フレッツ光 マンションタイプのVDSL方式とは【光コラボレーションも同様】

フレッツ光 マンションタイプのVDSL方式とは【光コラボレーションも同様】
フレッツ光 マンションタイプのVDSL方式とは【光コラボレーションも同様】

フレッツ光のマンションタイプを申し込む際、エリア検索や設備検索を終えたオペレーターさんからこのように言われることがあります。

お客様のマンションタイプはVDSLになります

一体どういう意味なのでしょうか?

後ほど詳しく解説するとして、ここでは簡単に説明すると、VDSLは電話回線を利用してインターネットに接続する集合住宅向けの配線方式の事です。

えーっ、電話回線を使うってことはADSLと一緒でしょ。
ってことは通信速度が遅いんじゃないの?

VDSL方式は歴とした光回線です。

ただし、おっしゃる通り電話回線を通すことにより、最大通信速度は100Mbpsに下がってしまいます。

戸建て向け光回線の一般的な最大通信速度は1Gbpsですので、1/10と考えるとちょっと不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ただし、100Mbpsもあれは普段使いにおいて困ることはないんです。

この記事ではフレッツ光 マンションタイプの一つ、VDSL配線方式の概要と料金体系、メリット・デメリットなどについて詳しくご説明します。

今記事の内容
  • 光回線のVDSL方式は、集合住宅の既設の電話回線を利用した配線方式
  • メリット:工事がすぐに終わる場合が多く、無派遣工事の可能性も高い
  • デメリット:最大通信速度が100Mbpsと遅い
    ※とはいえ実生活においては十分な速度が出る

尚、個人でフレッツ光回線を使いたい方には、『光コラボレーション・サービス』をおすすめいたします。

フレッツ光回線の品質・速度はそのままで、個人向けの魅力的なキャンペーンやサービスをたくさん受けられるからです。

下記記事で、おすすめの光コラボレーションサービスとお得なキャンペーン窓口を紹介していますので、興味がありましたらぜひ確認してみてください。

>おすすめの光コラボレーションサービスはこちら

フレッツ光マンションタイプのVDSL方式とは

光回線のインターネットが始まったばかりの頃、集合住宅内の配線はほぼVDSL方式のみでした。

時代は進み、現在は『光配線方式』の建物も増えてきていますが、まだまだVDSL方式の方が多いのが現状です。

そもそも光回線のVDSLとはどういったものなのでしょうか。

マンションなどの集合住宅では、まず近くの電柱などから建物内の共有設備まで光回線を引き込み、そこから各部屋まで配線していきます。

共有設備から各部屋までの配線方式は大きく分けて3パターンあり、その中の一つがVDSL方式というわけです。

  • 光配線方式
  • VDSL方式
  • LAN配線方式

ちなみに建物によってあらかじめ「配線方式」が決まっているため、どの配線方式になるかは契約者側で選ぶことが出来ません。

例えば自分の住んでいる建物の配線方式がVDSL方式だった場合は、光配線方式で契約することはできないんです。

お住まいの建物がどのタイプになるかは、フレッツ光の公式WEBサイトや、申し込み時にオペレーターさんに調べてもらう事で確認できます。

マンションの設備検索の方法はこちら↓

VDSL配線方式の概要

VDSL方式の建物は、下図のような配線方式となっています。

フレッツ光のVDSL方式

近所の電柱から建物内の共有設備内まで光回線を引き込み、回線終端装置に接続。

そこから各部屋までは既設の電話線を利用して接続します。

VDSLってなんの略なの?

VDSLは「Very high bitrate Digital Subscriber Line(ベリー・ハイ・ビットレート・デジタル・サブスクライバー・ライン)」の略です。
直訳すると『非常に高いビットレートのデジタル加入者回線』となります。

