フレッツ光回線で通信障害が発生した際の3つの確認方法とその対処法!

フレッツ光回線で通信障害が発生した際の3つの確認方法とその対処法!
フレッツ光回線で通信障害が発生した際の3つの確認方法とその対処法!

フレッツ光は、誰もが知っている電話会社の『NTT東日本・NTT西日本』が運営している光回線です。

ある意味、『日本で最も信頼のおけるインターネット回線』と言っても過言では無いでしょう。

しかしそんな安心・安全なフレッツ光回線といえども、ごく稀に通信障害が起きてしまうことはどうしても避けられません。

急にインターネットに繋がらなくと焦ってしまいますが、そんな時こそゆっくり落ち着いて対処することが、復旧への一番の近道です。

フレッツ光回線で通信障害が発生した際の確認方法3つ
  1. NTTやプロバイダの公式ホームページを確認
  2. Twitterでリアルタイム検索する
  3. 手元の通信機器や端末、配線を確認

まずは、公式ホームページやTwitterなどで通信障害の有無を確認し、情報が無ければ手元の通信機器や端末、配線を確認しましょう。

その後の対処法は、どこに原因があるかで変わってきます。

フレッツ光で通信障害が発生した際の対処法
  1. 回線やプロバイダ側の通信障害だったら復旧を待つしかない
  2. ONUやルーターなどの接続機器に問題があったら再起動してみる
  3. パソコンやスマホに問題がある場合はネットワーク設定やセキュリティ設定を見直す
  4. 配線に問題があったらLANケーブルを全て抜いて再度接続しなおす

今回は、フレッツ光の通信障害が起きてしまった時の確認方法と、原因別の対処方法を出来るだけわかりやすく解説していきます。

過去に同じようなことが起きて困ってしまった方は、この記事を参考にして次の通信障害に備えておきましょう。

尚、現在フレッツ光を利用している方、もしくはこれからフレッツ光の契約を検討している場合は、他の光回線への切り替えを強くおすすめめいたします。

なぜなら、現在フレッツ光はどちらかというと法人向けに力を入れていて、個人の方が加入してもほとんどメリットが無くなってしまっているからです。

もっと月額料金が安かったり、魅力的なキャンペーンを展開していたり、速度が安定している光回線はたくさんあります。

こちらの記事で各種人気のインターネット回線の『契約して損は無いおすすめの契約窓口』をランキング形式で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

>インターネット契約で損をしない窓口ランキング

インターネット契約で損をしない窓口ランキング【公式・WEB代理店・プロバイダ】
インターネット回線の窓口は多く、なおかつ複雑なキャンペーン条件を課しているようなところもあるため、慣れていない方にとっては選ぶのが非常に難しいです。 そこで今回は、契約して損は無いおすすめの契約窓口をランキング形式で紹介いたします。

フレッツ光で通信障害が発生した際の確認方法3つ

フレッツ光回線を利用している際に『通信障害かもしれない』状況が発生したら、まずは原因がどこにあるのかを突き止める必要があります。

そもそも、インターネットが突然繋がらなくなったからと言って必ずしも通信障害が起きているとは限りません。

次の3点を1から順に確認していきましょう。

  1. NTTやプロバイダの公式ホームページを確認
  2. Twitterでリアルタイム検索する
  3. 手元の通信機器や端末、配線を確認

1.NTTやプロバイダの公式ホームページを確認

まず最初に、NTT東日本/NTT西日本の公式ホームページを開いて、障害情報が発表されていないか確認します。

NTTの公式ホームページには、工事や故障・メンテナンス等に関する情報が随時公開されているので、スマートフォンなどでチェックしてみましょう。

尚、NTTは東西に分かれているので、自分の住んでいるエリア側のHPをチェックしてください。

NTTの障害情報ページ
URL
フレッツ光(NTT東日本)https://www.ntt-east.co.jp/disclosure/construction.html
フレッツ光(NTT西日本)http://www.info-construction.ntt-west.co.jp/info-report/ku010/kU010010/

