ビッグローブ光を契約すると地デジも観られるって本当?はい、光テレビオプションで視聴可能です!

ビッグローブ光を契約すると地デジも観られるって本当?はい、光テレビオプションで視聴可能です!
ビッグローブ光を契約すると地デジも観られるって本当?はい、光テレビオプションで視聴可能です!
こまきち
こまきち

光回線があれば地デジ放送が視聴できるって聞いたんだけど、ビッグローブ光でもテレビが観られるようになるのかな?

地デジ放送を観る方法といえば、「自前で受信アンテナを用意する」「ケーブルテレビの視聴サービスを利用する」などがありますが・・・

光回線サービスでも、テレビを視聴できます!

もちろん、ビッグローブ光でも。

ただし、オプションサービス「ビッグローブ光テレビ」の申し込みが必要です。

本記事ではビッグローブ光の光テレビサービスについて、詳しく紹介いたします。

ビッグローブ光の申し込みと同時にテレビ視聴サービスを利用したいと考えている人は、サービス内容をしっかりと確認しておきましょう。

ビッグローブ光テレビのメリット
  • アンテナ不要なので建物の外観を損なわない
  • 初期費用がアンテナ設置よりも安い
  • アンテナ不要なので、雨や雪・風などの悪天候の影響を受けない
  • サービス解約に解除料が発生しない、電話1本で済む
ビッグローブ光テレビのデメリット
  • 月額料金825円(税込)が発生する

尚、ビッグローブ光の申し込みに迷ったら下記の記事がおすすめです。

申し込みにおすすめの窓口を厳選して2つ紹介しております。
ここさえおさえておけば申し込みで失敗することはないでしょう。

興味のある方はご覧になってみてください。

>ビッグローブ光の申し込みにおすすめの窓口はこちら

ビッグローブ光テレビとは

ビッグローブ光テレビのイメージ

ビッグローブ光テレビは、光回線を使ってテレビ放送を見ることができるサービスです。

一般的なテレビの視聴方法といえば、自宅の屋根やマンションに設置したUHFアンテナやパラボラアンテナを使いますが、ビッグローブ光テレビの場合はアンテナが不要

そのため、建物の外観を損なうことはありませんし、雨や雪、風などの悪天候でも電波が乱れにくいので快適なテレビ視聴ができるのが特徴です。

尚、ビッグローブ光はBIGLOBEがNTTのフレッツ光回線を借り、自社のプロバイダサービスとセットにして提供している光回線サービスで、このようなモデルを光コラボレーションと言います。

ビッグローブ光は光コラボレーション・サービス

ビッグローブ光テレビもNTTの回線を利用しているテレビサービスで、実はフレッツテレビと内容は全く同じものなんです。

ビッグローブ光テレビの初期費用

ビッグローブ光テレビの利用には、ビッグローブ光の工事とは別にテレビ視聴用の接続工事が必要になり、工事費が発生します。

料金のイメージ

工事費は大きく下記の2つに分けられます。

  • 基礎工事費(屋外の工事)
  • 屋内配線工事費(屋内の工事)

基礎工事費は、一律 3,300円(税込)です。

屋内同軸配線工事費は、テレビ1台であれば7,150円(税込)で確定ですが、複数台配線となると別途料金が掛かっていきます。

内訳の参考例は下記のとおりですが、現場によって変動するので、工事費の詳細はビッグローブ光開通センターに問い合わせをしておくといいでしょう。

テレビ複数台配線工事の場合(2~4台)21,780円(税込)
端末接続工事3,630円(税込)
端末設定工事1,870円(税込)
テレビ端子接続工事3,850円(税込)
同軸ケーブル新設工事5,500円(税込)
同軸コード新設工事880円(税込)
ブースター設置工事13,200円(税込)
2分配器新設工事3,080円(税込)
3/4分配器新設工事4,400円(税込)
6/8分配器新設工事7,150円(税込)
同軸基本工事4,950円(税込)
チェックポイント

屋内同軸配線工事は自分で行うことも可能で、その場合は屋内配線工事費の支払いは必要ありません。

ビッグローブ光テレビの月額料金

ビッグローブ光テレビは有料オプションで、825円(税込)の月額基本料金が掛かります。

この基本料金で視聴できるのは下記の番組です。

ビッグローブ光テレビで視聴可能な番組
  • 地上デジタル放送
  • BSデジタル放送
  • CSデジタル放送
  • 新4K8K衛星放送
  • FMラジオ
チェックポイント

インターネット回線を使ったテレビ視聴サービスなので、NHKの受信契約や受信料の支払いは必要ないと思っている人が多いんですが、残念ながらNHKの受信契約は別途必要です
ちゃんとお支払いください・・・!

