光コラボの「ビッグローブ光」と「フレッツ光+BIGLOBE」はどっちがお得?料金、工事費、キャンペーン特典を比較してみました

光コラボの「ビッグローブ光」と「フレッツ光+BIGLOBE」はどっちがお得?料金、工事費、キャンペーン特典を比較してみました
光コラボの「ビッグローブ光」と「フレッツ光+BIGLOBE」はどっちがお得?料金、工事費、キャンペーン特典を比較してみました
  1. 『フレッツ光+BIGLOBE』
  2. 光コラボレーション『ビッグローブ光』

この2つは、どちらも『回線はNTTでプロバイダはBIGLOBEという組み合わせのインターネット回線ですが、実は別物です。

では両者は一体何が違うのでしょうか?

答えは、契約先が違うんです。

「フレッツ光+BIGLOBE」の場合は回線契約はNTT、プロバイダ契約はビッグローブと結びますが、「ビッグローブ光」はビッグローブのみと契約すればOK。

図にするとこんな感じになります↓

フレッツ光と光コラボレーションの違い
光コラボレーションとは

プロバイダなどの事業者がNTTのフレッツ光回線を借り、自社のサービスを付加して展開している光回線サービスのこと。略して光コラボとも言います。
有名どころだとソフトバンク光、ビッグローブ光、OCN光などが光コラボレーションです。

また、各種料金やサービス内容にも違いがあります。

回線とプロバイダが同じなのにこんなに違いがあるんですか?

そうなんです。

そのため、一体どちらを契約すればよいのか悩んでしまう方もいらっしゃるようですが・・・

私のおススメは「ビッグローブ光」です!

ビッグローブ光をおすすめする理由
  • 月額料金は「ビッグローブ光」の方が安くなるケースが多い
  • ビッグローブ光は開通工事費が実質無料になる
  • キャンペーンは「ビッグローブ光」の方が断然充実している!

この記事では、「ビッグローブ光」と「フレッツ光+BIGLOBE」を比較し、なぜビッグローブ光の方がおススメなのかを解説いたします。

どちらにしようか決めかねていた方は、ぜひチェックしてみてください。

尚、ビッグローブ光の申し込みに迷ったら下記の記事がおすすめです。

申し込みにおすすめの窓口を厳選して2つ紹介しております。
ここさえおさえておけば申し込みで失敗することはないでしょう。

興味のある方はご覧になってみてください。

>ビッグローブ光の申し込みにおすすめの窓口はこちら

ビッグローブ光とフレッツ光+BIGLOBEを比較しよう

細かく解説する前に、両者の大まかな違いを表にまとめました。

フレッツ光は運営会社のNTTが東西に分かれている関係で、東と西で料金やプランなどに違いがあります。

一方、ビッグローブ光は2年プランと3年プランに分かれていて、料金などに差があります。

フレッツ光ビッグローブ光
契約先NTT東日本・NTT西日本ビッグローブ
利用回線NTT回線NTT回線
最大速度1Gbps1Gbps
初期費用880円(税込)2年プラン:1,100円(税込)
3年プラン:3,300円(税込)
ファミリータイプ
月額料金
東日本:5,830円(税込)
西日本:5,390円(税込)
※プロバイダ料金別
2年プラン:5,698円(税込)
3年プラン:5,478円(税込)
マンションタイプ
月額料金
東日本:3,905円(税込)
    ~4,730円(税込)
西日本:4,026円(税込)
    ~5,016円(税込)
2年プラン:4,488円(税込)
3年プラン:4,378円(税込)
工事費用ファミリー:19,800円(税込)
マンション:16,500円(税込)
ファミリー:19,800円(税込)
マンション:16,500円(税込)
⇒割引でどちらも実質無料!

初期費用はビッグローブ光よりフレッツ光が安い

まずは、両者の「初期費用」から比較していきましょう。

NTTフレッツ光の場合は契約料、ビッグローブ光では事務手数料という名目で、契約時に1度だけかかる費用です。

フレッツ光ビッグローブ光
NTT東日本:契約料 880円(税込)
NTT西日本:契約料 880円(税込)
2年プラン:事務手数料 1,100円(税込)
3年プラン:事務手数料 3,300円(税込)

