フレッツ光の料金が高くなってしまう3つの原因と安く抑える5つの方法

フレッツ光の料金が高くなってしまう3つの原因と安く抑える5つの方法
フレッツ光の料金が高くなってしまう3つの原因と安く抑える5つの方法

フレッツ光の料金て高いよな・・・もっと安くできないかな?

このように感じている方は、一度フレッツ光の明細や契約内容を見直してみた方が良いかもしれません。

契約しているプランやプロバイダ、オプションを見直すことで、フレッツ光の料金を大幅に安くできる可能性があります。

ということで今回は、フレッツ光の料金が高くなってしまう3つの原因と安く抑える5つの方法について、詳しく見ていきましょう!

フレッツ光の料金が高くなってしまう原因
  1. 月額料金が高いプロバイダと契約している
  2. 割引が適用されていない
  3. 不要なオプションに加入している
フレッツ光の料金を安く抑える5つの方法
  1. 契約プランの見直し
  2. プロバイダ料金の見直し
  3. オプションの見直し
  4. 長期割引の利用
  5. 通話料金の確認

尚、個人でフレッツ光回線を使いたい方には、『光コラボレーション・サービス』をおすすめいたします。

フレッツ光回線の品質・速度はそのままで、個人向けの魅力的なキャンペーンやサービスをたくさん受けられるからです。

下記記事で、おすすめの光コラボレーションサービスとお得なキャンペーン窓口を紹介していますので、興味がありましたらぜひ確認してみてください。

フレッツ光が高くなってしまう原因

フレッツ光の月額料金が高くなってしまう原因として、以下の3つが考えられます。

  1. 月額料金が高いプロバイダと契約している
  2. 割引が適用されていない
  3. 不要なオプションに加入している

1.月額料金が高いプロバイダと契約している

フレッツ光 プロバイダ
引用:NTT西日本公式ホームページ

フレッツ光でインターネットを利用する場合、回線サービスを提供しているNTTとは別に、プロバイダ事業者とも契約を結ぶ必要があります。

そして、プロバイダに支払う料金は事業者ごとにバラつきがあるんです。

各プロバイダの月額基本料金
プロバイダ戸建て集合住宅
OCN インターネット1,210円990円
Yahoo!BB1,320円1,045円
BIGLOBE1,100円990円
So-net1,320円990円
ぷらら1,100円880円
@nifty1,100円1,045円
GMOとくとくBB836円583円
DTI1,046円748円
ASAHIネット858円770円
hi-ho1,320円979円

表のとおり、『GMOとくとくBB』や『ASAHIネット』は基本料金が低めに設定されていますが、一方でもう少し高い料金設定にしているところもあります。

プロバイダを『どこでもいいや』と適当に選んでしまった方は、知らず知らずのうちに高い月額料金を支払い続けているかもしれません。

プロバイダ料金の確認方法

自分が支払っているプロバイダ料金は、各プロバイダのマイページサービスなどで確認できます。

また、基本的にNTTとプロバイダで請求が分かれているため、口座引き落としの履歴やクレジットカードの明細でも確認可能です。

2.割引が適用されていない

フレッツ光には、月額料金割引キャンペーンが用意されています。

月額料金割引キャンペーン
  • NTT東日本:『ギガ・スマート割』『にねん割』
  • NTT西日本:『光はじめ割』

東日本の『にねん割』は、戸建てプランの場合、2年間継続利用をすることを条件に月額料金から770円の割引が受けられます。

※『にねん割』は、2023年9月30日をもって新規受付終了となります。

西日本の『光はじめ割』は、長く利用すればするほど月額料金が毎年安くなっていきます。

ということは、これらの割引を適用していなかったり、割引が終了していた場合、月額料金が元の高い価格のままになってしまうということです。

3.不要なオプションに加入している

もうひとつフレッツ光の料金が高くなる理由として、オプション料金が加算されていることが考えられます。

フレッツ光の代表的なオプション
オプション月額料金
ひかり電話550円
ひかり電話エース1,650円
ひかり電話 安心プラン1,540円
ひかり電話 もっと安心プラン4,290円
フレッツ・テレビ825円
フレッツ・ウイルスクリア440円
リモートサポートサービス550円
ユーネクスト2,189円
ひかりTV 基本放送プラン1,100円
ひかりTV ビデオざんまいプラン2,750円
ひかりTV テレビおすすめプラン2,750円
ひかりTV お値打ちプラン3,850円
なおせ~る-安心機器補償サービス
※パソコン・タブレットプラン
550円

