ドコモ光の利用料金「初期費用」と「月額基本料金」っていくら?ここだけ覚えておけば大丈夫!

ドコモ光の利用料金「初期費用」と「月額基本料金」っていくら?ここだけ覚えておけば大丈夫!料金
ドコモ光の利用料金「初期費用」と「月額基本料金」っていくら?ここだけ覚えておけば大丈夫!

おうちのインターネット回線に人気の光回線サービス『ドコモ光』を検討している方は少なくないでしょう。

特に、ご自分やご家族の中にドコモのスマホユーザーがいる場合は、ドコモ光とセットにすることでスマホの月額料金割引が20台まで受けられるので非常におすすめです!

しかしお得な反面、その料金プランについては少々複雑でわかりにくい部分があります。

そこで、ドコモ光の契約を検討している方のために、『ドコモ光の料金はここだけ覚えておけば大丈夫!』という部分を表にまとめてみました。

契約事務手数料3,300円(税込)
開通工事費キャンペーンにより無料!
月額料金(タイプA)戸建てプラン:5,720円(税込)
マンションプラン:4,400円(税込)
月額料金(タイプB)戸建てプラン:5,940円(税込)
マンションプラン:4,620円(税込)
スマホとのセット割引有り!
1台当たり550円(税込)~1,100円(税込)割引
≪オプション≫
ドコモ光電話 月額料金
基本プラン:550円(税込)
ドコモ光電話バリュー:1,650円(税込)
≪オプション≫
ドコモ光電話 通話料金
8.8円(税込)/3分
≪オプション≫
ドコモ光テレビ 月額料金
825円(税込)


それでは、それぞれの内容について詳しく確認していきましょう!

尚、ドコモ光の申し込みに迷っているなら下記の記事がおすすめです。

おすすめの窓口を厳選して紹介しているので、ここさえおさえておけば申し込みで失敗することはないでしょう。

興味のある方はぜひご覧になってみてください。

>ドコモ光の申し込みにおすすめの窓口はこちら

ドコモ光のすべてと厳選おすすめ申込先ランキング
高額キャッシュバックやdポイント特典が受けられる、ドコモ光のおすすめの申し込み窓口を厳選して紹介いたします。 どこを選んでもドコモ光のサービス品質は変わらないので、どうせなら特典が受け取れるお得な窓口から申し込みましょう!

ドコモ光の初期費用

ドコモ光の初期費用は、「契約事務手数料」と「開通工事費」の2つあります。

契約事務手数料

契約事務手数料は、だいたいどのインターネット回線でも最初に掛かる料金です。

新規申し込み、フレッツ光からの転用、他社光コラボレーションサービスからの事業者変更、どのパターンでも同じ料金となります。

契約事務手数料新規・転用・事業者変更
いずれも3,300円(税込)
光コラボレーションとは

プロバイダなどの事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスを付加して展開している光回線サービスのこと。略して光コラボとも言います。
光コラボレーションとして提供することで、各事業者が自社のオプションを組み合わせたり、特典・キャンペーンをつけて販売できるようになりました。
また、利用者側には回線とプロバイダの契約が一本化されることで支払いなどの処理がスムーズになるというメリットが生まれます。
有名どころだとソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光などが光コラボレーションです。

開通工事費はキャンペーンにより無料に!

ドコモ光の工事費無料特典
引用:ドコモ光公式サイト

ドコモ光の回線工事費は、新規申込の場合戸建てタイプで19,800円(税込)マンションタイプなら16,500円(税込)と決して安くはありません。

ただし、今ならキャンペーンの『工事料無料特典』により無料になるんです!

戸建て19,800円(税込)無料!
マンション16,500円(税込)無料!

ちなみに他の光回線の場合、工事費の請求自体はあって、後から数カ月かけて工事費と同額分を割り引いていく『実質無料』という仕組みのキャンペーンを展開しているところが多いです。

一方、ドコモ光のキャンペーンは文字通り『無料』で、工事費の請求自体が発生しません。

結局無料になるんだから同じじゃない?

