今使っているauひかりを引越し先でも継続利用する方法【移転手続き手順】

今使っているauひかりを引越し先でも継続利用する方法【移転手続き手順】
今使っているauひかりを引越し先でも継続利用する方法【移転手続き手順】

引越しに先立ち、移転先でのインターネット回線をどうしようか悩んでいませんか?

インターネット回線は年単位で契約する事が多いため、突然の引越しに『契約中のauひかりはどうしたらいいんだろう?』と困ってしまう人も多いようです。

ご安心ください。

auひかりは移転可能な光回線ですから、今の契約内容をそっくりそのまま新居でも継続することが出来ます。

ただし、新居の住所がauひかりの対応可能エリアに入っている必要があるため、引越しが決まったらまずはエリア検索で調べてみましょう!

auひかりの移転手続き方法

≪事前準備≫引越し先の住所でエリア検索する

  1. 『引越し情報入力フォーム』から移転手続きの申し込みをする
  2. KDDIから『回線工事日』と『新しい電話番号』の連絡がくる
  3. 『ご利用開始の案内』と『宅内機器』が届く
  4. 移転先でauひかりの回線工事実施
  5. 宅内機器の接続を行う
  6. 引越し先でauひかり利用開始

尚、新居の住所がauひかりの対応エリア外だった場合は、KDDIの他の光回線サービスを提案してもらう事も出来ますし、別の光回線への乗り換えることも可能です。

ということで今回は、auひかりの移転手続き方法と、新居が対応エリア外だった場合のおすすめの乗り換え先について紹介いたします。

乗り換えを検討している方はこちら
料金が安いおすすめインターネット回線はこれ!スマホとのセット割が効く光回線を契約しよう
インターネット回線の料金を安くしたいとお考えでしたら、まずは最初の回線選びが重要になります。 これから光回線を契約するなら、次の4点に気を付けて選んでみてください。 1.スマホとのセット割が適用できる回線を選ぶ 2.工事費無料キャンペーンを展開している回線を選ぶ 3.キャッシュバックキャンペーンを利用する 4.オプションは必要最低限にする

auひかりは移転可能!

auひかり ロゴ

引越しすることになったら、様々な準備や手続きが必要になります。

インターネット(光回線)もそのひとつです。

場合によっては、解約や回線の撤去、乗り換えなどを検討しなければなりません。

ただ、auひかりを利用しているのでしたらそんな心配は不要!

auひかりは公式に『移転』に対応していて、現在の契約内容そのままに、引越し先でも継続利用できるからです!

では、auひかりの移転手続きについて、具体的な方法を見ていきましょう。

≪事前準備≫まずは引越し先がauひかりの対応エリアか確認しよう

auひかりの公式サイトで移転手続きを始める前に、まずは新居の住所がauひかりに対応しているか『エリア検索』をしてみてください。

auひかりのエリア検索方法

もうこれは大前提になってしまうのですが、auひかりは日本全国どこでも契約できるわけではなく、エリア外の地域があるんです。

auひかりの対応エリア
auひかり ホームタイプ提供エリア外
  • 中部:静岡、愛知、岐阜、三重
  • 関西:大阪、京都、兵庫、和歌山、奈良、滋賀
  • 沖縄:沖縄

新居が対応エリア外だと、そもそもauひかりは移転できないということになってしまいます。

その際は『移転手続き方法』を飛ばして、以下を確認ください。

auひかりの移転手続き方法

それでは、auひかりの移転手続き方法について具体的に見ていきましょう。

  1. 『引越し情報入力フォーム』から移転手続きの申し込みをする
  2. KDDIから『回線工事日』と『新しい電話番号』の連絡がくる
  3. 『ご利用開始の案内』と『宅内機器』が届く
  4. 移転先でauひかりの回線工事実施
  5. 宅内機器の接続を行う
  6. 引越し先でauひかり利用開始