もちろん、必要なサービスであれば加入するべきですが、ほとんど使っていないようなら月額料金がもったいありません。

尚、家電量販店などが実施しているキャンペーンでは、指定オプションへの加入が特典の受け取り条件になっていることがあります。

特典を貰うためにオプションに加入して、そのまま解約するのを忘れて料金を払い続けてしまうというのはよくあるパターンなので注意しましょう。

料金を安くするための5つの方法

『フレッツ光の月額料金をもっと安くしたい!』と思ったら、まずは料金明細やマイページを確認し、自分が何にいくら払っているのか、内訳を把握しましょう。

その上で、下記5つの方法を試してみてください。

  1. 契約プランの見直し
  2. プロバイダ料金の見直し
  3. オプションの見直し
  4. 長期割引の利用
  5. 通話料金の確認

1.契約プランの見直し

まずはフレッツ光の料金明細で、ご自分がどのプランを契約しているのか確認しましょう。

フレッツ光には、インターネット使い放題の定額プラン『ネクスト』と、最低料金と上限料金が決まっていて、その間は月間に使ったデータ量で料金が決まる2段階従量課金プランの『ライト』があります。

『ほとんどインターネットは使わない』『ひかり電話だけあれば良い』という方は、フレッツ光ライトにした方が節約できるかもしれません。

フレッツ光ライトのイメージ
引用:NTT西日本公式ホームページ

月間のデータ使用量を200MBで抑えられれば、最低料金の3,080円で利用できます。

ただし、ライトプランで1,200MB以上使うと利用料金が6,380円になり、逆に定額プランより高くなってしまうので、自分のデータ使用量を把握してから決めてください。

ライトプランについて、詳しくはこちら

2.プロバイダ料金の見直し

フレッツ光では、NTTの基本料金とは別にプロバイダ事業者への支払いも発生します。

NTT側の料金の見直しが難しいようなら、プロバイダ料金の見直しも検討してみましょう。

例えば、戸建てプランの場合、『Yahoo!BB』から『GMOとくとくBB』に変えるだけで、毎月484円の節約になります。

尚、プロバイダは複数契約することも可能なため、変更しても自動解約になりません。

自分で解約手続きをしなければならない点にご注意下さい。

3.オプションの見直し

フレッツ光の料金明細を確認し、自分には不要なオプションに加入していないか確認しましょう。

もし、いままで使ったことも無い、これから使う予定もないと感じたオプションに加入していたら、すぐに解約して下さい。

カスタマーセンターで外せます。

フレッツサービスに関する問い合わせ先
電話番号
(東西共通)
0120-116-116
※携帯電話・PHSからもかけられます
受付時間9:00~17:00
土日・祝日も営業 ※年末年始を除く

4.長期割引の利用

フレッツ光では東日本・西日本ともに、長期利用割引を用意しています。

長くフレッツ光を契約する予定の方は、割引サービスを利用して月額料金を安くしましょう。

NTT東日本では『にねん割』が受けられます。

文字通り、2年契約(自動更新)を結ぶことで割引が受けられるキャンペーンです。

『にねん割』が適用されると、戸建てプランなら770円、集合住宅プランなら110円の月額料金割引が受けられます。

その代わり、更新月(契約期間満了月の翌月と翌々月)以外に解約した場合、戸建てプランでは4,950円、集合住宅プランでは1,650円の違約金を支払う必要があるので注意しましょう。

