フレッツ光の無線LANルーター(Wi-Fiルーター)はレンタル・購入、どちらがお得!?

フレッツ光の無線LANルーター(Wi-Fiルーター)はレンタル・購入、どちらがお得!?
フレッツ光の無線LANルーター(Wi-Fiルーター)はレンタル・購入、どちらがお得!?

フレッツ光などの光回線を自宅に導入するなら、パソコンだけでなくスマホやタブレット、ゲーム機などの各端末もインターネットに繋いで、データ容量を気にせずにインターネットを楽しみ尽くしたいと考えるのが普通でしょう。

そういったLANポートのない端末を光回線に接続するために必要になるのが『無線LANルーター(Wi-Fiルーター)』です。

フレッツ光の場合、無線LANルーターはNTTからレンタルすることも出来ますし、自分で購入して接続することもできます。

ではレンタルと購入、どちらがお得なのでしょうか?

それぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

レンタルのメリット
  • NTTがルーターを設置してくれる
  • ルーターの設定サポートがある
レンタルのデメリット
  • ルーターの規格が選べない
  • 月額料金が掛かるので長く使うなら購入したほうが安い
購入のメリット
  • ルーターのスペックや価格を自分で選ぶことができる
  • 用意してしまえばランニングコストが掛からない
購入のデメリット
  • ルーターに詳しくないと何を選んだらいいのか分からない
  • ルーターに不具合が起きた時NTTではサポートしてくれない

ご覧の通り、お得に使いたいなら基本的に購入した方が良いということになります。

ただし、設定などにあまり自信が無いならNTTからレンタルした方が無難かもしれません。

要は、どちらが自分に合っているかで決めれば良いでしょう。

  • 購入向き ⇒ 設定は自分で出来るしコストを安く抑えたい方
  • レンタル向き ⇒ 無線ルーターの設定が難しい方

この記事では、フレッツ光の無線LANルーターをレンタルする場合の詳細と、市販品を購入する場合のポイントなどを紹介いたします。

どちらにしようか迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。

尚、現在フレッツ光を利用している方、もしくはこれからフレッツ光の契約を検討している場合は、他の光回線への切り替えを強くおすすめめいたします。

なぜなら、現在フレッツ光はどちらかというと法人向けに力を入れていて、個人の方が加入してもほとんどメリットが無くなってしまっているからです。

もっと月額料金が安かったり、魅力的なキャンペーンを展開していたり、速度が安定している光回線はたくさんあります。

こちらの記事で各種人気のインターネット回線の『契約して損は無いおすすめの契約窓口』をランキング形式で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

>インターネット契約で損をしない窓口ランキング

インターネット契約で損をしない窓口ランキング【公式・WEB代理店・プロバイダ】
インターネット回線の窓口は多く、なおかつ複雑なキャンペーン条件を課しているようなところもあるため、慣れていない方にとっては選ぶのが非常に難しいです。 そこで今回は、契約して損は無いおすすめの契約窓口をランキング形式で紹介いたします。

NTTからレンタルできる無線LANルーターは『ホームゲートウェイ』

NTTから無線LANルーターをレンタルする場合、貸し出されるのは様々な機能が付随しているホームゲートウェイという接続機器になります。

ホームゲートウェイ

ただ、実はこのホームゲートウェイ、単体ではWi-Fiが飛ばせません。

別オプションの無線LANカードをホームゲートウェイに差し込むことで、はじめてWi-Fiが使えるようになるんです。

つまり、フレッツ光のオプションでWi-Fi接続するためには、ホームゲートウェイと無線LANカードの両方をレンタルしなければなりません。

ホームゲートウェイと無線LANカードをレンタルする費用

ホームゲートウェイ+無線LANカードのレンタル料金は、東日本エリアと西日本エリアで異なります。

それぞれ見ていきましょう。

東日本エリアのレンタル料金

ホームゲートウェイ+無線LANカード825円(税込)
追加無線LANカード(2枚目以降)330円(税込)

月額825円(税込)ということは年間で9,900円(税込)

Wi-Fiを飛ばすのにこの金額が高いとみるか安いとみるかですが、正直私は少し高いと思います。

今は3,000円~10,000円くらいでなかなか良いスペックの無線LANルーターが販売されているので、自分で接続できる方は市販品を購入した方が良いでしょう。

尚、フレッツ光東日本にはホームゲートウェイと無線LANカードが元々料金に含まれている「ギガスマートタイプ」というプランが用意されています。

ホームゲートウェイと無線LANカードをレンタルする予定なら、このプランを選択した方が少しお得に利用できます。

西日本エリアのレンタル料金

ホームゲートウェイ
低価格プラン
275円(税込)
ホームゲートウェイ
標準プラン
495円(税込)
無線LANカード110円(税込)