尚、auの公式YouTubeアカウントが『引越し手続きの留意点』などを紹介していましたので、良かったら併せてご覧ください。

【au公式】お引っ越し前に見る動画

1.『引越し情報入力フォーム』から移転手続きの申し込みをする

移転手続きは、auひかりの公式サイトにある『お引っ越し情報入力フォーム』から行います。

販売代理店のサイトでは、移転は対応していないのでご注意ください。

フォームには工事日の日程を入力する箇所もありますので、あらかじめ候補日を決めておくとスムーズです。

後日、担当者から確認の連絡があります。

2.KDDIから『回線工事日』と『新しい電話番号』の連絡がくる

申込から1~3週間後、引越し先での開通工事の実施日がKDDIからメールまたは電話で送られてきます。

また、auひかりの固定電話サービスを契約している場合は、このタイミングで新しい電話番号が通知されます。

3.『ご利用開始の案内』と『宅内機器』が届く

宅配便で宅内機器一式が届くので、大切に保管し必ず引越し先に持っていきましょう。

また、一緒に届く『ご利用開始の案内』には、引越し後の手続きに必要な情報が記載されています。

手元に届いたら速やかに内容を確認してください。

4.移転先でauひかりの回線工事実施

工事予定日に、移転先でauひかり回線工事が行われます。

家人の立ち会いが必須ですので、当日はかならず誰かが対応できるようにしましょう。

5.宅内機器の接続を行う

開通工事が終了したら、KDDIから届いていた接続機器を自身で取り付けてください。

『接続設定ガイド』を参考にしましょう。

取り付けに自信が無い方は、『かけつけ設定サポート』を利用することも出来ます。

かけつけ設定サポート
有線の基本料金
7,480円(税込)
かけつけ設定サポートについて詳しくはこちら

6.引越し先でauひかり利用開始

パソコンやスマホを操作してauひかりに接続します。

無事インターネットに繋がれば、auひかりの利用開始です!

auひかりを移転する際の注意事項

auひかりの移転手続きには、3つの注意点があります。

  1. auひかりの移転手続きには約1カ月がかかる
  2. 電話番号が変わる
  3. 初期工事費用の残債一旦支払う必要がある

1.auひかりの移転手続きには約1カ月がかかる

auひかりの移転は、申し込んでから開通するまでおよそ1カ月かかります。

面倒だからと、つい手続きを先延ばしにしてしまうと、引越しした後『しばらくインターネットが利用できない・・・!』という事になりかねません。

引越し予定日が分かり次第、移転手続きを開始しましょう。

2.電話番号が変わる

固定電話

auひかりの固定電話サービス『auひかり電話』を利用している場合、異なる市区町村に移転すると電話番号が変わります。

とはいえ、これはauひかり電話に限った話では無く、NTTの加入権電話やその他の光電話サービスなど、市外局番から始まる電話番号を利用するサービスはみんな同じです。

3.初期工事費用の残債一旦支払う必要がある

引越し前の自宅にauひかりを導入した際、開通工事費を分割払いにしていて、まだ支払いが残っていた場合は一括で支払う必要があります。

尚、移転後に支払った分と同額を一括して割引または還元されるのでご安心下さい。

引越し先の住所がauひかりのエリア外だった場合の選択肢

引越し先の住所がauひかりに対応していなかった場合は、残念ながら移転できません。

その時は、以下何れかの方法を検討しましょう。

  1. auひかりの移転手続きを開始し他のKDDIの光回線サービスを提案してもらう
  2. auひかりを解約し別の光回線に乗り換える

1.auひかりの移転手続きを開始し他のKDDIの光回線サービスを提案してもらう

エリア外と分かっても、正規の手順で移転手続きを進めてください。

すると後日担当者から連絡が来て、他のKDDIの光回線サービスをすすめられます。

ただし選択肢は少ないです。

KDDIの光回線サービス
  • ビッグローブ光
  • コミュファ光

2.auひかりを解約し別の光回線に乗り換える

auひかりを解約し、他の光回線に乗り換えます。

普段、光回線を見直す機会はなかなか無いと思うので、引越しを良い機会と捉え、より月額料金が安かったり、速度が安定している光回線を調べてみると良いでしょう。

月額料金を安くしたい方はこちら
料金が安いおすすめインターネット回線はこれ!スマホとのセット割が効く光回線を契約しよう
インターネット回線の料金を安くしたいとお考えでしたら、まずは最初の回線選びが重要になります。 これから光回線を契約するなら、次の4点に気を付けて選んでみてください。 1.スマホとのセット割が適用できる回線を選ぶ 2.工事費無料キャンペーンを展開している回線を選ぶ 3.キャッシュバックキャンペーンを利用する 4.オプションは必要最低限にする

auひかりの解約金が発生する場合は『違約金補填キャンペーン』を展開している光回線を検討しよう

auひかりの一般的なプランは2~3年の自動更新契約となっていて、期間と期間の合間に訪れる『更新期間』中に解約しないと解約違約金が発生します。

ホームの解約違約金・ずっとギガ得プラン:4,730円(税込)
・ギガ得プラン:4,460円(税込)
マンションの解約違約金・お得プラン:2,730円(税込)
・お得プランA:2,290円(税込)