いいえ、これは同じように見えて実は全然違うんです。

実質無料の場合、全ての割引が適用される前に解約してしまうとその時点で割引は終了となり、残りは自己負担となってしまいます。

ドコモ光の場合はそれが無く、いつ解約しても工事費の請求は発生しません。

転用・事業者変更はもともと工事不要!

転用・事業者変更

ドコモ光は、NTTフレッツ光の光回線を借りて運用している光コラボレーションサービスです。

ですのでフレッツ光からドコモ光へ『転用』する場合は、結局同じ回線を利用することになるため工事不要でスムーズに乗り換えることができます。

また、他社光コラボレーションサービスからドコモ光に乗り換える『事業者変更』でも同様です。

転用も事業者変更も工事が発生しないため、当然工事費も不要となります。

ドコモ光の工事料金
転用の場合工事無しのため無料
事業者変更の場合工事無しのため無料

ドコモ光の月額基本料金

ドコモ光には提携プロバイダが23社あり、利用者が契約時に好きなところを選べるようになっています。

その際、タイプAとタイプB、どちらのプロバイダを選択するかで月額料金が変わるようになっているんです。

タイプAのプロバイダを選択した場合

タイプAのプロバイダを選択した場合の月額料金は下表の通りです。

戸建ての月額料金5,720円(税込)
※2年契約
マンションの月額料金4,400円(税込)
※2年契約

他社光回線と同等の一般的な料金と言えるでしょう。

ドコモ光の提携プロバイダ全23社のうち17社がこのタイプAにカテゴライズされています。

タイプAのドコモ光プロバイダ
  • ドコモnet
  • ぷらら(plala)
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • ic-net
  • Tigers-net.com
  • BIGLOBE
  • ANDLINE
  • SYNAPSE
  • BB.excite
  • エディオンネット
  • SIS
  • 楽天ブロードバンド
  • TiKiTiKi
  • hi-ho
  • @ネスク

タイプBのプロバイダを選択した場合

タイプBのプロバイダを選択した場合の月額料金は下表の通りです。

戸建ての月額料金5,940円(税込)
※2年契約
マンションの月額料金4,620円(税込)
※2年契約

タイプAよりも月額基本料金は少々高めに設定されているのが特徴です。

とはいえ、タイプAのプロバイダよりサービスが良いのかと言われれば、別にそういうわけでもありません。

ですのでタイプBの中にどうしても利用したいプロバイダがいる人以外は、タイプAを選んだ方が良いでしょう。

タイプBに属するプロバイダは以下6社です。

タイプBのドコモ光プロバイダ
  • OCN
  • @TCOM
  • TNC
  • AsahiNet
  • WAKWAK
  • @ちゃんぷるネット

【オプション】ドコモ光電話の料金

ドコモ光電話は、宅内まで引き込んだ光ファイバーを利用して通話ができる固定電話サービスです。

その特徴は、基本料金と通話料がNTTの加入権電話より大幅に安くなる事!

それでいて使い勝手は変わらないので、ドコモ光にするなら電話も一緒に切り替えることをおすすめします。

ドコモ光電話とNTT加入権電話の月額基本料金比較

ドコモ光電話とNTT加入権電話の月額料金を比較しました。

ドコモ光電話NTT加入権電話
月額利用料金550円(税込)1,595円(税込)
~1,870円(税込)

ご覧の通り、約1/3程度に抑えることが出来るので、ほとんど固定電話を使わない家庭であっても切り替えた方がお得です。

ドコモ光電話とNTT加入権電話の通話料金比較

次に、ドコモ光電話とNTT加入権電話の月額料金を比較してみます。

ドコモ光電話NTT加入権電話
通話料金
(3分)
日本全国
8.8円(税込)
【市内】9.35円(税込)
【県内市外】44円(税込)~176円(税込)
【県外】44円(税込)~704円(税込)
※平日8~19時にかけた場合