表の通り、NTT西日本の方が東日本よりレンタル料金が安く設定されています。

尚、ホームゲートウェイ・レンタルの低価格プランと標準プランの違いは、契約期間の縛りがあるか無いかです。

低価格プランは2年以上の契約が条件となり、24カ月未満で解約した場合は解約金2,200円(税込)が掛かります。

ちなみに、ひかり電話を申し込みする方はそもそもホームゲートウェイが付属してきますので、別途オプションレンタルは不要です。

その場合は、無線LANカードのみ月額110円(税込)でレンタルすればWi-Fiが飛ばせるようになります。

ホームゲートウェイの設定方法

フレッツ光の申し込み時にホームゲートウェイと無線LANカードも併せて申し込んだ場合は、開通工事の時に業者が持ってきてくれます。

一方、開通後に改めて申し込んだ場合は後日宅配便で届きます。

届いたらさっそく設定してみましょう!

ホームゲートウェイの設定手順
  • STEP1
    ホームゲートウェイとパソコンをLANケーブルで接続する

    ホームゲートウェイの設定は、パソコン側のブラウザで行います。

  • STEP2
    Web設定画面を開く

    パソコンのブラウザに[http://ntt.setup/]または[192.168.1.1]とを打ち込むか、NTTから送られてくる専用ソフトを使いルーターの設定画面にアクセスします。

  • STEP3
    (初回のみ)機器設定用パスワードを設定

    半角英数で任意の文字列を入力してパスワードを決定します。
    ※2回目以降のログインでは、このステップは不要です。

  • STEP4
    ユーザー名とパスワードを入力しログイン

    IDは『user』、パスワードは初回設定時に自分で決めたパスワードです。

  • STEP5
    設定ウィザードに情報を入力

    プロバイダのIDとパスワードを入力して決定します。
    IDとパスワードは、プロバイダから送られてくる書類に記載されてます。

プロバイダ設定が完了すれば、ホームゲートウェイを経由してWi-Fiでインターネットが利用できるようになります。

ホームゲートウェイが故障した場合は無料交換可能

フレッツ光でレンタルできるホームゲートウェイや光回線終端装置(ONU)は、不具合や経年劣化などで故障した場合、無料交換が可能です。

NTT東西共に電話サポートにて対応していますので、故障したらすぐに連絡しましょう。

NTT東日本フレッツ・サポートセンター
電話番号0120-000113
受付時間24時間年中無休
※17:00~翌朝9:00は録音対応
NTT西日本問い合わせ窓口
電話番号0120-248995
受付時間24時間年中無休
※17:00~翌朝9:00は録音対応

ただし、1つ注意点があります。

ルーターやONUの故障原因が利用者側にあったと判断された場合、ルーターの機器代金・出張料金・作業代金が請求されてしまうんです。

料金はNTT東西共通で下表の様になっています。

内容料金
出張費4,950円(税込)
交換工事費1,100円(税込)
ルーター設置費1,650円(税込)

ご覧の通り、まあまあ高い・・・

壊してしまわないように気をつけましょう。

市販の無線LANルーターを購入する

Wi-Fiルーター

フレッツ光は、ネット通販や家電量販店などで販売されている無線LANルーターを接続することでもWi-Fiが飛ばせるようになります。

ホームゲートウェイと無線LANカードをレンタルするとランニングコストがかかり、結果的に高くなってしまうので、安くWi-Fiを飛ばしたい方は購入がおすすめです。

市販の無線LANルーターを選ぶ際のポイント

市販の無線LANルーターを購入する際は、下記3つのポイントをクリアしているものを選びましょう。

  1. IPv6通信に対応している
  2. 最大通信速度が1Gbps以上
  3. 接続可能台数が余裕で足りているもの

IPv6は、回線の混雑を避けて高速・快適にインターネットが利用できるようになる接続方式の事です。

この接続方式をWi-Fiでも利用するためには、光回線だけでなく無線LANルーター側も対応している必要があります。

また、光回線の速度を活かすために、無線LANルーターも1Gbps以上の速度に対応したものを選んでください。

接続台数は、実際にどのくらいの端末を接続したいか数えてみて、それよりもさらに余裕のある無線LANルーターを選びましょう。

Wi-Fiに接続したい端末は、今後もきっと増えてくるはずですから。

下記の表記があるものを選んでいただければ、買い間違えることは無いと思います。

周波数帯2.4GHz、5GHz
通信規格IEEE802.11ac/n/a/g/b対応、または
IEEE802.11ax/ac/n/a/g/b対応
最大通信速度1Gbps以上

ビームフォーミング機能もあったら便利!