VDSL方式の工事内容

VDSL方式のマンションの開通工事は、基本的に配電盤(MDF)内の接続工事と部屋内に専用の接続機器を設置するだけで終わります。

そのため、戸建てなどに比べると短時間の工事で終わるケースが多いです。

また、立ち合い工事無しで、NTTから送られてくるモデムをご自身で設置するだけでフレッツ光が開通するお部屋もあります。

これを『無派遣工事』と言い、工事費は2,200円(税込)とかなり安く抑えられます。

VDSL方式の料金体系

フレッツ光・光コラボレーションの対応エリア

フレッツ光の月額料金は、東日本エリアと西日本エリアで異なります。

これはフレッツ光運営元のNTTが、東西に会社が分かれているためです。

また、マンションタイプの場合は同建物内で契約が見込める世帯数によっても料金が変わります。

  • プラン1:8世帯以上の申し込みが見込まれる場合
  • プラン2:16世帯以上の申し込みが見込まれる場合
  • ミニ:6世帯以上の申し込みが見込まれる場合

フレッツ光マンションタイプ(VDSL方式)の月額料金と初期費用を確認していきましょう。

NTTフレッツ光 東日本の月額料金

プラン1通常料金 3,575円(税込)
⇒にねん割適用料金 3,465円(税込)
プラン2通常料金 3,135円(税込)
⇒にねん割適用料金 3,025円(税込)
プランミニ通常料金 4,235円(税込)
⇒にねん割適用料金 4,125円(税込)
※上記料金とは別にプロバイダ料金が掛かります。

にねん割は、2年単位の自動更新契約を結ぶ代わりに、月額料金から110円(税込)の割引が受けられるサービスです。

NTTフレッツ光 西日本の月額料金

プラン1通常料金 4,070円(税込)
⇒光はじめ割適用1,2年目料金 3,575円(税込)
⇒光はじめ割適用3年目以降 3,388円(税込)
プラン2通常料金 3,520円(税込)
⇒光はじめ割適用1,2年目料金 3,135円(税込)
⇒光はじめ割適用3年目以降 2,948円(税込)
プランミニ通常料金 4,950円(税込)
⇒光はじめ割適用1,2年目料金 4,345円(税込)
⇒光はじめ割適用3年目以降 4,092円(税込)
※上記料金とは別にプロバイダ料金が掛かります。

光はじめ割は、2年単位の自動更新契約を結ぶ代わりに月額料金割引が受けられるサービスです。

NTTフレッツ光 マンションタイプの初期費用(東西共通)

契約事務手数料は、申し込み時に1度だけかかる費用です。

契約事務手数料880円(税込)

ちなみに、他社回線の契約事務手数料は3,300円(税込)が多いので、フレッツ光は安い方と言えるでしょう。

工事費は工事内容によって異なります。

回線基本工事費
フレッツ光
(NTT東日本/西日本共通)
屋内配線の工程がある場合
16,500円(税込) ※一括 or 分割払い

≪分割の場合≫
・初回 3,300円(税込)
・2回目以降 550円(税込)/月×24回
屋内配線の工程がない場合8,360円(税込) ※一括 or 分割払い

≪分割の場合≫
・初回 3,300円(税込)
・2回目以降 210円(税込)/月×23回
・最終月 230円(税込)
無派遣工事の場合2,200円(税込)

尚、土日祝日に工事を行う場合は、上記料金に加えて3,300円(税込)の追加工事費が掛かるのでご注意ください。

フレッツ光のマンションタイプ 3種類の配線方式

フレッツ光のマンションタイプには光配線方式、VDSL方式、LAN配線方式の3種類の配線方式があります。

下表にそれぞれの違いをまとめました。

光配線VDSL方式LAN配線
電柱~共有設備まで光ファイバー光ファイバー光ファイバー
共有設備~各部屋光ファイバー電話線LANケーブル
壁の差込口光コンセントモジュラージャックLANコネクタ
回線終端装置ONUモデム無し
最大通信速度1Gbps100Mbps100Mbps

回線速度は光配線方式が飛び抜けてます。

それぞれの配線方式について詳しく確認していきましょう。

光配線方式

光配線方式

光配線方式は、電柱から各部屋までずっと光ファイバーで配線されている方式です。

電話線やLANケーブルを介さない分、最大通信速度は1Gbpsのまま。

3つの配線方式の中で1番速いです!

光配線方式の場合、部屋の中に「光コンセント」を設置します。

もしも引っ越したお部屋にこの光コンセントがあったら、その建物に光配線方式が設備されている可能性が濃厚です!

VDSL方式

VDSL 配線方式

VDSLは、マンションで一番多く導入されている配線方式です。

建物共用部までは光ファイバーが引き込まれていて、建物共用部から各戸までは既設の電話線を利用します。

そのため、戸建て向け回線のような速さは出せません。

VDSL方式を採用している集合住宅の最大通信速度は、下り・上りともに100Mbpsです。

LAN配線方式

LAN配線方式

建物共用部まで光ファイバーを引き込み、共有スペースから各部屋まではLANケーブルで配線する方式です。

LAN配線方式は今はあまり聞かなくなってきました。

3つの配線方式で1番数が少ない方式と言えるでしょう。

通常、光回線でインターネットを行う場合は光信号とデジタル信号を相互変換するONU(またはモデム)という機器を部屋に設置しますが、LAN配線方式の場合は必要ありません。

