auひかりは速いの?遅いの?実際に利用している方の声を集めてみた

auひかりは速いの?遅いの?実際に利用している方の声を集めてみた
auひかりは速いの?遅いの?実際に利用している方の声を集めてみた
こまきち
こまきち

auひかりが気になっているんだけど、実際のところ通信速度ってどうなの?
ユーザーの声が聞きたいなぁ

auひかりの最大通信速度は公式サイトなどで調べることが出来ますが、契約を考えている人は、実際に利用した際の実測値が遅いのか・速いのかも気になっているところでしょう。

そこで今記事では、実際にauひかりを利用している方の速度に関する口コミ・評判を集めて紹介いたします。

結論から言ってしまうと、auひかりは速いと言っている方の方が断然多かったです!

これは、auひかりは『IPv4/IPv6デュアルスタック』という独自の通信方式を標準装備しているためだと考えられます。

一方で『遅い』と感じている方も少数ですがいらっしゃいました。

そこで、auひかりの速度が遅かった場合の改善方法も併せて紹介いたします。

契約を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

尚、auひかりの申し込みに迷ったら下記の記事がおすすめです。

申し込みにおすすめの窓口を厳選して3つ紹介しております。
ここさえおさえておけば申し込みで失敗することはないでしょう。

興味のある方はご覧になってみてください。

>auひかりの申し込みにおすすめの窓口はこちら

auひかりの最大通信速度はタイプやプランによって異なる

auひかりは、戸建て向けの『ホーム』と、集合住宅向けの『マンション』に分かれます。

また、ホームはお住まいのエリアによって更に『ホーム』と『ホーム(S)』に。

マンションは、住宅の種類や建物内に導入されている配線設備によって8つのタイプに分かれ、それぞれ最大通信速度が異なっているんです。

まずは、自宅がどのタイプに当てはまるか確認しましょう。

auひかりのエリア検索方法↓

マンションやアパートにお住まいの場合でも、auひかりの配線設備が未導入の場合は『ホーム』での契約となります。
ただしこの場合、工事でビス止めや穴あけを行う可能性があるため、建物の管理会社またはオーナーに事前に許可を取っておかなければなりません。

auひかりホームの最大通信速度

auひかりホームは、エリアによって2種類に分かれます。

  1. auひかりホーム
  2. auひかりホーム(s)

auひかりホームの最大通信速度は1~10Gbps

auひかり ホームは、KDDIの自社回線提供エリア内にある一戸建て向けの光回線方式インターネットサービスです。

基本のプランの最大通信速度は下り・上りともに1Gbps

一般的な光回線と同等です。

また、東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリアでは下り・上り5Gbps、10Gbpsの超高速プランの提供も行っています。

まだ1都3県のみですが、提供エリアは徐々に増えていくでしょう。

auひかりの超高速サービスについて、詳しくはこちら↓

auひかりホーム(S)の最大通信速度は1Gbps

auひかり ホーム(S)は、NTTのダークファイバー網を借りて提供している一戸建て向けの光回線方式インターネットサービスです。

ダークファイバーは、NTTが予備として設置した光回線を指します。

最大通信速度は下り・上りともに1Gbps

ホーム(S)では5Gbps・10Gbpsのプランは提供していません。

auひかりマンションの最大通信速度

auひかり マンションは、住宅の種類や配線方式によって全部で8種類のタイプに分かれ、最大通信速度が異なります。

表にまとめました。

配線方式最大通信速度
タイプV
都市機構
VDSL方式
※電話線
下り:100Mbps
上り:100Mbps
タイプG
都市機構G
G.fast
※電話線
下り:664Mbps
上り:166Mbps
タイプEイーサネット
※LAN配線
下り:100Mbps
上り:100Mbps
タイプF光回線下り:100Mbps
上り:100Mbps
ギガ
ミニギガ
光回線下り:1Gbps
上り:1Gbps