ドコモ光電話は全国どこに掛けても3分8.8円(税込)なのに対し、NTT加入権電話は時間帯と距離によって料金が変わるシステムです。

例えば県外で100km以上離れた相手に昼間に電話する場合、NTTは3分で704円(税込)も掛かりますが、ドコモ光電話なら3分で8.8円(税込)だけ。

よく固定電話を使うご家庭こそ、ドコモ光電話に切り替えるメリットは大きくなります。

ドコモ光電話の2つのプラン

ドコモ光電話には、ドコモ光電話バリューというプランも用意されています。

 ドコモ光電話ドコモ光電話バリュー
特長安くてシンプルなプラン。迷惑電話対策におススメなプラン。
発信者番号表示などの6つの付加サービスをセット。
さらに、528円(税込)分の無料通話付。
基本料金550円(税込)1,650円(税込)
無料通話分の
くりこし可否
翌月1か月に限りくりこし可能

迷惑電話対策などで、ナンバーディスプレイや転送などの機能が必要な方は、付加サービスが充実した「ドコモ光電話バリュー」がおすすめです。

【オプション】ドコモ光テレビの料金

ドコモ光テレビサービス
引用:ドコモ光公式サイト

ドコモ光には「ドコモ光テレビオプション」と「ひかりTV」という、2種類のテレビサービスが用意されています。

どちらもアンテナ不要でテレビが視聴できるサービスですが、見られるチャンネルや料金に違いがあります。

ドコモ光テレビオプションひかりTV
月額料金825円(税込)3,850円(税込)
※2年割適用で2,750円(税込)
初期費用テレビ1台:13,530円(税込)
テレビ2~4台:28,160円(税込)
不要
チャンネル地デジ・BSのみ専門チャンネル
13万本以上のビデオ
地デジ・BS

「ドコモ光テレビオプション」は、地デジ・BSが全て視聴でき、月額料金も安いですが、工事が必要なため初期費用がかかる点がネックです。

対して「ひかりTV」は、初期費用不要で地デジやBSだけでなく、映画やアニメ、音楽など幅広い専門チャンネルも追加料金なしで見放題!

しかし月額料金が高いため、ヘビーユーザー向けと言えます。

ドコモ光の解約金

ドコモ光を2年縛りのプランで契約し、契約期間中に解約すると下表の解約金が発生します。

回線タイプ解約金
戸建てタイプ5,500円(税込)
マンションタイプ4,180円(税込)

尚、契約満了月の当月・翌月・翌々月に解約すれば解約金がかからないので、万が一解約する際は出来るだけこの3カ月にタイミングを併せましょう。

更新月の説明(24~26ヵ月目)

ドコモ光の料金確認方法

ドコモ光の利用料金は、WEB上のマイページサービス「My docomo」や、サポートセンターに電話することで簡単に確認する事が出来ます。

WEB上のマイページサービス「My docomo」で確認する

  1. My docomo」を開く
  2. 「料金」タブをタップ
  3. 「ログインして表示」をタップ
  4. dアカウントIDとパスワードを入力して「ログイン」をタップ
  5. ネットワーク暗証番号4桁を入力して「暗証番号確認」をタップ
  6. 「ご利用料金の確認」をタップ

サポートセンターに電話で問い合わせる場合

下記サポートセンターに電話して、オペレーターさんに料金を確認したい旨を伝えてください。

NTTドコモ お客様サポートセンター
ドコモの携帯から【局番なし】151
※通話料無料
電話番号0120-800-000
※一般電話・携帯電話・PHSから
受付時間9時~20時、年中無休

尚、お客様サポートセンターに問い合わせる際は、「契約者の電話番号」と契約時に指定された「ネットワーク暗証番号」をすぐ答えられるように用意しておくとスムーズです。

ドコモ光はドコモスマホとのセット割が組める光回線

ドコモ光 セット割
引用:ドコモ光公式サイト

ドコモ光セット割は、ドコモのスマホとドコモ光をセットにすることで適用できる割引サービスです。

このサービスが適用されると、何とドコモスマホの月額料金が550円(税込)~1,100円(税込)永年割引になります。

永年・・・つまり両方のサービスを使い続けている限り、割引がずーっと続くということです!

