戸建てに住む方が契約すべきインターネット回線の選び方【光回線/ホームルーター】

戸建てに住む方が契約すべきインターネット回線の選び方【光回線/ホームルーター】
戸建てに住む方が契約すべきインターネット回線の選び方【光回線/ホームルーター】

戸建て住宅に住んでいてインターネット回線を引きたいけど、たくさんありすぎでどれを選べばよいか分からない・・・と悩んでいませんか?

戸建て住宅に向いているインターネット回線は、ほぼ『光回線』と『ホームルーター』の二択しぼることができます。

とはいえ、この選択ではそんなに悩む必要はありません。

結論から言えば『光回線』がベストだからです!

戸建てに住む方のインターネット回線の選び方
  1. 戸建てなら光回線がベスト
  2. 『エリア検索』してどの光回線が導入できるのかを調べよう
  3. 速度 or コスパ?自分が何を重視しているかで光回線を絞り込む
  4. ホームルーターは光回線が導入できない場合の代替手段

ただ、光回線だけに絞ってもたくさんの種類が存在するため、決めるのに苦労する事でしょう。

そこでこの記事では、家電量販店のネット販売員3年・光回線の取り次ぎコールセンター3年・ネット回線専門ライター4年・インターネット関連に携わって10年以上の筆者(望月)が、戸建てに住む方のインターネット回線の選び方と、おすすめの光回線を紹介いたします!

インターネット回線選びに疲れ果ててしまう前に、ぜひチェックしてみて下さい。

今おすすめの光回線

戸建てに住む方のインターネット回線の選び方

ホームタイプのイメージ

戸建てにお住まいの方のインターネット回線の選び方を、4つのパートに分けて紹介いたします。

  1. 戸建てなら光回線がベスト
  2. 『エリア検索』してどの光回線が導入できるのかを調べよう
  3. 速度 or コスパ?自分が何を重視しているかで光回線を絞り込む
  4. ホームルーターは光回線が導入できない場合の代替手段

その1.戸建てなら光回線がベスト

一戸建てにお住まいなら、【光回線】を優先して検討しましょう。

光回線は、光ファイバーケーブルを使ったインターネットサービスの総称です。

電柱から宅内まで物理的に光ファイバーを通す必要があるので、導入時には工事を行わなければなりませんが、その分通信が安定し、快適にインターネットが利用できます。

戸建てなら家族複数人で同時にインターネットを利用するケースも多いですし、部屋数も多くなるので、安定した光回線を選ぶのが無難です。

また、光回線は高いと思われがちですが、月額料金はその他のインターネット回線とそこまで大きな差はなく、工事費無料キャンペーンを展開しているところもあります。

むしろ、ホームルーターやモバイルWi-Fiの端末代金の方が、光回線の工事費より高くつくことも少なくありません。

その2.『エリア検索』してどの光回線が導入できるのかを調べよう

光回線にはたくさんの種類がありますが、どれでも選び放題というわけではありません。

それぞれの光回線は提供できるエリアが予め決められていて、お住いの戸建て住宅がそのエリアに入っていなければ、いくら希望してもその光回線は契約できないためです。

したがって、まずは『エリア検索』してみましょう!

エリア検索をすれば、自宅でその光回線が導入できるのかがすぐに判明します。

だいたい、各光回線事業者の公式サイトなどでエリア検索が出来るようになっているため、まずは調べてみましょう。

尚、ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボレーション・サービスは、NTTのフレッツ光回線を使っているため、エリア検索もフレッツ光の公式サイトで行います。

光コラボレーションとは

プロバイダなどの事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスを付加して展開している光回線サービスのこと。略して光コラボとも言います。
光コラボレーションとして提供することで、各事業者が自社のオプションを組み合わせたり、特典・キャンペーンをつけて販売できるようになりました。
また、利用者側には回線とプロバイダの契約が一本化されることで支払いなどの処理がスムーズになるというメリットが生まれます。
有名どころだとソフトバンク光、ビッグローブ光などが光コラボレーションです。