壁のLANケーブルの差し込み口に直接LANケーブルを挿せばインターネットが利用できるようになります。

共有スペースにある『集合型回線終端装置』で、すでにデジタル信号に変換されているためです。

ちなみに、LAN配線方式の工事費は8,360円(税込)で、他の方式より少し安くなっています。

VDSL配線方式のメリットとデメリット

VDSL方式にはメリットとデメリットがあります。

それぞれ紹介しましょう。

メリットは工事に時間がかからないこと

VDSL方式の最大のメリットと言えば、工事が短時間で簡単に終わることでしょう。

フレッツ光を申し込んだ際にVDSL方式になると言われたら、お住まいの集合住宅はすでに設備が整っているということです。

新たに配線する必要がないため短時間で工事が終わり、サクッとインターネットが開通します。

さらにVDSL方式は無派遣工事になる確率が高いです。

面倒な立ち合い工事が無く、工事費もぐぐっと安くなるので、これもメリットと言えるでしょう。

デメリットは最大通信速度が遅い事

最大にして最強のデメリットはやはり通信速度が遅いことでしょう。

一般的な光回線の最大通信速度は1Gbpsが主流になっているにもかかわらず、VDSL方式は最大100Mbpsです。

10分の1・・・かなり見劣りしてしまいます。

ただし、実生活において1Gbpsもの速度が必要になることは実はほとんどありません。

参考までに、YouTubeが公式に発表している推奨される速度をご覧ください。

【参考】YouTubeの再生に推奨されるおおよその速度
動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p 2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

この通り、4Kの高画質動画でも20Mbpsの速度があれば視聴出来てしまうんです。

それに同じ電話線を利用するADSLに比べると、光回線のVDSL方式の方がずっと速くなります。

お住まいのマンションがVDSL方式だったとしても、十分快適なインターネット生活が送れるでしょう。

これからインターネット回線を導入するならフレッツ光より光コラボレーションの方がおすすめ!

NTTのフレッツ光は現在法人顧客の獲得に力を入れています。

その証拠に、法人向けのキャンペーンは展開しているのに、個人向けの申し込みキャンペーンは行われていないんです。

また、契約中に利用できるサービスなどもあまり充実していないので、個人の方でこれから光回線を導入しようとお考えでしたら、光コラボレーションサービスを選んだ方が良いでしょう!

光コラボレーションは、携帯事業者やプロバイダ事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスとセットにして販売しているインターネットサービスの事です。

品質はフレッツ光と変わりませんが、フレッツ光より安い月額料金で利用出来たり、各社顧客獲得のために魅力的なサービスやキャンペーンを多数展開しています。

これからインターネット回線を導入するなら、間違いなくフレッツ光より光コラボレーションの方がおすすめなんです!

参考までに、知名度・人気ともに高い代表的な3つの光コラボレーションサービスを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ光コラボレーション3選
  1. ドコモ光
  2. ソフトバンク光
  3. ビッグローブ光

1.ドコモ光

ドコモ光 ロゴ

その名の通り、NTTドコモが提供している光回線サービスです。

ドコモ光の最大のメリットは、なんといってもドコモのスマホ・携帯電話料金が割引になる「ドコモ光セット割」が適用できることでしょう。

割引額はスマホ1台あたり最大1,100円(税込)で、なんと自分や家族の端末を含め20台まで対象にすることが出来ます。

また、新規契約で開通工事費が完全無料になるのも嬉しいサービスです。

ご自分やご家族の中にドコモユーザーがいるなら、ドコモ光がベストでしょう。

ドコモ光のおススメ窓口

GMOとくとくBB×ドコモ光
キャッシュバック20,000円
dポイント2,000pt
キャッシュバック
進呈時期
最短4ヵ月
dポイント
進呈時期
最短2ヵ月
こんな方におすすめ
  • プロバイダ選びは速度重視!
  • Wi-Fiルーターはどれを選べばよいのか分からない・・・
  • 少しでも高額キャッシュバックを受け取りたい

GMOとくとくBBは、混雑を避けて高速・快適にインターネットが出来る『v6プラス』を標準装備しているため、速度の評判がとても良いプロバイダです。

また、v6プラスに対応した高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる点が人気の秘密でしょう。

無料レンタルできるWi-Fiルーターは3種類の中からお好きなものを選ぶことができ、中には希望小売価格が19,767円もするWi-Fiルーターまであります!

GMOとくとくBBのキャッシュバックは20,000円で、更にdポイントが2,000pt付いてきます。

したがって、GMOとくとくBBからドコモ光を申し込んだ場合、キャッシュバック・dポイント・Wi-Fiルーターをあわせて40,000円以上もお得になると言えるんです!

