円(税込 1,210円)も安くなるので、多くの方がこちらを選ぶのではないでしょうか。

ただ、2年単位の自動更新契約になる点には注意が必要です。

マンションタイプの種類を調べる方法

マンションタイプについて一通り紹介しましたが、あなたのマンションがどのタイプに対応しているのか事前に知っておきたいと思いませんか?

実は、どのマンションタイプに属するのか調べる方法があるんです。

auひかり公式の提供エリア検索を使います。

auひかり公式:提供エリア検索はこちら

auひかりのエリア検索手順
  • STEP1
    提供エリア検索画面が表示されたら「住居タイプ」を選ぶ

    「マンション/アパートなど」にチェックを入れましょう。

  • STEP2
    郵便番号を入力し、「エリアを確認する」をクリック

    該当のマンションがずら~っと表示されます。

  • STEP3
    あなたの住むマンションにチェックを入れて「次へ」をクリック

    契約できるマンションタイプが表示されます。
    ここであなたの住むマンション名が表示されない場合は、auひかりの設備が導入されていないということになります。

これだけです。

30秒もかからずに調べられるのでぜひ試してみてください。

尚、お住まいのマンション名が出てこなかった場合は、残念ながらauひかりの設備が入っていないということになりマンションタイプでの契約は出来ません。

ホームタイプか、別の光回線の契約を検討しましょう。

ちなみに、提供エリア検索でマンションタイプが表示されてからさらに先に進めていくと申し込み画面に遷移しますが、公式で申し込んでも何もお得なことはないので注意してください。

どうせなら、キャッシュバックキャンペーンを展開しているお得な窓口から申し込みましょう。

auひかりを申し込むならNNコミュニケーションズがお得!

auひかりAコース:高額キャッシュバック
auひかりAコース:高額キャッシュバック

NNコミュニケーションズのキャンペーンの特徴は、なんといっても代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが受け取れること!

下記2つの特典からどちらかお好きな方を選択できます。

  • 特典A・・・高額キャッシュバック
  • 特典B・・・キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典A 高額キャッシュバック

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円25,000円
プロバイダ25,000円20,000円
キャッシュバック 合計額45,000円45,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

特典B キャッシュバック+Wi-Fi6対応ルーター

特典Bは、プロバイダに@niftyを選んだ方のみ選択可能です。

下記キャッシュバック金額の他、最新のWi-Fi規格『ax』に対応したルーターが受け取れます。

ホームマンション
NNコミュニケーションズ20,000円30,000円
プロバイダ20,000円10,000円
キャッシュバック 合計額40,000円40,000円

※auひかり電話を同時申し込みした場合、上記NNコミュニケーションズのキャッシュバック金額に+7,000円上乗せとなります。

今受け取れるルーターは、アイ・オー・データの『WN-DEAX1800GR』
WiFi6ルーターメイン画像

NNコミュニケーションズの特典の申請方法は申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけ(後からSMSで送ってもOK)なのでとても簡単。

代理店の特典でありがちな複雑な申請やオプション加入などの面倒な条件は無く、また申請忘れや貰い忘れの心配もありません。確実に特典が受け取れます。

キャッシュバックは申し込みから最短1ヶ月で指定口座に振り込み!

公式ではない代理店から申し込むのはちょっと不安、という方もいらっしゃるかもしれませんが、NNコミュニケーションズは毎年KDDIから『お客様の満足度を高める為受注品質の向上にも努めていただきました』という感謝状を受け取っています。

キャンペーンページには実際に利用された方のレビューもたくさん掲載されているので参考にしてみて下さい。

私が確認した時は高評価のレビューが多くて安心できました。

auひかりの申し込みを検討しているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみましょう。

お得なキャッシュバックを受け取って快適なインターネットライフを始めよう!

まとめ

以上、auひかりのマンションタイプについて紹介しました。

マンションタイプは8種類あります。

auひかり マンションタイプ
  1. auひかりマンションタイプV
  2. auひかりマンションタイプG
  3. auひかりマンション都市機構
  4. auひかりマンション都市機構G
  5. auひかりマンションタイプE
  6. auひかりマンションタイプF
  7. auひかりマンションギガ
  8. auひかりマンションミニギガ

マンションごとに導入されている配線方式によってタイプが決まるので、契約者自信で好きなタイプを選べるわけではありません。

とはいえ、マンションにお住まいでauひかりの申し込みを検討している方は、予備知識として知っていた方が良いでしょう。