その3.速度 or コスパ?自分が何を重視しているかで光回線を絞り込む

エリア検索して導入可能な光回線が分かってきたら、次は【光回線に何を求めているか・何を重視するか】で絞り込んでいきましょう。

多くの人が光回線に求めるのは、おそらく次の2つでは無いでしょうか。

  • 通信速度
  • コストパフォーマンス

どちらを重視したいかが明確になれば、光回線を絞り込むことが出来ます。

その4.ホームルーターは光回線が導入できない場合の代替手段

戸建てで利用するインターネット回線の選択肢として、光回線と一緒に検討されるのが【ホームルーター】です。

ホームルーターは、自宅のコンセントに挿すだけで工事をすることなくWi-Fiが使えるようになる据え置き型端末のこと。

スマホと同様、モバイル電波を利用してインターネットに接続します。

5Gが普及してきたこともあり、光回線に匹敵するほどのスピードが出せる機種も登場してきました。

ただし、ホームルーターはあくまでも光回線が導入できない場合の代替手段だと考えた方が良いでしょう。

ホームルーターは工事不要で手軽にネット環境を整えられるという点では優れていますが、通信の安定性に関しては、宅内まで固定回線を引っ張ってくる光回線には及ばないからです。

特に、オンラインゲームを遊ぶ家族がいる場合、モバイル電波を利用するホームルーターだと、どうしてもラグが発生しやすくなるのでおすすめしません。

また、光回線の開通工事費に比べて、ホームルーターの端末代金の方が高いケースも多々あります。

したがって、戸建て向けインターネット回線は、あくまでも『光回線が第一候補』と考えましょう。

ホームルーターは『光回線の工事が出来ない』または『工事をしたくない』場合の、代替え手段として検討するのがおすすめです。

戸建てに住む方が契約できるインターネット回線5種類

戸建てにお住まいの方が契約できるインターネット回線を5種類紹介します。

  1. NURO光|速度・料金ともに優秀
  2. auひかり|速度の評判が良くキャンペーンが魅力的
  3. 電力系光回線|価格が安いケースが多い
  4. 光コラボレーション|乗り換えが簡単で選び放題
  5. ホームルーター|工事不要でカンタン導入

1.NURO光|速度・料金ともに優秀

NURO光 ロゴ

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズのプロバイダ事業『So-net』が提供する個人向けのインターネット接続サービスです。

速度が速くて月額料金が安い、更にWi-Fiと高速通信も標準提供と全体的に高いレベルでバランスが取れています。

一方で、提供エリアがまだ狭いことと、対応している物件が少ないなため、実際に契約できる人は限られるのがネックです。

つまりエリア内ならNURO光は最有力候補と思って良いでしょう。

尚、NURO光は高額キャッシュバックキャンペーンを展開している公式サイトからの申し込みがおすすめです。

\45,000円のキャッシュバックが貰える/

2.auひかり|速度の評判が良くキャンペーンが魅力的

auひかり ロゴ

auひかりは、KDDI独自の光ファイバー網と、NTT東西のダークファイバー網を用いてサービスを提供するインターネット接続サービスです。

『IPv4/IPv6デュアルスタック』という高速通信を標準提供していて、戸建てインターネット回線の速度が速いと評判は上々。

月額料金も安く、コスパの良い光回線と言えるでしょう。

さらに、auスマホとのセット割『auスマートバリュー』やUQモバイルスマホとの『自宅セット割(インターネットコース)』が強力で、スマホの月額料金割引のみならず、Wi-Fiが永年無料で利用できるようになるなどの副効果も付いています。

また、申し込み時に活用できるキャンペーンが豊富にあり、高額の現金キャッシュバックや乗り換え時の違約金補填などが魅力的です。

\61,000円のキャッシュバックが貰える/

3.電力系光回線|価格が安いケースが多い

『電力系光回線』は、西日本に所在する電力会社が独自に運営している光回線の総称で、現在下記5種類あります。

回線名運営会社提供エリア
コミュファ光中部テレコミュニケーション
(中部電力系グループ)
愛知県、静岡県、岐阜県、
三重県、長野県
eo光ケイオプティコム
(関西電力系グループ)
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、
滋賀県、福井県、和歌山県
メガ・エッグエネコム
(中国電力系グループ)
広島県、岡山県、山口県、
島根県、鳥取県
PikaraST Net
(四国電力系グループ)
香川県、愛媛県、徳島県、高知県
BBIQ九州通信ネットワーク
(九州電力系グループ)
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、
大分県、宮崎県、鹿児島県