この他、無線LANルーターの便利な機能の一つに『ビームフォーミング』があります。

ビームフォーミングとは、ルーターがスマホやタブレットなどの位置を判断して電波を狙い撃ちし、端末の通信速度を安定させる機能です。

この機能を利用するためには、スマホなどもビームフォーミングに対応している必要がありますが、実は昨今の端末の中には対応しているものも多くあります。

無線LANルーターを購入する際は、ビームフォーミング機能が搭載されているかも、気にしてみてください。

フレッツ光の無線LANルーターは購入・レンタルのどちらがおすすめ?

フレッツ光を契約している方がWi-Fiを飛ばしたい場合、ホームゲートウェイと無線LANカードをレンタルした方が良いのでしょうか、それとも市販の無線LANルーターを購入した方が良いのでしょうか。

それぞれのメリットとデメリットを考えてみました。

レンタルのメリット
  • NTTがルーターを設置してくれる
  • ルーターの設定サポートがある
レンタルのデメリット
  • ルーターの規格が選べない
  • 月額料金が掛かるので長く使うなら購入したほうが安い
購入のメリット
  • ルーターのスペックや価格を自分で選ぶことができる
  • 用意してしまえばランニングコストが掛からない
購入のデメリット
  • ルーターに詳しくないと何を選んだらいいのか分からない
  • ルーターに不具合が起きた時NTTではサポートしてくれない

ご覧の通り、料金面で考えたらランニングコストが掛かるレンタルより、市販品を購入する方が断然おすすめです。

1度買ってしまえば、後は無料で利用できますから。

ただし、ルーターの初期設定などに不安がある方は最初はNTTからレンタルし、慣れてきたら市販品への切り替えに挑戦するのもアリだと思います。

申し込み特典で無線ルーターが貰える、もしくは無料で永年レンタルできる光コラボレーション3選!

フレッツ光は現在法人契約に力を入れているようで、個人の方が契約しても残念ながらキャッシュバックなどの特典はもらえません。

しかし、フレッツ光の回線を借りて運用している光コラボレーションサービスなら、個人向けのキャンペーンや割引サービスが豊富です!

光コラボレーションとは

プロバイダなどの事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスを付加して展開している光回線サービスのこと。略して光コラボとも言います。
有名どころだとソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光などが光コラボレーションです。

また、光コラボレーションは回線とプロバイダがセットになっているため、その分フレッツ光より安価な月額料金で利用できます。

つまり、これから光回線を導入するなら、フレッツ光より光コラボレーションの方が断然お得なんです!

ここでは、申し込みキャンペーンでキャッシュバックと無線LANルーターが両方入手できる光コラボレーションサービスを3つ紹介いたします。

フレッツ光の申し込みを検討していた方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ光コラボレーション3選
  1. ドコモ光
  2. ソフトバンク光
  3. ビッグローブ光

1.ドコモ光

ドコモ光 ロゴ

その名の通り、NTTドコモが提供している光回線サービスです。

ドコモ光の最大のメリットは、なんといってもドコモのスマホ・携帯電話料金が割引になる「ドコモ光セット割」が適用できることでしょう。

割引額はスマホ1台あたり最大1,100円(税込)で、なんと自分や家族の端末を含め20台まで対象にすることが出来ます。

また、新規契約で開通工事費が完全無料になるのも嬉しいサービスです。

ご自分やご家族の中にドコモユーザーがいるなら、ドコモ光がベストでしょう。

ドコモ光のおススメ窓口

ドコモ光×GMOとくとくBB
キャッシュバック20,000円
dポイント2,000pt
キャッシュバック
進呈時期
最短4ヵ月
dポイント
進呈時期
最短2ヵ月
こんな方におすすめ
  • プロバイダ選びは速度重視!
  • Wi-Fiルーターはどれを選べばよいのか分からない・・・
  • 少しでも高額キャッシュバックを受け取りたい

GMOとくとくBBは、混雑を避けて高速・快適にインターネットが出来る『v6プラス』を標準装備しているため、速度の評判がとても良いプロバイダです。

また、v6プラスに対応した高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる点が人気の秘密でしょう。

無料レンタルできるWi-Fiルーターは3種類の中からお好きなものを選ぶことができ、中には希望小売価格が19,767円もするWi-Fiルーターまであります!

GMOとくとくBBのキャッシュバックは20,000円で、更にdポイントが2,000pt付いてきます。

したがって、GMOとくとくBBからドコモ光を申し込んだ場合、キャッシュバック・dポイント・Wi-Fiルーターをあわせて40,000円以上もお得になると言えるんです!