※『にねん割』は、2023年9月30日をもって新規受付終了となりました。

NTT西日本では、『光はじめ割』が利用できます。

光はじめ割は、フレッツ光 西日本のネクストプランを2年単位の自動更新契約にすることで適用できる月額料金割引です。

3年目以降はさらに割引額が増えて、お得に利用できるようになります。

1,2年目の割引額3年目以降の割引額
ファミリー
(戸建て)
1,210円/月1,419円/月
マンション
(集合住宅)
605円/月858円/月

光はじめ割も、契約更新月以外に解約すると違約金が発生するのでご注意ください。

現時点で長期利用割引を適用していない方は、契約の途中からでも申し込みできるので早めにカスタマーセンターで手続きしましょう。

5.通話料金の確認

ひかり電話|フレッツ光

フレッツ光でひかり電話を利用している場合、その通話料もインターネット利用料とあわせて請求されます。

ひかり電話で多く通話をしていれば当然その分請求金額も高くなりますが、『インターネットの料金自体が高くなった』と思ってしまう方もいるようです。

ひかり電話の通話料分とインターネットの基本料金は、フレッツ光の料金明細をみればわかりますので、本当にインターネット代が高くなったのか調べてみましょう。

もし、通話料が高額だった場合、無料通話分が付いたひかり電話のプランも用意されているので、見直しを検討してみてください。

ひかり電話について詳しくはこちら

フレッツ光を継続するよりも工事なしで光回線を乗りかえた方が安くなる?!

現在フレッツ光は、個人客では無く法人客向けの営業に力を入れているようです。

理由は、NTTの回線を利用した『光コラボレーション・サービス』が台頭してきたので、自社サービスの『フレッツ光』を積極的に売り込む必要が無くなったからだと言われています。

そのため、このままフレッツ光を継続利用するよりも、他社の光回線に乗りかえた方が安くなる可能性が高いんです!

光コラボレーションとは

プロバイダなどの事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスを付加して展開している光回線サービスのこと。略して光コラボとも言います。
光コラボレーションとして提供することで、各事業者が自社のオプションを組み合わせたり、特典・キャンペーンをつけて販売できるようになりました。
また、利用者側には回線とプロバイダの契約が一本化されることで支払いなどの処理がスムーズになるというメリットが生まれます。
有名どころだとソフトバンク光、ビッグローブ光などが光コラボレーションです。

フレッツ光と光コラボレーションは同じ回線を利用しているので、開通工事不要で乗り換えることが出来ます。

つまり、ほとんどリスクなしに乗り換えられるということです!

参考までに、今特におすすめの光コラボレーションサービスを3つ紹介しますので、今フレッツ光を利用している方も、ぜひチェックしてみてください。

フレッツ光から工事不要で乗り換え出来るおすすめの光回線3選

今おすすめの光コラボレーション 3選

1.ソフトバンク光

ソフトバンク光キャンペーン特典 新規お申し込みでキャッシュバック
新規申し込み
キャッシュバック
特典A
【10ギガ】最大73,800円
【1ギガ】最大45,000円
新規申し込み
キャッシュバック
特典B
【10ギガ】最大68,800円
【1ギガ】最大40,000円
+Wi-Fiルーター
他社転用申込
事業者変更申込
キャッシュバック
【1ギガ】15,000円
キャッシュバック
進呈時期
最短1か月
こんな方におすすめ
  • オプションなしで申し込みたい
  • 評判の良い代理店で契約したい
  • 実績のある代理店で申し込みたい

エヌズカンパニーは、実際に申し込んだ方からのレビュー(感想)がとても良い代理店です。

また、ソフトバンクから表彰されており、実績も充分!

エヌズカンパニーのキャンペーン特典はオプションに加入する必要がありません。
そのため、月額料金が高くなることなくスッキリした内容で申し込めます。
エヌズカンパニーの詳細はこちらをご覧ください。

\オプション不要でキャッシュバック/

2.ドコモ光

ドコモ光プロバイダGMOとくとくBBのキャッシュバック
キャッシュバック51,000円
dポイント2,000pt
キャッシュバック
進呈時期
最短5か月
dポイント
進呈時期
最短4か月
こんな方におすすめ
  • プロバイダ選びは速度重視!
  • Wi-Fiルーターはどれを選べばよいのか分からない・・・
  • 少しでも高額キャッシュバックを受け取りたい

GMOとくとくBBは、混雑を避けて高速・快適にインターネットが出来る『v6プラス』を標準装備しているため、速度の評判がとても良いプロバイダです。

また、v6プラスに対応した高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる点が人気の秘密でしょう。

無料レンタルできるWi-Fiルーターは2種類の中からお好きなものを選ぶことができ、中には希望小売価格が19,767円もするWi-Fiルーターまであります!

GMOとくとくBBのキャッシュバックは51,000円で、更にdポイントが2,000pt付いてきます。

したがって、GMOとくとくBBからドコモ光を申し込んだ場合、キャッシュバック・dポイント・Wi-Fiルーターをあわせて40,000円以上もお得になると言えるんです!