表の通り、それぞれの対応エリアはかなり限られますが、自社の独自回線を利用しているため速度の評判がよく、またNTTなどから光回線をレンタルするコストが掛かっていない分、料金を安く抑えられるのが強みです。

ちなみに、電力系光回線の母体はKDDIグループのため、auスマホやUQモバイルスマホユーザーであればセット割が組めるというメリットもあります。

西日本の戸建てにお住まいなら、電力系光回線を検討候補に入れておきましょう。

\中部エリアにお住まいの方におすすめ/

4.光コラボレーション|乗り換えが簡単で選び放題

光コラボレーションは、プロバイダ事業者がNTTのフレッツ回線を借り受け、自社のサービスとセットにして提供している光回線サービスの総称です。

大元の回線はNTTでみんな同じですが、そこにプロバイダ独自のサービスやキャンペーンが乗っかり、各光コラボレーションごとに特色のあるサービスとなっています。

また、一旦光コラボレーションにしてしまえば、他の光コラボレーションに乗り換える際も回線をそのまま流用できるため、工事無しで済むのは大きなメリットです。

代表的な光コラボレーションを3つ紹介いたします。

今おすすめの光コラボレーション 3選

ソフトバンク光

ソフトバンク光 ロゴ

ソフトバンク光は、携帯キャリアの『SoftBank』が運営している光回線です。

そのため、家族内にソフトバンクやY!Mobileスマホの利用者がいれば、月額料金が割引になるセット割引サービス『おうち割 光セット』が適用できます。

また、他社回線から乗り換える際に掛かった解約金をソフトバンクが最大10万円まで補填してくれる『あんしん乗り換えキャンペーン』があるのも大きな特徴です。

\オプション不要で40,000円キャッシュバック/

ドコモ光

ドコモ光 ロゴ

ドコモ光はその名から分かる通り、大手携帯事業者の株式会社NTTドコモが提供している光回線です。

何と言っても、工事費が完全無料になる点は他社にないメリットと言えるでしょう。

また、22社の提携プロバイダがいて、どの事業者を選ぶかで月額料金やサービスが変わります。

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」は、申し込み時の電話でキャッシュバック手続きが即完結します。キャッシュバックのもらい忘れがなく、確実に受け取れるためおすすめの窓口です。

\通常10,000円が当サイト経由で51,000円キャッシュバック(オプション不要)/
お客さま満足度2年連続NO.1
GMOとくとくBB キャッシュバック増額

ビッグローブ光

ビッグローブ光 ロゴ

老舗プロバイダのBIGLOBEが提供している光コラボレーションサービスです。

ビッグローブ光のメリットは、KDDIの子会社ということでauのスマホや携帯料金が割引になる「auスマートバリュー」、またはUQモバイルスマホの月額料金が割引になる「自宅セット割」が適用できることでしょう。

尚、開通工事費は掛かりますが、その相当額が月額料金から割引され最終的に実質無料になります。

\キャッシュバック30,000円+高性能Wi-Fiルーター進呈/

5.ホームルーター|工事不要でカンタン導入

ホームルーターは、有線を引き込む光回線とは異なり、モバイル電波を利用してインターネットに接続する据え置き型端末です。

工事不要で手軽に導入できる点はメリットですが、通信の安定性に関してはどうしても光回線に及びません。

また、月額料金的にも光回線と大差無いので、ホームルーターを第一候補にする意味はほぼ無いでしょう。

光回線の工事が出来ない時、もしくは工事をしたくない時に、代替手段としてホームルーターを検討してみてください。

おすすめのホームルーター情報はこちら
【ホームルーター(工事不要Wi-Fi)】おすすめ4社をランキングで徹底比較!
ホームルーターは工事不要Wi-Fiとして簡単にインターネットに接続できます。本記事では、固定回線の手続きが面倒な方や急いでネットを使いたい方におすすめのホームルーター5つを比較しランキング形式で紹介します。

速度重視の方におすすめの光回線『NURO光』

NURO光の速度について

NURO光の回線が不安定で繋がりにくいことから、2022年9月にTwitterのトレンドに入りました。「集団訴訟を検討する」など大きな問題にまで発展しました。NURO光は不安定となる原因を調査し、一部エリアにて帯域がひっ迫している状況を確認しています。回線が不安定となった経緯により、NURO光はネットワーク設備の増強をおこなっております。