ちなみに、通常GMOとくとくBBからキャッシュバック20,000円を満額受け取るためにはオプション加入が必須となります。しかし、当サイトの下記ボタンからキャンペーンページに行くと、なんとオプションなしで20,000円ゲットできるんです!

ドコモ光を申し込み予定の方は、ぜひ実際に覗いてみて候補に加えてみてはいかがでしょうか。

\キャッシュバック+Wi-Fiルーター無料レンタル/

2.ソフトバンク光

ソフトバンク光 ロゴ

ソフトバンクが提供している光回線です。

携帯事業者が運営しているだけあって、ソフトバンクスマホやY!Mobileスマホの月額料金が割引になるセット割引サービス「おうち割 光セット」が適用できます。

また、他社回線から乗り換える際に掛かった解約金をソフトバンクが最大10万円まで補填してくれる『あんしん乗り換えキャンペーン』があるのも大きな特徴です。

ソフトバンク光のおススメ窓口

SoftBank光キャンペーン特典 新規お申し込みでキャッシュバック
キャッシュバック
特典A
37,000円
キャッシュバック
特典B
32,000円
キャッシュバック
進呈時期
最短2ヵ月
こんな方におすすめ
  • オプションなしで申し込みたい
  • 評判の良い代理店で契約したい
  • 実績のある代理店で申し込みたい

エヌズカンパニーは、実際に申し込んだ方からのレビュー(感想)がとても良い代理店です。
エヌズカンパニーのレビューはこちらをご覧ください。

また、ソフトバンクから表彰されており、実績も充分!

エヌズカンパニーのキャンペーン特典はオプションに加入する必要がありません。
そのため、月額料金が高くなることなくスッキリした内容で申し込めます。
エヌズカンパニーの詳細はこちらをご覧ください。

\オプション不要で37,000円キャッシュバック/

3.ビッグローブ光

ビッグローブ光 ロゴ

老舗プロバイダのBIGLOBEが提供している光コラボレーションサービスです。

ビッグローブ光のメリットは、KDDIの子会社ということでauのスマホや携帯料金が割引になる「auスマートバリュー」、または光回線料金が割引になる「auセット割」が適用できることでしょう。

また、開通工事費は掛かりますが、その相当額が月額料金から割引され最終的に実質無料になります。

ビッグローブ光のおススメ窓口

ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ
キャッシュバック
特典A
26,000円
キャッシュバック
特典B
21,000円
+Wi-Fiルーター
キャッシュバック
進呈時期
最短2ヵ月
こんな方におすすめ
  • 早くキャッシュバックを受け取りたい
  • 有線よりWi-Fiメインで使いたい
  • オプションなしで申し込みたい

NNコミュニケーションズは最短2ヵ月でキャッシュバックが振り込まれます。そして、特典Bを選んだ場合のWi-Fiルーターは開通後10日前後で発送されます。NNコミュニケーションズは特典の対応が早くすぐに手に入るのが嬉しいです。

また、特典BのWi-Fiルーターはインターネットの速度を安定させる通信方式IPv6接続に対応しています。
そのため、Wi-Fiでも快適にインターネットができます。さらに、Wi-Fiルーターが無料で貰えるため有線よりWi-Fiで利用する方に最適の窓口です。

\キャッシュバック21,000円+高性能Wi-Fiルーター進呈/

まとめ

フレッツ光の無線LANルーターをレンタルする場合の詳細と、市販品を購入する場合のポイントなどを紹介し、どちらを選んだ方がお得かを解説しました。

今記事をまとめると、こうなります。

  • 購入向き ⇒ 設定は自分で出来るしコストを安く抑えたい方
  • レンタル向き ⇒ 無線ルーターの設定が難しい方

ご自分の状況を考え、合う方を選びましょう!

尚、これからフレッツ光の申し込みを考えている場合は、他の光回線に検討しなおした方が良いかもしれません。

フレッツ光はどちらかというと法人向けに力を入れていて、個人の方が契約してもほとんどメリットが無いためです。

逆にもっと月額料金が安くて、通信速度も安定していて、魅力的なキャンペーンを展開している光回線はたくさんあります。

下記ページで、今人気の光回線のおすすめ窓口をランキング形式で紹介していますので、よろしければぜひチェックしてみてください。

>各種光回線の申し込みにおすすめの窓口はこちら

インターネット契約で損をしない窓口ランキング【公式・WEB代理店・プロバイダ】
インターネット回線の窓口は多く、なおかつ複雑なキャンペーン条件を課しているようなところもあるため、慣れていない方にとっては選ぶのが非常に難しいです。 そこで今回は、契約して損は無いおすすめの契約窓口をランキング形式で紹介いたします。