また、一緒に住んでいるご家族も、離れて暮らすご家族も含めて最大20台まで対象になります。

他社のセット割は有料オプションの光電話への加入が条件になっているケースが多いのですが、ドコモ光セット割の場合は不要です。

単純に、インターネット回線とスマホのブランドをドコモに合わせるだけで割引されます。

また、ドコモ光のセット割は特に申し込みを行う必要が無く、ドコモスマホの名義人がドコモ光を契約するだけで自動的に適用されるのもメリットと言えるでしょう。

※家族のスマホも割引を受けるには『ファミリー割引』で家族グループとして登録が必要です。

ドコモ光 セット割の割引額

スマホの料金プランドコモ光
定額プランを契約の
場合の割引額
ドコモ光ミニを契約の
場合の割引額
5Gギガホ プレミア
5Gギガホ
ギガホ プレミア
ギガホ
永年
–1,100円(税込)
永年
–550円(税込)
5Gギガライト/ギガライト
<ステップ4:~7GB>
永年
–1,100円(税込)
永年
–550円(税込)
5Gギガライト/ギガライト
<ステップ3:~5GB>
永年
–1,100円(税込)
永年
–550円(税込)
5Gギガライト/ギガライト
<ステップ2:~3GB>
永年
–550円(税込)
永年
–220円(税込)
5Gギガライト/ギガライト
<ステップ1:~1GB>

ドコモ光の支払いをdカードGOLDにするとdポイントがザクザクたまっておすすめ

ドコモ光の支払いをdカードGOLDにすると、dポイントがザックザックたまってお得です。
具体的には、ドコモ光の月額料金1,000円(税抜)につき10%のdポイントがつきます。

還元例戸建てマンション
dポイント/月500pt400pt
dポイント/年6,000pt4,800pt

さらにドコモスマホの月額料金も1,000円(税抜)につき10%たまります。ドコモ光とスマホのdポイントをあわせれば年間で10,000pt以上ためることができます。

dポイントは「1pt=1円」から利用できるので、買い物の幅が広がり楽しくなるでしょう。今まで高くて買えなかったものも、遠慮せず買えるようになります。

またdカードGOLDにすると、ケータイ補償が3年間最大10万円分つくのも地味に嬉しいです。スマホを水に濡らして修理不能になった経験ありませんか?

スマホは10万円以上しますので、普通に買うとかなりの痛手です。でも大丈夫。

同一機種・同一カラーの携帯電話をdカードGOLDで購入すると、最大10万円分キャッシュバックがもらます。このように普通に購入するより安い値段で買える補償つきです。

注意点は年会費が11,000円と高いことです。確かに年会費が高いです。しかしドコモ光とドコモスマホの支払いをdカードGOLDにすることで、年間10,000pt以上もらえます。つまり年会費以上がポイントとして返ってくるので損をすることはありません。

さらにd払いの支払いにdカードGOLDを設定すれば、ポイントの2重取りができます。積極的にdポイントをためるようにすれば、ポイントがバシバシたまっていくので生活も楽になります。

ドコモ光にするなら支払いをdカードGOLDにするのがおすすめです。

\ドコモ光はdカードGOLDの支払いがおすすめ!dポイントがザクザクたまる/

ドコモでんき+dカードGOLDでdポイントがさらにたまる

ドコモ光はドコモでんきとの相性がいいです。ドコモでんきの支払いをdカードGOLDにすれば、電気料金から最大10%還元されます。

■ドコモでんき「Green」の還元率

ギガホ・ギガライト・ahamo
+dカードGOLD
10%
ギガホ・ギガライト・ahamo
+dカードGOLD以外
5%
上記以外
+ドコモ回線に契約していない
3%

