ドコモ光プロバイダのマルウェア不正通信ブロッキング対応状況を調べてみた【ACTIVEプロジェクト】

ドコモ光プロバイダのマルウェア不正通信ブロッキング対応状況を調べてみた【ACTIVEプロジェクト】
ドコモ光プロバイダのマルウェア不正通信ブロッキング対応状況を調べてみた【ACTIVEプロジェクト】

マルウェア不正通信ブロッキングという機能をご存知でしょうか?

マルウェアとは悪意のあるソフトウェアの総称で、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、キーロガー、ランサムウェア、アドウェアなど多くの種類があります。

マルウェアはデータ破壊やデータ盗難といった不正かつ有害に動作させる意図で作成されたソフトウェアやコードですので、インターネット利用者にとって大変危険な存在です。

もちろん、パソコンなどの接続端末をマルウェアに感染させないことが第一なのですが、万が一感染してしまっても、プロバイダ側で不正通信を検知・遮断してくれれば被害は最小限に抑えられます。

その機能を持つのが、『マルウェア不正通信ブロッキング』です。

ドコモ光の場合、マルウェアブロッキング対応がなされているかは、プロバイダによって異なります。

契約時にプロバイダを選択する際は、マルウェアブロッキングを導入しているかなどもチェックするようにしましょう。

マルウェアブロッキングの導入が確認できたドコモ光のプロバイダ
  • ぷらら
  • ビッグローブ(BIGLOBE)
  • OCN
  • @nifty(アット・ニフティ)
  • hi-ho(ハイホー)
  • DTI
  • 楽天ブロードバンド
  • BBエキサイト
  • エディオンネット
  • ドコモnet
  • GMOとくとくBB
  • タイガースネット.コム

今記事では、マルウェア不正通信ブロッキングや官民連携プロジェクト「ACTIVE」、またドコモ光の提携プロバイダにおけるマルウェアブロッキング対応状況について紹介いたします。

尚、ドコモ光の申し込みに迷っているなら下記の記事がおすすめです。

おすすめの窓口を厳選して紹介しているので、ここさえおさえておけば申し込みで失敗することはないでしょう。

興味のある方はぜひご覧になってみてください。

>ドコモ光の申し込みにおすすめの窓口はこちら

マルウェア不正通信ブロッキングとは

マルウェアに感染したパソコンなどの接続機器が、悪意のある第三者が設置した外部のC&Cサーバーと不正な通信を行おうとした場合に、その通信を検知して遮断する機能をマルウェアブロッキングといいます。

下図は、ドコモ光のプロバイダであるドコモnetの「マルウェア不正通信ブロッキング機能」のイメージです。

マルウェア不正通信ブロッキング機能 未利用時
マルウェア不正通信ブロッキング機能 利用時

マルウェアブロッキングを利用していなかった場合、パソコンなどの接続機器がマルウェアに感染すると、無断で外部のC&Cサーバーと通信して、インターネットバンキングの不正送金やマイナンバーなどの個人情報漏えいなどを行ってしまい、ユーザーに甚大な被害をもたらす可能性があります。

マルウェアブロッキング機能を利用しておけば、マルウェアが外部のC&Cサーバーとの通信を行おうとすると未然に遮断するため、ユーザーは被害を最小限に防ぐことができます。

これからドコモ光の申し込みをする方は、マルウェアブロッキングといった不正通信を検知・遮断するサービスを提供しているプロバイダを利用した方が、より安心してインターネットを楽しめるでしょう。

マルウェア被害防止プロジェクト「ACTIVE」の不正通信遮断対策

「ACTIVE」は官民連携の マルウェア対策プロジェクト

マルウェア被害防止プロジェクト「ACTIVE」は、マルウェアによる被害を防止することで国民の安心安全なインターネット環境を守るために発足しました。

「ACTIVE」は、総務省と複数のプロバイダ事業者やセキュリティベンダー事業者等の官民連携プロジェクトです。

総務省はプロジェクト「ACTIVE」の一環として、2016年2月26日にマルウェアに感染したパソコンなどの接続端末とC&Cサーバー間の通信を検知・遮断するための取り組みを開始しました。

「ACTIVE」ではインターネット事業者単独では実施することが難しい取組を行っているため、国内の主要なインターネットサービス事業者やウイルス対策ベンダーの多くが参画しています。