次に、契約しているプロバイダの公式ページを開いて、障害情報が発表されていないか確認します。

プロバイダ事業者の障害情報ページ
URL
ドコモ光https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/trouble/construction/
ソフトバンク光https://www.softbank.jp/ybb/info/maintenance/
auひかりhttps://www.kddi.com/phone/au-hikariphone/notice/
NURO光https://www.so-net.ne.jp/emerge/tr/nuro.html
ビッグローブ光https://support.biglobe.ne.jp/shogaiap/
So-nethttps://www.so-net.ne.jp/emerge/
@niftyhttps://support.nifty.com/support/supinfo/
GMOとくとくBBhttps://gmobb.jp/support/#maintenance
BB.excitehttps://bb.excite.co.jp/guide/info/
OCNhttps://support.ntt.com/maintenance/service/hikari

もし通信障害が発生しているアナウンスを確認できれば、それ以降のチェックするべき所が特定できて、再開時の準備がしやすくなります。

2.Twitterでリアルタイム検索する

次に、リアルタイムで情報が入ってくるTwitter(ツイッター)を使って確認します。

もし通信障害が起きていたら、同じ地域や同じ状況下の方がTwitterにいち早くアップしている可能性は高いでしょう。

ただし、便利な反面注意しないといけないのが、そのツイートの信憑性はご自身で確かめる必要があるということです。

間違った情報を鵜呑みにして、それをまた別の誰かに発信してしまったりするとトラブルになりかねません。

ご注意ください。

3.手元の通信機器や端末、配線を確認

公式サイトやTwitterで通信障害の情報が見つからなかったら、利用している通信機器や配線などをチェックしてみましょう。

ご自身の通信環境の不備をサービス提供側の通信障害と勘違いしていまうケースは、意外と多いんです。

パソコンやスマートフォン、タブレットなど複数の端末で接続を試してみて、インターネットに繋がるものがあれば端末側が原因ということが分かります。

それからONU(光回線終端装置)や無線LANルーターなどの接続機器も、問題が起きていないか確認しましょう。

例えば無線ルーターを経由せずにONUとパソコンを有線LANで繋いでみてインターネットに繋がるようであれば、無線LANルーターが原因という事です。

また、LANケーブル自体や配線に原因がある可能性も考えられます。

ケーブルが抜けかけていないかなど、抜き差ししてチェックしてみてください。

フレッツ光で通信障害が発生した際の対処法

フレッツ光の通信障害の原因が確認できたら、適切な方法で対処していきましょう。

それぞれの場合ごとの対処法を紹介いたします。

  1. 回線やプロバイダ側の通信障害だったら復旧を待つしかない
  2. ONUやルーターなどの接続機器に問題があったら再起動してみる
  3. パソコンやスマホに問題がある場合はネットワーク設定やセキュリティ設定を見直す
  4. 配線に問題があったらLANケーブルを全て抜いて再度接続しなおす