NURO光は設備の増強により改善したと言ってますが、利用者の中には「改善された人」「改善しない人」でわかれている状況です。

速度の低下はネット回線以外にもスマホ・パソコン・ルーターなど様々な要因がからんできます。実際に利用してみないと判断が難しいです。

自宅のインターネット回線に『速度』を求める方には、【NURO光】をおすすめします。

普段使われていないNTTの予備回線『ダークファイバー』を利用していること。

また、光コラボレーションのように多くの事業者で1つの回線をシェアすることが無いため、混雑の影響をほとんど受けません。

だから、NURO光の速度の評判は非常に良いんです!

下表は、速度測定サイト『みんなのネット回線速度』が公表している、NURO光利用者の平均実測値になります。

平均ダウンロード速度平均アップロード速度
503.72Mbps434.62Mbps
※『みんなのネット回線速度』で2022年3月11日から直近3か月の測定結果から平均値を計算したもの。

平均でこの値ですから、相当速いです。

提供エリアが限られていることがネックですが、逆にエリア内なら間違いなく第一候補と言えるでしょう。

\45,000円のキャッシュバックが貰える/

コスパ重視の方におすすめの光回線『excite MEC光』

自宅のインターネット回線に『コスパ』を求める方には、【光コラボレーション・サービス】の『excite MEC光』をおすすめします。

excite MEC光は格安光回線の1つなので、元々の月額料金もリーズナブルですが、キャンペーンにより初年度の月額料金が更に割り引かれるんです。

\excite MEC光の月額料金/
戸建てマンション
月額料金4,950円3,850円
割引額522円割引495円割引
1年目の
月額料金
4,428円3,355円

また、契約期間&解約違約金の設定は無く工事費も無料。

割引総額は、他社光回線の高額キャッシュバックにも引けを取りません。

かなりコストパフォーマンスがに優れた光回線となっています。

\工事費無料の格安光回線/

まとめ

戸建てに住む方のインターネット回線の選び方と、おすすめの光回線を紹介しました。

最後にもう一度おさらいしておきましょう。

戸建てに住む方のインターネット回線の選び方
  1. 戸建てなら光回線がベスト
  2. 『エリア検索』してどの光回線が導入できるのかを調べよう
  3. 速度 or コスパ?自分が何を重視しているかで光回線を絞り込む
  4. ホームルーターは光回線が導入できない場合の代替手段

自宅がどの光回線の対応エリアに入っているのかと、インターネット回線に対して自分が求めているのが『速度』なのか、『コストパフォーマンス』なのかを明確にすることで、かなり候補が絞れてきます。

おすすめは下記の2つです。

尚、ホームルーターは光回線の工事ができなかった時の代替手段だとお考え下さい。

是非この記事を参考にして、一戸建てのお住まいで快適なインターネット生活を送りましょう!

尚、光回線をどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選しました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

光回線
この記事を書いた人
望月(もちづき)

過去に大手の携帯電話会社や家電量販店・コールセンターなどで勤務し、インターネット回線の案内を行ってきました。
個人的にもネット関連は大好きで、様々な回線を試しています。
この知識を活かし、皆さんのインターネットに関する悩みや疑問を解消できるようなわかりやすい記事を書いていきたいと思います。

>望月(もちづき)の執筆した記事はこちら

望月(もちづき)をフォローする
この記事を監修した人
【虎の巻】監修:豊田 桂一
インターネット契約 虎の巻:監修者
監修者:豊田 桂一

通信業界に25年携わるプロフェッショナル。NNコミュニケーションズにてチームを統括し、常に最前線で案内。後進の育成にも積極的に取り組む。豊富な知識と経験に裏打ちされた質の高いサービスにより、顧客からは抜群の信頼を得ている。ネット回線の専門的な知識を活かし、監修者を担当。訴求先は、ユーザーの悩みを解決する最適な窓口をご案内しています。→監修者の詳細はこちら

表示価格は特に断りがない限り税込です。
消費税の計算上、実際の請求金額と異なる場合があります。

コメント

\損をしたくない方 必見記事!/

光回線 厳選ランキング