■ドコモでんき「Basic」の還元率

ギガホ・ギガライト・ahamo3%
上記以外
+ドコモ回線に契約していない
2%

ドコモでんき「Green」支払いをdカードGOLDにすれば最大10%も還元されます。例えば毎月の電気代が1万円だったら、dポイントが1,000ptたまります。年間で12,000ptです。

Greenのデメリットは基本料金が地域電力会社と比べて500円高いことです。しかし、dポイントがたまりまくるので多少高くても気になりません。

電気代が高くなるのを避けたいなら「Basic」を選びましょう。Basicは地域電力会社と同じ料金です。電気代は変わらず、dポイントがたまります。

さらに「ドコモ光+ドコモスマホ+ドコモでんき+dカードGOLD」なら、面白いくらいdポイントがたまります。ドコモ光とドコモスマホの支払いをdカードGOLDにすると毎月の料金(税抜)から10%分がdポイントに還元されます。

例えばドコモ光とドコモスマホの月々の料金が1万円(税抜)だとします。支払いをdカードGOLDにするとdポイントとして毎月1,000pt還元されます。年間で12,000ptです。

ドコモでんきの例で紹介したポイントを加算すると「ドコモ光+ドコモスマホ+ドコモでんき+dカードGOLD」で毎月2,000pt貰えます。年間で24,000ptも受け取れるのです。

dポイントをためるのが楽しくなるくらいザックザクにたまっていきます。少しでも生活を楽にするためにドコモでんきを検討してみてください。

\dポイントがザクザクたまって買い物が楽しくなる/

まとめ

ドコモ光の契約を検討している方向けに、ドコモ光の各種料金について紹介しました。

最後にもう一度おさらいしておきましょう。

契約事務手数料3,300円(税込)
開通工事費キャンペーンにより無料!
月額料金(タイプA)戸建てプラン:5,720円(税込)
マンションプラン:4,400円(税込)
月額料金(タイプB)戸建てプラン:5,940円(税込)
マンションプラン:4,620円(税込)
スマホとのセット割引有り!
1台当たり550円(税込)~1,100円(税込)割引
≪オプション≫
ドコモ光電話 月額料金
基本プラン:550円(税込)
ドコモ光電話バリュー:1,650円(税込)
≪オプション≫
ドコモ光電話 通話料金
8.8円(税込)/3分
≪オプション≫
ドコモ光テレビ 月額料金
825円(税込)

ドコモ光の料金の中で、一番分かり辛いのは月額料金だと思います。

簡単に言うと、タイプAとタイプB、どちらにカテゴライズされているプロバイダを選んだかによって月額料金が変わるシステムです。

タイプBの方が少し割高ですが、タイプAのプロバイダよりその分サービスが良いのかと言われれば、別にそういうわけでもありません。

ですのでタイプBの中にどうしても利用したいプロバイダがいる人以外は、タイプAを選べばよいでしょう。

尚、ドコモ光をどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選しました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

>ドコモ光の申し込みにおすすめの窓口はこちら

ドコモ光のすべてと厳選おすすめ申込先ランキング
高額キャッシュバックやdポイント特典が受けられる、ドコモ光のおすすめの申し込み窓口を厳選して紹介いたします。 どこを選んでもドコモ光のサービス品質は変わらないので、どうせなら特典が受け取れるお得な窓口から申し込みましょう!

記事一覧

ドコモ光

関西エリアに住んでいるならeo光とドコモ光、どっちがお得?スマホのブランドに合わせるべし!

ドコモ光

ドコモ光セット割とは?光回線とスマホのセットで月額料金割引が受けられます!

ドコモ光

ドコモ光の回線工事【派遣と無派遣の違いって何?】

ドコモ光

回線工事不要で他社光コラボからドコモ光に乗り換えが出来る!事業者変更って何?

ドコモ光

終了間近のADSLから光回線に乗り換えるならドコモ光がおすすめ!