また、戸建てにお住まいで回線の撤去が必要になった場合は、その撤去費用が31,680円(税込)も掛かるんです。

電気通信事業法改正に伴うauひかりホームタイプの撤去工事費について

2022年7月1日以降に『auひかりホーム』を申し込みされた方】
回線の撤去を希望する場合、解約時に光ファイバー引込設備の撤去工事を行います。その際、撤去工事費として31,680円(税込)がKDDIから請求されます。

2018年3月1日~2022年6月30日に『auひかりホーム』または『auひかりホーム 高速サービス』を申し込みされた方】
解約時に光ファイバー引込設備の撤去工事を行います(必須)。その際、撤去工事費として31,680円(税込)がKDDIから請求されます。

ただでさえ引越しにお金がかかるのに、追加で解約金まで請求されるのは辛いなぁ・・・

多額の解約金が掛かってしまう場合は、『違約金補填キャンペーン』を展開している光回線に乗り換えるのも一つの手です。

例えば、ソフトバンク光の『あんしん乗り換えキャンペーン』が挙げられます。

ソフトバンク光の『あんしん乗り換えキャンペーン』とは

SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン
ソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーン

あんしん乗り換えキャンペーンは『他社の解約金や回線撤去費を最大10万円まで還元します!』というキャンペーンです。

違約金や工事費の残債合わせても10万円以上になることはまず無いため、これならほとんどのケースで満額回収できるということになります。

ソフトバンク光への乗り換えを後押ししてくれる強力なキャンペーンです!

あんしん乗り換えキャンペーンでは、例えば以下の費用が還元対象になります。

  • 光回線の解約違約金
  • モバイルWi-Fiの解約違約金
  • 回線工事費の分割残債(転用、事業者変更は対象外)
  • 回線撤去費用
  • 電話番号移行のためのアナログ戻し工事費用

手続きには他社サービス解約時に発生する違約金・撤去費用の金額が確認できる証明書が必要となるので大切に保管しておきましょう。

auひかりからの乗り換え先におすすめの光回線4選

引越し先の住所がauひかりに対応していなかった際の乗り換え先として、おすすめの光回線を4つ紹介いたします。

1.NURO光【公式 ソニーネットワークコミュニケーションズ】

キャッシュバック
特典
45,000円
キャッシュバック
進呈時期
開通6ヵ月後の15日以降
こんな方におすすめ
  • 代理店より公式の窓口から申し込みたい
  • 速度の評判の良い光回線を導入したい
  • ランニングコストを安く抑えたい

NURO光は代理店があまりなく、実は公式サイト(So-net)から申し込むのが一番お得です!

So-netのキャンペーンサイトから申し込むことで、なんと45,000円もの高額キャッシュバックが受け取れます。

開通6ヵ月後15日に、キャッシュバックの「受取手続きのご案内」のメールが届くので、45日以内にマイページから受取口座の指定をしましょう。

また、公式特典として工事費相当額が分割され月額料金から割引されるため、最終的に実質無料となる点も非常に魅力的です。

ただし、NURO光は提供エリアや対応物件が限られるので、申し込み前に自宅が使えるエリアなのか必ず確認をしましょう。

\速くて安い評判の光回線/

2.ドコモ光【代理店 NNコミュニケーションズ】

キャッシュバック42,000円
dポイント2,000pt
キャッシュバック
進呈時期
最短1ヵ月
dポイント
進呈時期
最短4ヵ月
こんな方におすすめ
  • 早く確実にキャッシュバックを貰いたい
  • 評判の良い代理店から申し込みたい
  • 実績のある代理店で申し込みたい
  • お気に入りのプロバイダを選びたい

ドコモ光のおすすめ窓口1位は、NNコミュニケーションズです。
NNコミュニケーションズは、オプション加入なしでキャッシュバック42,000円です。

NNコミュニケーションズは、以下のような特徴があります。

  • キャッシュバック手続きが申し込み時の電話で完結するため確実に受け取れる
  • 開通から最短1ヵ月で振り込まれるので早く受け取れる
  • auひかりやソフトバンク光の代理店としても取次をおこなう。KDDIやソフトバンクから実績を評価されている