ドコモ光の提携プロバイダにおけるマルウェアブロッキング対応状況

ドコモ光の提携プロバイダの中で、マルウェア対策プロジェクト「ACTIVE」に参加している企業を調べてみました。

プロバイダ名会社名
ぷらら株式会社NTTぷらら
ビッグローブ(BIGLOBE)ビッグローブ株式会社
OCNエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
@nifty(アット・ニフティ)ニフティ株式会社
hi-ho(ハイホー)株式会社ハイホー

こちらの5社は、マルウェア不正通信ブロッキングサービスを提供しています。

ドコモ光のプロバイダは24社あるので残りの19社も調べてみました。

調査方法は、各事業者のWebサイト内にマルウェア不正通信ブロッキングに関する詳細ページ、もしくはサービス開始のプレスリリースを出しているかです。

すると、以下の7社がマルウェア不正通信ブロッキングを導入していることがわかりました。

プロバイダ名会社名
DTI株式会社ドリームトレインインターネット
楽天ブロードバンド楽天コミュニケーションズ株式会社
BBエキサイトエキサイト株式会社
エディオンネット株式会社エディオン
ドコモnet株式会社NTTドコモ
GMOとくとくBBGMOインターネット株式会社
タイガースネット.コム(Tigers-net.com)アイテック阪急阪神株式会社

プロジェクト「ACTIVE」の参加企業と合わせると合計12社ということになります。

マルウェアブロッキング機能の注意点

マルウェア不正通信ブロッキングはインターネットを安心・安全に利用するためには欠かせない機能ともいえますが、機能の本質を理解しておくことが重要です。

以下の注意点を心に留めておきましょう。

  • マルウェア不正通信ブロッキング機能は、パソコンやスマートフォン等の端末がマルウェアに感染することを防止する機能ではない
  • 全ての悪意のある通信を遮断できるとは限らない
  • マルウェア感染における損害等はユーザー自身の責であり、駆除や感染防止はユーザー自身で実施する
  • マルウェア不正通信ブロッキング機能は、マルウェアに感染した原因等の特定はできない

マルウェアの被害にあわないために

マルウェア不正通信ブロッキング機能は万全ではありません。

ですので普段からセキュリティ知識を高め、感染リスクを下げるようにましょう。

利用者本人のセキュリティ知識を高める

  • セキュリティ意識の高いプロバイダを選択する
  • マルウェアに感染しないための方法を知る
  • マルウェアに感染してしまった場合の対処法を知る

マルウェアに感染しないための知識

  • ウイルス・マルウェア対策を完備した総合セキュリティソフトを接続端末にインストールしておく
  • セキュリティソフトの定義ファイルをアップデートしてバージョンを最新に保つ
  • Eメールの添付ファイルは必ずセキュリティソフトのチェックを受けてから開封する
  • 開発元の不明瞭な怪しいアプリケーションやソフトをインストールしない
  • OSやインターネットブラウザのバージョンを最新の状態に保つ
  • ファイアウォールの設定をONにする

万が一、マルウェアに感染してしまった場合の対処方法

  • ウイルス・マルウェア対策を完備した総合セキュリティソフトで駆除する

まとめ

マルウェア不正通信ブロッキングや官民連携プロジェクト「ACTIVE」、またドコモ光の提携プロバイダにおけるマルウェアブロッキング対応状況について紹介しました。

今記事のまとめです。

マルウェアに感染したパソコンなどの接続機器が、悪意のある第三者が設置した外部のC&Cサーバーと不正な通信を行おうとした場合に、その通信を検知して遮断する機能をマルウェアブロッキングといいます。

これからドコモ光を契約するなら、出来るだけマルウェアブロッキングを導入しているプロバイダを選択しましょう。

マルウェアブロッキングの導入が確認できたドコモ光のプロバイダ
  • ぷらら
  • ビッグローブ(BIGLOBE)
  • OCN
  • @nifty(アット・ニフティ)
  • hi-ho(ハイホー)
  • DTI
  • 楽天ブロードバンド
  • BBエキサイト
  • エディオンネット
  • ドコモnet
  • GMOとくとくBB
  • タイガースネット.コム

尚、マルウェア不正通信ブロッキングはマルウェア感染を防ぐものではなく、感染してしまった場合の被害を軽減するための機能です。

つまり本質に目を向ければ、マルウェアに感染しないための知識を身につけること、そして、感染してしまった場合の対処法を知っておくことが重要になります。

普段から感染リスクを減らし、安全にインターネットを楽しみましょう。

尚、ドコモ光をどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選しました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

>ドコモ光の申し込みにおすすめの窓口はこちら