それぞれの配線方式について解説いたします。

VDSL方式の最大通信速度は上り下り100Mbps

VDSL方式 auひかり マンション

VDSLは、auひかりマンションで一番多く導入されている配線方式です。

建物共用部までは光ファイバーが引き込まれていて、建物共用部から各戸までは既設の電話線(VDSL)を利用しています。

そのため、ホームのような速さは出せません。

VDSL方式を採用している集合住宅の最大通信速度は、下り・上りともに100Mbpsです。

G.fast方式の最大通信速度は下り664Mbps/上り166Mbps

G.fast方式 auひかり マンション

「G.fast方式」は、電話回線にもちいるメタルケーブルを利用した新しい通信規格です。

最大値通信速度は、下り664Mbps/上り166Mbps

同じ配線を利用していますがVDSL方式より劇的に速いのが特徴で、KDDIは今後このタイプを増やしていきたい模様。

現在タイプVのマンションに対しても、徐々にタイプGに切り替えていく予定です。

イーサネットの最大通信速度は上り下り100Mbps

イーサネット方式 auひかり マンション

イーサネット方式は、棟内に張り巡らせたLAN配線を利用してインターネットを提供します。

この配線方式の最大通信速度は、下り・上りともに100Mbps

電話線と比べて電波干渉が少ないため、安定した速度が出やすいのが特徴です。

光回線(タイプF)の最大通信速度は上り下り100Mbps

光配線方式 auひかり マンション

マンションの建物共用部まで光ファイバーを引き込み、建物共用部から各戸までも棟内の光配線を活用してインターネットに接続します。

ただし、タイプFは建物の共用部からデータを送信する機器の速度が100Mbps対応のため、最大通信速度も下り・上りともに100Mbpsです。

光回線(ギガ/ミニギガ)の最大通信速度は上り下り1Gbps

光配線方式 auひかり マンション

各戸まで光ファイバーで配線するため安定した速度が出やすく、最大通信速度は下り・上りともに1Gbpsです。

auひかりマンションの中で、一番ホームに近いタイプと言えるでしょう。

auひかりの速度に関する評判は遅い?速い?

auひかりを実際に利用している方の速度に関する口コミ・評判をSNSのTwitterで集めました。

『遅い』という口コミと、『速い』という口コミに分けて紹介いたします。

auひかりの速度が遅いと感じた人たちの評判・口コミ

正直言いまして、Twitterで『auひかり 遅い』と検索してみても、実際に遅いと嘆いているようなツイートはあまり見つかりませんでした。

大体の方は、速度に満足しているようです。

結構スクロールしてやっと見つけたツイートを紹介いたします。

auひかりにしてストレスなし!速度に満足している人の評判・口コミ

一方、Twitterで『auひかり 速い』と検索すると、たくさんの速度測定結果が出てきました。

下り速度が600Mbpsを超えています。

これだけ速ければ、YoutubeやNetflixなどの動画サービスを高画質モードで視聴してもカクつくことは無いでしょう!

この方は『速い』とは言っていませんが、マンションタイプVの下り最大通信速度100Mbpsに対し実測値は86Mbpsですので、実はとても優秀だと思います。

この方は下り800Mbps超え、上り900Mbps超え、応答速度を表すPING値は10msです。

完全な回線強者と言えるでしょう!

実際、一般家庭の普段使いでここまでの速度が必要になることはそう無いのですが、スピードテストをするのが楽しくなっちゃいそうです。

【参考】YouTubeの再生に推奨されるおおよその速度
動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p 2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

auひかりが速いのは『IPv4/IPv6デュアルスタック方式』を標準装備しているから

なぜauひかりは速度の評判がこんなにも良いのでしょうか。

これは、auひかりが『IPv4/IPv6デュアルスタック方式』を採用しているからだと言われています。

今まで主流だったIPv4という接続方式は、ネット人口やIT家電などの接続機器の増加により、発行できるIPアドレスが枯渇し混雑が起きやすい状況になってしまいました。

そこで開発されたのが、無限に近いIPアドレスを発行できるIPv6接続方式です。

auひかりが採用している「IPv4/IPv6デュアルスタック」は、IPv6接続上でIPv4対応サイトも閲覧できる仕組みで、高速・快適にすべてのインターネットを利用することができます。

IPv6接続とIPv4接続のイメージ

他光回線でも似たような仕組みを持つところはありますが、そのほとんどがオプション扱いになっていて別途申し込みや設定が必要なところ、auひかりはこれを標準装備

そのため、誰でも速さを実感しやすいというわけなんです。

auひかりの速度が遅い場合の改善方法

auひかりの通信速度が慢性的に遅くなってしまった場合、端末や接続機器など、自宅内のインターネット環境が原因になっている可能性が考えられます。

ご自宅で使用している接続機器の規格が古かったり、LANケーブルのカテゴリーがあっていないと、思うように速度が出なくなってしまうことがあるんです。

そこで、自分で出来る改善方法を5つ紹介いたします。

  1. 各機器の電源を入れ直す
  2. Wi-Fiルーターの無線LAN規格を確認
  3. LANケーブルの規格を新しくする
  4. PCのハードディスクを最適化する
  5. Wi-Fiルーターの周波数を2.4GHzまたは5GHzに変えてみる