ビッグローブ光テレビのエリア

エリアのイメージ

ビッグローブ光自体は日本全国ほとんどの地域で契約可能ですが、ビッグローブ光テレビの利用可能エリアは限られています。

東日本の提供エリア

東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、新潟、長野、福島、宮城、山形、岩手、北海道

西日本の提供エリア

大阪、和歌山、石川、京都、奈良、滋賀、兵庫、愛知、静岡、岐阜、三重、広島、岡山、香川、徳島、福岡、佐賀の各都道府県の一部地域

上記の提供エリアに記載のない県にお住まいの方は、残念ながらビッグローブ光テレビは申し込みできません。

また、東日本と西日本で利用できるタイプが異なります。

東日本戸建てファミリータイプと光配線方式のマンションタイプ
西日本戸建てファミリータイプのみ

今のところ、西日本のマンションタイプにお住まいの方は利用できないんです

ビッグローブ光テレビのメリットとデメリット

最後に、ビッグローブ光テレビのメリットとデメリットを紹介いたします。

ビッグローブ光テレビのメリット

メリット
ビッグローブ光テレビのメリット
  • アンテナ不要なので建物の外観を損なわない
  • 初期費用がアンテナ設置よりも安い
  • アンテナ不要なので、雨や雪・風などの悪天候の影響を受けない
  • サービス解約に解除料が発生しない、電話1本で済む

ビックローブ光テレビの最大のメリットといえば、アンテナが不要な点です。

建物の景観を損なう事が無いことから、新築一戸建ての人が申し込みをすることが多いようですよ。

また、初期費用はアンテナを立てるよりも安く済みます。

アンテナの設置は安いところでも5万~6万円くらい掛かりますからね。

あと、アンテナの場合は天候に影響されて映像が乱れたり見れなくなってしまう場合がありますが、ビッグローブ光テレビなら停電しない限り大丈夫です!

また、サービスの解約時にお金が掛からない点も重要なポイントです。

ビッグローブ光テレビにはインターネット回線のように2年契約・3年契約などの縛りがないため、高額の違約金等は発生しません。

インフォメーションデスクにサービスの解約を申し出るだけで良く、電話1本で解約できるので気楽です。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話番号
(通話料無料)
0120-86-0962
電話番号
(通話料有料)
03-6385-0962
※携帯電話、IP電話の場合
受付時間9:00~18:00、365日受付

ビッグローブ光テレビのデメリット

デメリット

ビッグローブ光テレビの唯一のデメリットといえば、やはりランニングコストがかかることでしょう。

月額料金の825円(税込)です。

アンテナ設置の場合は月額料金が掛かりませんからね。

とはいえ、アンテナが古くなったり壊れた時は高額のメンテナンス費用が掛かるので、一概にビッグローブ光テレビの月額料金がデメリットであるとは言えないかもしれません。

まとめ

ビッグローブ光のオプションサービス「ビッグローブ光テレビ」について詳しく紹介しました。

今記事のまとめです。

ビッグローブ光テレビは、光回線を使ってテレビ放送を見ることができるサービスです。

そのメリットとデメリットは下記の通り。

ビッグローブ光テレビのメリット
  • アンテナ不要なので建物の外観を損なわない
  • 初期費用がアンテナ設置よりも安い
  • アンテナ不要なので、雨や雪・風などの悪天候の影響を受けない
  • サービス解約に解除料が発生しない、電話1本で済む
ビッグローブ光テレビのデメリット
  • 月額料金825円(税込)が発生する

特に、景観などの問題でアンテナを設置したくない人、アンテナの受信感度が悪い地域に住んでいる人にはおすすめです!

ぜひ、ビッグローブ光と併せて導入をご検討ください。

ビッグローブ光をどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選して2社選びました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

>ビッグローブ光の申し込みにおすすめの窓口はこちら

ビッグローブ光のすべてと厳選おすすめ申込先ランキング
ビッグローブ光をどこで申し込もうか迷っている方向けにおすすめ窓口を厳選して紹介します。キャッシュバック額や手続き方法などまとめましたので参考にしてください。また、疑問や不安を解決できるようにカテゴリーごとに分けました。詳しくはこちら!