キャッシュバックは申し込みの際にかかってくる電話で振込口座を伝えます。
それだけで手続きは完了です。ドコモ光に申し込めば必ずNNコミュニケーションズから連絡があります。
したがって、手続きを忘れる心配がないのです。

電話で振込口座を伝えれば、開通後最短1ヵ月で振り込まれます。
あまりに振り込みが遅いと「本当に貰えるのか」と不安になりませんか?
1ヵ月と受け取るまでのスピードが速いのも魅力です。

どんなにキャッシュバック額が高くても受け取れなければ意味がありません。
確実に受け取るならNNコミュニケーションズがおすすめです。

NNコミュニケーションズはプロバイダ23社からお気に入りのものを選ぶことができます。

また、auひかりやソフトバンク光でも高い実績があります。
実際に申し込んでみれば、実績があり評判の良い理由がわかります。

だまされたと思って申し込んでみてはいかがでしょうか?

\42,000円キャッシュバックが最短1ヵ月で確実に手に入る!/

3.ソフトバンク光【代理店 エヌズカンパニー】

キャッシュバック
特典A
37,000円
キャッシュバック
特典B
32,000円
+Wi-Fiルーター
キャッシュバック
進呈時期
最短2ヵ月
こんな方におすすめ
  • オプションなしで申し込みたい
  • 評判の良い代理店で契約したい
  • 実績のある代理店で申し込みたい

エヌズカンパニーは、実際に申し込んだ方からのレビュー(感想)がとても良い代理店です。
エヌズカンパニーのレビューはこちらをご覧ください。

また、ソフトバンクから表彰されており、実績も充分!

エヌズカンパニーのキャンペーン特典はオプションに加入する必要がありません。
そのため、月額料金が高くなることなくスッキリした内容で申し込めます。
エヌズカンパニーの詳細はこちらをご覧ください。

\オプション不要で37,000円キャッシュバック/

4.ビッグローブ光【公式 BIGLOBE】

キャッシュバック
特典
40,000円
月額料金割引
特典
19,536円(税込)
(1,628円(税込)×12ヵ月割引)
キャッシュバック
進呈時期
最短12ヵ月
こんな方におすすめ
  • 高額キャッシュバックが欲しい
  • 安心して申し込みたい
  • キャッシュバックより月額料金割引が良い

ビッグローブ光を公式サイトから申し込むと、下記2種類の特典から好きな方を選んで受け取ることができます。

  1. 1年間の月額料金大幅割引 総額19,536円(税込)
  2. 高額キャッシュバック 40,000円

キャッシュバックは『新規』『転用』『事業者変更』に差がなく、どのパターンで申し込んでも40,000円受け取ることができるのがメリットです。

新規新たにビッグローブ光を申し込む事
転用フレッツ光からビッグローブ光に乗り換える事
事業者変更他社光コラボレーション(ソフトバンク光やドコモ光など)からビッグローブ光に乗り換える事

ただし、振り込まれるのがビッグローブ光を申し込んでから12ヵ月後と長いです。

その点が気にならなければ申し込みを検討するといいでしょう。

月額料金割引は手続き不要で、12カ月間割引されます。

確実にキャンペーンの恩恵を受けたいなら月額料金割引を選びましょう。

ただし、月額料金割引の総額はキャッシュバックより金額が低いです。

また、月額料金割引は新規と事業者変更の方が対象で転用の方は利用できません。

\キャッシュバック40,000円進呈中/

まとめ

auひかりの移転手続き方法と、新居が対応エリア外だった場合のおすすめの乗り換え先について紹介しました。

今記事のまとめです。

auひかりの移転手続き方法

≪事前準備≫引越し先の住所でエリア検索する

  1. 『引越し情報入力フォーム』から移転手続きの申し込みをする
  2. KDDIから『回線工事日』と『新しい電話番号』の連絡がくる
  3. 『ご利用開始の案内』と『宅内機器』が届く
  4. 移転先でauひかりの回線工事実施
  5. 宅内機器の接続を行う
  6. 引越し先でauひかり利用開始

もし引越し先がauの対応エリア外で継続利用できなかった場合は、以下のいずれかの方法をご検討ください。

  1. auひかりの移転手続きを開始し他のKDDIの光回線サービスを提案してもらう
  2. auひかりを解約し別の光回線に乗り換える

普段、光回線を見直す機会はなかなか無いと思うので、引越しを良い機会と捉え、より月額料金が安かったり、速度が安定している光回線を調べてみると良いでしょう。

\損をしたくない方 必見記事!/

auひかり 厳選ランキング