初期費用の手数料は、フレッツ光のほうが若干安めに設定されています。

ただ、この後比べる月額料金や工事料金に比べるとそこまで大きな金額では無いので、あまり気にすることはありません。

月額料金はビッグローブの方が安くなるケースが多い

フレッツ光とビッグローブ光の月額料金は、戸建て向けのファミリータイプと、集合住宅向けのマンションタイプで異なります。

タイプごとに見ていきましょう。

ビッグローブ光とフレッツ光のファミリータイプ月額料金比較

フレッツ光ビッグローブ光
NTT東日本:5,830円(税込)
NTT西日本:5,390円(税込)
2年プラン:5,698円(税込)
3年プラン:5,478円(税込)

両者を比較すると、ビッグローブ光の3年プランとNTT西日本の料金はほぼ同程度、NTT東日本は若干高いことが分かります。

ちなみに、フレッツ光東日本は各種割引により最初の2年間はこの料金で利用できますが、3年目以降は更に1,000円近く度高くなります。

ビッグローブ光とフレッツ光のマンションタイプ月額料金比較

前提として、フレッツ光のマンションタイプは同建物内の契約見込み軒数によってプランが決まり、数が多いほど月額料金が安くなる仕組みです。

  • 16契約以上見込める場合:プラン2
  • 8契約以上見込める場合:プラン1
  • 4契約以上見込める場合:プランミニ

一方、ビッグローブ光は2年プランと3年プランの2種類あり、料金が異なります。

フレッツ光ビッグローブ光
NTT東日本:3,905円(税込)
      ~4,730円(税込)
NTT西日本:4,026円(税込)
      ~5,016円(税込)
2年プラン:4,488円(税込)
3年プラン:4,378円(税込)

・・・と、このように一概にどちらが安いとは言えない結果になりました。

尚、フレッツ光東日本は各種割引により2年間はこの料金で利用できますが、3年目以降は高くなります。

ビッグローブ光の工事費は実質無料になる!

続いて、「工事費」を比較していきましょう。

「月額料金はそんなに差が無かったな・・・」と思っているあなたも、工事費の違いを見れば驚きを隠せないはずです。

ビッグローブ光とフレッツ光のファミリータイプ工事費比較

フレッツ光ビッグローブ光
NTT東日本:19,800円(税込)
NTT西日本:19,800円(税込)
2年プラン:19,800円(税込)
3年プラン:19,800円(税込)
⇒割引でどちらも実質無料!

ファミリータイプの工事費は、フレッツ光・ビッグローブ光共に同じ金額です。

ただし、ビッグローブ光の工事費はキャンペーンにより月額料金から割り引かれ、実質無料になるんです!

一方、フレッツ光はこのようなキャンペーンを行っていないため、工事費はそのまま請求されます。

開通工事費は決して安くないので、この差は大きいです!

ビッグローブ光とフレッツ光のマンションタイプ工事費比較

フレッツ光ビッグローブ光
NTT東日本:16,500円(税込)
NTT西日本:16,500円(税込)
2年プラン:16,500円(税込)
3年プラン:16,500円(税込)
⇒割引でどちらも実質無料!

マンションタイプの工事費もフレッツ光・ビッグローブ光共に同額です。

これは、両者とも同じNTTの回線を利用しているからだと思われます。

ただし、ビッグローブ光の工事費はキャンペーンにより月額料金から割り引かれ、実質無料になります

ビッグローブ光とフレッツ光の契約期間と解約金の違い

最後に、「契約期間と違約金」を比較しておきましょう。

フレッツ光ビッグローブ光
契約期間2年2年 or 3年
解約金
(ホーム)
NTT東日本:10,450円(税込)
NTT西日本:11,000円(税込)
2年:9,500円(不課税)
3年:11,900円(不課税)
解約金
(マンション)
NTT東日本:1,650円(税込)
NTT西日本:7,700円(税込)
2年:9,500円(不課税)
3年:11,900円(不課税)

NTT東日本は「にねん割」、NTT西日本は「光はじめ割」という月額料金割引キャンペーンを適用させることにより、2年毎の自動更新契約を結ぶ形となります。

一方ビッグローブ光は2年契約、もしくは3年契約のプランから選択します。

契約期間の間に訪れる更新月以外に解約すると、上記の解約違約金が掛かるので注意しましょう。

ホームの解約違約金はそんなに差が無いですが、東日本のマンションだけやけに安いのが不思議です。

キャンペーン特典はビッグローブ光がフレッツ光より充実している

現在、フレッツ光には申し込みでキャッシュバックが貰えるような個人向けのキャンペーンはありません。

どうやらNTTさんは、個人より法人客の獲得に力を入れているというのがもっぱらのウワサ。

一方、ビッグローブ光は公式を含め、キャッシュバックが貰える申し込みキャンペーンが充実しています!