1.各機器の電源を入れ直す

一番手っ取り早いのは、接続機器のホームゲートウェイやWi-Fiルーターを再起動させることです。

すべてのケーブルやコンセントを抜き、再度接続しなおして電源を入れます。

例えばケーブルが外れかけていて速度が遅くなってしまうケースもあるため、これだけで回線速度が改善されることは意外と多いです。

2.Wi-Fiルーターの無線LAN規格を確認

無線でPCやスマホを接続されている方は、Wi-Fiルーターの規格を確認してみてください。

Wi-Fi規格は箱や本体に記載されています。

世代通信規格最大通信速度周波数
第1世代IEEE 802.11a
(11a)
54Mbps5GHz帯
第2世代IEEE 802.11b
(11b)
11Mbps2.4GHz帯
第3世代IEEE 802.11g
(11g)
54Mbps2.4GHz帯
第4世代
(Wi-Fi4)
IEEE 802.11n
(11n)
600Mbps2.4GHz帯
5GHz帯
第5世代
(Wi-Fi5)
IEEE 802.11ac
(11ac)
6.9Gbps5GHz帯
第6世代
(Wi-Fi6)
IEEE 802.11ax
(11ax)
9.6Gbps2.4GHz帯
5GHz帯

下にいくほど新しい規格のため、現在では「11ax」が最新になります。

auひかりでWi-Fiを飛ばす場合、最低でも「11ac」もしくは「11ax」であることが望ましいです。

それより古い規格のWi-Fiルーターを利用している方は、そろそろ買い替え時と言えるでしょう。

3.LANケーブルの規格を新しくする

LANケーブルもどんどん規格が新しくなっています。

カテゴリー最大速度伝送帯域
CAT5100Mbps100MHz
CAT5E1Gbps100MHz
CAT61Gbps250MHz
CAT6A10Gbps500MHz
CAT710Gbps600MHz
CAT7A10Gbps1000MHz
CAT840Gbps2000MHz

LANケーブルのカテゴリーは、ケーブル自体に記載されている場合が多いです。

auひかりの最大通信速度が1Gbpsのプランを契約しているのであれば、最低でも「5e」以上のLANケーブルをご利用下さい。

4.PCのハードディスクを最適化する

PCは日々使用していると、どうしてもファイルがバラバラになり『断片化』が起こります。

一つ一つの断片は小さいですが、溜まっていけばPCの速度や能力に悪い影響を及ぼしますので、時々「デフラグ」という作業を行って端末内を掃除しましょう。

Windowsパソコンのデフラグの手順
  1. 『スタート』→検索画面に『デフラグ』と打ち込む
  2. 『ドライブのデフラグと最適化』をクリック
  3. 『ドライブの最適化』が開く
  4. デフラグしたいハードディスクドライブを選択し、『最適化』をクリック
    ※まずは「C」ドライブからデフラグを行って下さい

5.Wi-Fiルーターの周波数を2.4GHzまたは5GHzに変えてみる

ほとんどのWi-Fiルーターは、「2.4GHz帯」と「5GHz帯」の2種類の周波数を使うことができます。

基本的には5GHzの方が速いですが、それぞれメリット・デメリットがあるので、試しに切り替えてみましょう。

周波数5GHz2.4GHz
メリット・通信速度が速い
・電波どうしで干渉しない
・電波が遠くまで届く
・障害物に強い
デメリット・障害物に弱い・通信速度が遅い

Wi-Fiルーターと端末の間を隔てている壁や床が多いときなどは、2.4GHz帯の方が電波が良くなる場合もあります。

まとめ

auひかりを実際に利用している方の速度に関する口コミ・評判を集めて紹介しました。

今記事のまとめです。

auひかりは、速いと言っている方の方が断然多かったです!

その理由は、回線混雑を避けて快適にインターネット通信が出来る『IPv4/IPv6デュアルスタック』を標準装備しているためだと考えられます。

他社回線でも似たような仕組みを導入しているところは増えていますが、そのほとんどはオプション扱いで別途申し込みが必要だったり、専用機器を有料レンタルしないと使えない場合もあるので、全員が利用しているわけではありません。

一方、auひかりは標準装備なので、契約者全員が速さを実感しやすいという利点があります。

実際ツイッター上の評判・口コミも上々ですので、auひかりの申し込みを検討していた方は、安心して進めて良いでしょう。

auひかりをどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選して3社選びました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

>auひかりの申し込みにおすすめの窓口はこちら