ちなみに、通常GMOとくとくBBからキャッシュバック20,000円を満額受け取るためにはオプション加入が必須となります。しかし、当サイトの下記ボタンからキャンペーンページに行くと、なんとオプションなしで20,000円ゲットできるんです!

ドコモ光を申し込み予定の方は、ぜひ実際に覗いてみて候補に加えてみてはいかがでしょうか。

\キャッシュバック+Wi-Fiルーター無料レンタル/

2.ソフトバンク光

ソフトバンク光 ロゴ

ソフトバンクが提供している光回線です。

携帯事業者が運営しているだけあって、ソフトバンクスマホやY!Mobileスマホの月額料金が割引になるセット割引サービス「おうち割 光セット」が適用できます。

また、他社回線から乗り換える際に掛かった解約金をソフトバンクが最大10万円まで補填してくれる『あんしん乗り換えキャンペーン』があるのも大きな特徴です。

ソフトバンク光のおススメ窓口

当社SoftBank光キャンペーン 特典A
当社SoftBank光キャンペーン 特典A
キャッシュバック
特典A
37,000円
キャッシュバック
特典B
32,000円
+Wi-Fiルーター
キャッシュバック
進呈時期
最短2ヵ月
こんな方におすすめ
  • オプションなしで申し込みたい
  • 評判の良い代理店で契約したい
  • 実績のある代理店で申し込みたい

エヌズカンパニーは、実際に申し込んだ方からのレビュー(感想)がとても良い代理店です。
エヌズカンパニーのレビューはこちらをご覧ください。

また、ソフトバンクから表彰されており、実績も充分!

エヌズカンパニーのキャンペーン特典はオプションに加入する必要がありません。
そのため、月額料金が高くなることなくスッキリした内容で申し込めます。
エヌズカンパニーの詳細はこちらをご覧ください。

\オプション不要で37,000円キャッシュバック/

3.ビッグローブ光

ビッグローブ光 ロゴ

老舗プロバイダのBIGLOBEが提供している光コラボレーションサービスです。

ビッグローブ光のメリットは、KDDIの子会社ということでauのスマホや携帯料金が割引になる「auスマートバリュー」、または光回線料金が割引になる「auセット割」が適用できることでしょう。

また、開通工事費は掛かりますが、その相当額が月額料金から割引され最終的に実質無料になります。

ビッグローブ光のおススメ窓口

ビッグローブ光代理店NNコミュニケーションズ
キャッシュバック
特典A
26,000円
キャッシュバック
特典B
21,000円
+Wi-Fiルーター
キャッシュバック
進呈時期
最短2ヵ月
こんな方におすすめ
  • 早くキャッシュバックを受け取りたい
  • 有線よりWi-Fiメインで使いたい
  • オプションなしで申し込みたい

NNコミュニケーションズは最短2ヵ月でキャッシュバックが振り込まれます。そして、特典Bを選んだ場合のWi-Fiルーターは開通後10日前後で発送されます。NNコミュニケーションズは特典の対応が早くすぐに手に入るのが嬉しいです。

また、特典BのWi-Fiルーターはインターネットの速度を安定させる通信方式IPv6接続に対応しています。
そのため、Wi-Fiでも快適にインターネットができます。さらに、Wi-Fiルーターが無料で貰えるため有線よりWi-Fiで利用する方に最適の窓口です。

\キャッシュバック21,000円+高性能Wi-Fiルーター進呈/

まとめ

フレッツ光 マンションタイプの一つ、VDSL配線方式の概要と料金体系、メリット・デメリットなどについて紹介しました。

今記事のまとめです。

  • 光回線のVDSL方式は、集合住宅の既設の電話回線を利用した配線方式
  • メリット:工事がすぐに終わる場合が多く、無派遣工事の可能性も高い
  • デメリット:最大通信速度が100Mbpsと遅い
    ※とはいえ実生活においては十分な速度が出る

もしも引越し先のマンションがVDSL方式だった場合は、この記事の事を思い出して参考にしていただけましたら幸いです。

尚、個人でフレッツ光回線を使いたい方には、『光コラボレーション・サービス』をおすすめいたします。

フレッツ光の回線品質や速度はそのままで、お得なキャンペーンやサービスが利用できるからです。

下記記事で、おすすめの光コラボレーションサービスとお得なキャンペーン窓口を紹介していますので、興味がありましたらぜひ確認してみてください。

>おすすめの光コラボレーションサービスはこちら