ドコモ光の回線工事【派遣と無派遣の違いって何?】

ドコモ光の回線工事【派遣と無派遣の違いって何?】
ドコモ光の回線工事【派遣と無派遣の違いって何?】

ドコモ光などの光回線系インターネットサービスは、固定回線を宅内に引き込むことで高速で安定した通信を可能にしているため、導入時に開通工事が必須です。

ドコモ光の開通工事は、派遣工事無派遣工事の2種類に分けられます。

派遣工事業者が自宅に来て配線や光コンセントの設置を行う工事
無派遣工事NTT局舎内だけで完了する工事

これらの工事の違いをざっくりと説明すると上表のとおりですが、今記事ではもっと詳しく解説していきます。

また、通常は開通工事に伴い工事費が発生しますが、ドコモ光はなんとキャンペーンにより無料になるんです!

戸建て19,800円(税込)無料!
マンション16,500円(税込)無料!

他の光回線がよく実施している『開通工事費実質無料』とはどう違うのかも、併せて紹介いたします。

尚、ドコモ光の申し込みに迷っているなら下記の記事がおすすめです。

おすすめの窓口を厳選して紹介しているので、ここさえおさえておけば申し込みで失敗することはないでしょう。

興味のある方はぜひご覧になってみてください。

>ドコモ光の申し込みにおすすめの窓口はこちら

ドコモ光のすべてと厳選おすすめ申込先ランキング
高額キャッシュバックやdポイント特典が受けられる、ドコモ光のおすすめの申し込み窓口を厳選して紹介いたします。 どこを選んでもドコモ光のサービス品質は変わらないので、どうせなら特典が受け取れるお得な窓口から申し込みましょう!

派遣工事と無派遣工事の違いとは

ドコモ光の初期工事は、派遣工事と無派遣工事の2種類に分けられます。

まずは、それぞれの工事がどの区間で行われるかを確認してみましょう。

光コラボレーションの開通工事

図を見たら何となくわかりましたか?

すでに光回線が電柱から宅内に配線されていて光コンセントが設置されている場合、NTT局舎内だけで初期工事が完了します。

これを無派遣工事といいます。

一方、まだ光回線が電柱から宅内に配線されておらず光コンセントが設置されていない場合は、配線と設置の工事が必要となるため工事担当者が現場に派遣されることになります。

これを派遣工事といいます。

無派遣工事

無派遣工事とは、つまり、工事担当者が光回線の配線作業をしないで済む状況にある工事のことをいいます。

工事はNTT局舎内のみで済むため、利用者宅内での作業は不要です。

尚、宅内に設置する回線終端装置(ONU)、VDSL終端装置、ドコモ光電話対応ルーターなどの機器は事前に送付されるので、機器が届いたら利用者自身で取り付ける必要があります。

取り付けるといっても光コンセントやモジュラージャックと、届いた機器をつなげるだけの単純作業ですので安心してください。

派遣工事

派遣工事とは、つまり、工事担当者が光回線の配線作業をする必要がある状況の工事のことをいいます。

工事内容は、電柱から宅内まで光回線を引き込み、光コンセントを設置して回線終端装置(ONU)などの機器に接続できる状況にします。

併せてNTT局舎内工事も行います。

尚、宅内に設置する回線終端装置(ONU)、VDSL終端装置、ドコモ光電話対応ルーターなどの機器は原則工事担当者が持参してくれます。

ドコモ光の開通工事費はキャンペーンにより無料になる

ドコモ光の開通工事費は、新規・転用・事業者変更などの申し込み区分で異なります。

現在フレッツ光を利用している方、または光コラボレーションサービスを利用している方は、工事不要でドコモ光に乗り換えられるため、工事費もかかりません。

光コラボレーションとは

プロバイダなどの事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスを付加して展開している光回線サービスのこと。略して光コラボとも言います。
光コラボレーションとして提供することで、各事業者が自社のオプションを組み合わせたり、特典・キャンペーンをつけて販売できるようになりました。
また、利用者側には回線とプロバイダの契約が一本化されることで支払いなどの処理がスムーズになるというメリットが生まれます。
有名どころだとソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光などが光コラボレーションです。

ドコモ光を新規申し込みする場合は、通常工事費がかかります。

ただし、現在ドコモ光はキャンペーンを展開していて、なんと工事費が無料になるんです!

新規申し込みの工事費

ドコモ光の工事費無料特典
引用:ドコモ光公式サイト

ドコモ光の回線工事費は、新規申込の場合戸建てタイプで19,800円(税込)マンションタイプなら16,500円(税込)と決して安くはありません。

ただし、今ならキャンペーンの『工事料無料特典』により無料になるんです!

戸建て19,800円(税込)無料!
マンション16,500円(税込)無料!

ちなみに他の光回線の場合、工事費の請求自体はあって、後から数カ月かけて工事費と同額分を割り引いていく『実質無料』という仕組みのキャンペーンを展開しているところが多いです。

一方、ドコモ光のキャンペーンは文字通り『無料』で、工事費の請求自体が発生しません。

結局無料になるんだから同じじゃない?

いいえ、これは同じように見えて実は全然違うんです。

実質無料の場合、全ての割引が適用される前に解約してしまうとその時点で割引は終了となり、残りは自己負担となってしまいます。

ドコモ光の場合はそれが無く、いつ解約しても工事費の請求は発生しません。

転用・事業者変更時の工事費

現在フレッツ光を利用している方、または光コラボレーションを利用している方は、転用や事業者変更の仕組みを活用することで工事不要でドコモ光に乗り換えできるため、工事費もかかりません。

転用フレッツ光利用者が工事不要で光コラボレーションに乗り換える仕組み
事業者変更光コラボレーション利用者が工事不要で他の光コラボレーションに乗り換える仕組み

ただし、乗り換えと同時に通信速度の変更などを行う場合は、別途工事と工事費が必要となる場合もあります。

 ドコモ光の工事料金
最大速度そのまま出の乗り換える場合工事不要
乗り換え時に最大速度を変更する場合2,200円(税込)〜16,500円(税込)

ここで紹介した回線工事料金はあくまで代表例です。

自宅の環境や様々な条件によって料金が異なる場合もあるので、ドコモ光の申し込み時に工事費の総額を確認しておきましょう。

まとめ

ドコモ光の派遣工事と無派遣工事の違いと、開通工事費について紹介しました。

今記事のまとめです。

ドコモ光の開通工事は、派遣工事と無派遣工事の2種類に分けられます。

派遣工事業者が自宅に来て配線や光コンセントの設置を行う工事
無派遣工事NTT局舎内だけで完了する工事

無派遣工事だと、業者の工事に合わせて家人が立ち会う必要も無いためちょっと楽です。

また、通常は開通工事に伴い工事費が発生しますが、ドコモ光はなんとキャンペーンにより無料!

戸建て19,800円(税込)無料!
マンション16,500円(税込)無料!

光回線の開通工事費は決して安くは無いため、それが無料になるドコモ光はとてもお得なインターネット回線と言えるでしょう。

尚、ドコモ光をどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選しました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

>ドコモ光の申し込みにおすすめの窓口はこちら

ドコモ光のすべてと厳選おすすめ申込先ランキング
高額キャッシュバックやdポイント特典が受けられる、ドコモ光のおすすめの申し込み窓口を厳選して紹介いたします。 どこを選んでもドコモ光のサービス品質は変わらないので、どうせなら特典が受け取れるお得な窓口から申し込みましょう!

\損をしたくない方 必見記事!/

ドコモ光 厳選ランキング