特におすすめなのはWEB代理店窓口です。

公式に比べて知名度が低い代理店は、魅力的なキャンペーンを用意して集客しなければならないため、特典が一番豪華になりやすいんです。

どこから申し込んでもビッグローブ光の品質や速度は変わらないので、どうせならお得な窓口を活用しましょう。

参考までに、お勧めの代理店キャンペーンを一つ紹介しますので、ぜひ内容をチェックしてみてください。

ビッグローブ光代理店『NNコミュニケーションズ』のキャンペーン

ビッグローブ光キャッシュバック特典A
ビッグローブ光キャッシュバック特典A

正規代理店NNコミュニケーションズからビッグローブ光を申し込むと、2種類の豪華特典からお好きな方を選んで受け取ることができます!

  • 特典A:キャッシュバック
  • 特典B:キャッシュバック+ハイグレード高速無線LANルーター

特典A:キャッシュバック

条件特典内容
光回線のみ26,000円
光回線+光電話30,000円

特典B:キャッシュバック+ハイグレード高速無線LANルーター

条件特典内容
光回線のみ21,000円
+Wi-Fiルーター
光回線+光電話25,000円
+Wi-Fiルーター

転用・事業者変更時の特典

条件特典A特典B
光回線のみ10,000円5,000円
+Wi-Fiルーター

※【事業者変更のみ対象】ビッグローブ光電話の同時申し込みでキャッシュバックが4,000円増額になります。

NNコミュニケーションズのキャンペーンは、特典の豪華さもさることながら、簡単な申請方法を採用している点も非常におすすめ出来ます。

代理店の中には、複雑な手続きが必要だったり申請期間が決まっていて、万が一申請を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまうようなところもあります。

その点NNコミュニケーションズなら申し込み時に特典の手続きも一緒に完了するので、申請忘れ・貰い忘れの心配が一切無いんです!

特典申請自体もすごく簡単で、電話時にオペレーターに口座番号を聞かれるので、それに答えるだけで完了します。

※その場で口座番号が分からなくても、後からSMSで送られてくるフォームで申請すればOK。

後は待っているだけで、開通から最短2カ月で指定口座にキャッシュバックが振り込まれます。

また、キャンペーンサイトには実際にNNコミュニケーションズからビッグローブ光を申し込んだ方の最新の口コミ・レビューが投稿されていて、参考になります。

ビッグローブ光を申し込みを考えているなら、ぜひNNコミュニケーションズのキャンペーンサイトをチェックしてみてください!

高額キャッシュバックやWi-Fiルーターが貰える窓口↓

月額料金を安くするならビッグローブ光公式キャンペーンからの申し込みがおすすめ

WEB代理店のキャンペーンを紹介しましたので、次はビッグローブ光公式のキャンペーンを紹介しておきましょう。

ビッグローブ光の公式から申し込むと、「キャッシュバックキャンペーン」「月額料金大幅割引キャンペーン」のどちらか好きな方を選べるようになっています。

ただし、公式のキャッシュバック特典は振込時期が12ヵ月と遅く、申請手続きを忘れるとキャッシュバックがもらえなくなってしまうリスクがあるんです。

一方、月額料金大幅割引の方は手続き不要で自動的に適用され、受け取り忘れの心配がありません。

しかも、『月額料金大幅割引』はビッグローブ公式窓口しか実施していない特別なキャンペーンなんです!

  • キャッシュバックより節約を優先したい
  • 特典は手続き不要で自動で適用して欲しい・・・

そんなあなたには、ビッグローブ光公式の月額料金大幅割引キャンペーンをお勧めします。

\月額料金割引キャンペーンはここ!/

まとめ

「ビッグローブ光」と「フレッツ光+BIGLOBE」を比較し、どちらがおすすめかを解説しました。

この記事のまとめです。

結論、次の理由から「フレッツ光+BIGLOBE」より「ビッグローブ光」の方がおすすめです!

ビッグローブ光をおすすめする理由
  • 月額料金は「ビッグローブ光」の方が安くなるケースが多い
  • ビッグローブ光は開通工事費が実質無料になる
  • キャンペーンは「ビッグローブ光」の方が断然充実している!

ビッグローブ光をどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選して2社選びました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

>ビッグローブ光の申し込みにおすすめの窓口はこちら

ビッグローブ光のすべてと厳選おすすめ申込先ランキング
ビッグローブ光をどこで申し込もうか迷っている方向けにおすすめ窓口を厳選して紹介します。キャッシュバック額や手続き方法などまとめましたので参考にしてください。また、疑問や不安を解決できるようにカテゴリーごとに分けました。詳しくはこちら!