ちなみに、通常GMOとくとくBBからキャッシュバックを満額受け取るためにはオプション加入が必須となります。しかし、当サイトの下記ボタンから限定ページに行くと、なんとオプションなしでゲットできるんです!

ドコモ光を申し込み予定の方は、ぜひ実際に覗いてみて候補に加えてみてはいかがでしょうか。

\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
お客さま満足度2年連続NO.1
GMOとくとくBB キャッシュバック増額

3.ビッグローブ光

ビッグローブ光公式
キャッシュバック
特典
60,000円
月額料金割引
特典
19,536円
(1,628円×12か月割引)
キャッシュバック
進呈時期
最短12か月
こんな方におすすめ
  • 高額キャッシュバックが欲しい
  • 安心して申し込みたい
  • キャッシュバックより月額料金割引が良い

ビッグローブ光を公式サイトから申し込むと、下記2種類の特典から好きな方を選んで受け取ることができます。

  1. 1年間の月額料金大幅割引 総額19,536円
  2. 高額キャッシュバック 60,000円

キャッシュバックは『新規』『転用』『事業者変更』に差がなく、どのパターンで申し込んでも60,000円受け取ることができるのがメリットです。

新規新たにビッグローブ光を申し込む事
転用フレッツ光からビッグローブ光に乗り換える事
事業者変更他社光コラボレーション(ソフトバンク光やドコモ光など)からビッグローブ光に乗り換える事

ただし、振り込まれるのがビッグローブ光を申し込んでから12か月後と長いです。

その点が気にならなければ申し込みを検討するといいでしょう。

月額料金割引は手続き不要で、12か月間割引されます。

確実にキャンペーンの恩恵を受けたいなら月額料金割引を選びましょう。

ただし、月額料金割引の総額はキャッシュバックより金額が低いです。

また、月額料金割引は新規と事業者変更の方が対象で転用の方は利用できません。

\キャッシュバック60,000円!/
クーポン入力で
最大20,000円増額中!

まとめ

フレッツ光の料金が高くなってしまう3つの原因と安く抑える5つの方法について紹介しました。

今記事のまとめです。

フレッツ光の料金が高くなってしまう原因には、下記のようなものがあります。

フレッツ光の料金が高くなってしまう原因
  1. 月額料金が高いプロバイダと契約している
  2. 割引が適用されていない
  3. 不要なオプションに加入している

また、安くするには次の5つの方法があります。

フレッツ光の料金を安く抑える5つの方法
  1. 契約プランの見直し
  2. プロバイダ料金の見直し
  3. オプションの見直し
  4. 長期割引の利用
  5. 通話料金の確認

『フレッツ光の月額料金をもっと安くしたい!』と思ったら、まずは料金明細やマイページを確認し、自分が何にいくら払っているのか内訳を把握しましょう。

その上で、紹介した5つの方法を試してみてください。

尚、個人でフレッツ光回線を使いたい方には、『光コラボレーション・サービス』をおすすめいたします。

フレッツ光の回線品質や速度はそのままで、お得なキャンペーンやサービスが利用できるからです。

下記記事で、おすすめの光コラボレーションサービスとお得なキャンペーン窓口を紹介していますので、興味がありましたらぜひ確認してみてください。

フレッツ光料金
この記事を書いた人
海野(うんの)

Googleマップのローカルガイド活動にはまっています。
もちろんレベル10!
インターネット回線は、光回線とホームルーター、格安SIMあたりが得意です。
自宅のインターネット回線はNURO光、スマホは楽天モバイル。

>海野(うんの)の執筆した記事はこちら

海野(うんの)をフォローする
この記事を監修した人
【虎の巻】監修:豊田 桂一
インターネット契約 虎の巻:監修者
監修者:豊田 桂一

通信業界に25年携わるプロフェッショナル。NNコミュニケーションズにてチームを統括し、常に最前線で案内。後進の育成にも積極的に取り組む。豊富な知識と経験に裏打ちされた質の高いサービスにより、顧客からは抜群の信頼を得ている。ネット回線の専門的な知識を活かし、監修者を担当。訴求先は、ユーザーの悩みを解決する最適な窓口をご案内しています。→監修者の詳細はこちら

表示価格は特に断りがない限り税込です。
消費税の計算上、実際の請求金額と異なる場合があります。

コメント

\損をしたくない方 必見記事!/

フレッツ光 厳選ランキング