1.回線やプロバイダ側の通信障害だったら復旧を待つしかない

回線やプロバイダ側の通信障害が原因だと判明した場合、残念ながら自分で対処できることはありません。

公式サイトやTwitterなどで最新情報を仕入れながら復旧を祈りましょう。

復旧のお知らせが出たら、再度インターネットに接続してみてください。

2.ONUやルーターなどの接続機器に問題があったら再起動してみる

ONUやWi-Fiルーターなどの接続機器に問題があった場合は、電源を一度OFFにして再起動してみましょう。

注意:ONUは電源を落とす前にランプの状態を確認しよう

ONUのランプ

ONUは、電源をOFFにする前に必ずランプの点灯状態を確認して下さい。

『光回線』がオレンジ色に点灯している場合は、5分程度経過してから再起動を行います。

また、『電源』ランプが赤く点滅している場合は、設定ファイルのダウンロードと更新が行われている状態なので、ランプの色が緑に変わるまで30分程度待ってください。

設定ファイル更新中に電源を切ると不具合が起きる可能性があるので注意が必要です。

端末や通信機器を再起動する際の順番

接続機器の電源を抜く順番

端末や通信機器を再起動する際は、下記の順番で行うようにしましょう。

PC⇒ルーター⇒ONUの順番で電源を切り、コンセントを抜きます。

数分待ってから今度は先程とは逆、ONU⇒ルーター⇒PCの順番でコンセントと電源を入れてください。

ONUは電源が入るとすべてのランプが点灯した後に消灯します。

1~2分するとまた緑色のランプが点灯するので、これで再起動は完了です。

最後にパソコンの電源を入れて、インターネットに接続できるかを確認してみましょう。

接続機器が原因と判明しているのに再起動してもインターネットに繋がらない場合は、機器の故障が疑われます。

機器のレンタル元・販売元に相談してみてください。

3.パソコンやスマホに問題がある場合はネットワーク設定やセキュリティ設定を見直す

パソコンやスマホなどの端末側に問題があると判断した場合は、ネットワーク設定やセキュリティ設定などをチェックします。

パソコン

パソコンに問題がある場合はネットワーク接続の確認を行いましょう。

Windowsの場合は、キーボードの『Windows』キーと『X』キーを同時に押して、開いたメニューから『ネットワーク接続』をクリック。

Wi-Fi接続ならば『Wi-Fi』、有線LAN接続なら『イーサネット』をクリックして、エラーが出ていないかチェックしてみてください。

エラーが出ていた場合はパソコンを再起動します。

加えて、セキュリティ対策ソフトのファイアウォール機能も確認してみましょう。

セキュリティ対策ソフトにはインターネットの接続を監視するファイアウォールという機能が搭載されているのですが、稀に接続自体を遮断してしまう事があります。

数分程度ファイアウォール機能を止めて、インターネットに繋がるか試してみてください。

スマートフォン

スマホに問題がある場合、まずはWi-Fiの接続設定をチェックします。

Wi-Fi機能がオフになっていないか、正しいSSIDに接続されているか確認してみてください。

正しいネットワーク設定になっているのに繋がらない場合は、スマホを再起動してみましょう。

4.配線に問題があったらLANケーブルを全て抜いて再度接続しなおす

LANケーブルのイメージ

機器と機器を接続するLANケーブルが何かのはずみで抜けかけてしまう事は意外とよくあります。

一度すべてのケーブルを抜いて、挿し直してみましょう。

また古いケーブルを使い続けている場合は、劣化による断線が起こることもあります。

もう長く使っている場合は、機を見て新しいケーブルに取り換えてください。

フレッツ光の通信障害実例

最後に、過去に起きたフレッツ光の通信障害の実例を紹介しておきます。

いずれも自然災害的要素が強く、都市部より辺境地のインフラ設備や保守の難しさが伝わってくるような内容です。

NTT東日本の通信障害

NTT東日本では2019年4月23日に東京の離島の御蔵島など4つの島で、光回線用の海底ケーブルが損傷しインターネットや電話が繋がらなくなる障害が発生しました。

この影響はかなり大きく、約10日間ほど通信障害が続いた模様です。

NTT西日本の通信障害

NTT西日本では2018年7月7日、早朝から18時頃まで完全にインターネットが使用不可能になるという大規模通信障害が発生しました。

原因は前夜から降り続けた大雨ということです。

この通信障害で公共機関や一般の事業所などの各種業務に、大きな支障が出ました。

まとめ

フレッツ光の通信障害が起きてしまった時の確認方法と、原因別の対処方法を紹介しました。

今記事のまとめです。

急にインターネットが繋がらなくなったら、まずは原因を確認します。

フレッツ光回線で通信障害が発生した際の確認方法3つ
  1. NTTやプロバイダの公式ホームページを確認
  2. Twitterでリアルタイム検索する
  3. 手元の通信機器や端末、配線を確認

そして、原因が特定出来たらそれに合った対処法を行いましょう。

フレッツ光で通信障害が発生した際の対処法
  1. 回線やプロバイダ側の通信障害だったら復旧を待つしかない
  2. ONUやルーターなどの接続機器に問題があったら再起動してみる
  3. パソコンやスマホに問題がある場合はネットワーク設定やセキュリティ設定を見直す
  4. 配線に問題があったらLANケーブルを全て抜いて再度接続しなおす

尚、個人でフレッツ光回線を使いたい方には、『光コラボレーション・サービス』をおすすめいたします。

フレッツ光の回線品質や速度はそのままで、お得なキャンペーンやサービスが利用できるからです。

下記記事で、おすすめの光コラボレーションサービスとお得なキャンペーン窓口を紹介していますので、興味がありましたらぜひ確認してみてください。

>おすすめの光コラボレーションサービスはこちら