auひかりのマンションタイプGは、一般的なプランより6倍以上速い!

auひかりのマンションタイプGは、一般的なプランより6倍以上速い!

ホームでは1Gbps(1,000Mbps)が常識の光回線ですが、マンション向けプランになると最大通信速度100Mbpsが一般的です。

これは、マンション棟内の配線に電話線を用いている事が関係しています。

マンションの共有部まで光回線を引っ張ってきていても、そこから各戸までは電話線で配線しているため、どうしてもホームより遅くなってしまうというわけです。

ただし、auひかりマンションの中には、棟内配線に電話線を用いていても高速インターネットが出来るタイプが存在します。

それが「auひかりマンションタイプG」です!

今記事では、ともに棟内配線で電話線を用いている「マンションタイプG」と、「マンションタイプV」を比較します。

マンションにお住まいで高速インターネットが使いたい方は、ぜひ参考にして下さい。

尚、auひかりの申し込みに迷ったら下記の記事がおすすめです。

申し込みにおすすめの窓口を厳選して3つ紹介しております。
ここさえおさえておけば申し込みで失敗することはないでしょう。

興味のある方はご覧になってみてください。

>auひかりの申し込みにおすすめの窓口はこちら

auひかりマンションタイプGの通信速度

VDSL方式

マンションタイプGとマンションタイプVは、棟内配線に電話回線を用いてインターネットに接続するという意味では同じです。

しかし、タイプGはG.fast(ジードットファスト)という特殊な技術を用いることで高速通信を実現しています。

タイプGとタイプVの公表している最大通信速度を比較してみましょう。

マンション速度タイプGタイプV
下り速度664Mbps100Mbps
上り速度166Mbps100Mbps
通信規格G.fastVDSL

表の通り、マンションタイプGは同じ電話回線を利用しているマンションタイプVに比べて6倍以上速いんです。

auひかりマンションタイプGの料金

タイプGタイプV
16契約以上3,800円(税込 4,180円)/月3,800円(税込 4,180円)/月
8契約以上4,100円(税込 4,510円)/月4,100円(税込 4,510円)/月
工事費30,000円(税込 33,000円)
※同額の割引で実質無料
30,000円(税込 33,000円)
※同額の割引で実質無料
登録料3,000円(税込 3,300円)3,000円(税込 3,300円)
解約違約金9,500円(税込 10,450円)7,000円(税込 7,700円)

※マンションタイプGはお得プラン、マンションタイプVはお得プランAを選択した場合の料金です。

マンションタイプGとマンションタイプVの料金は同じです。

唯一解約違約金額に違いがあります。

ただ、使い続けている分には解約違約金は関係ありませんし、契約期間の合間に訪れる更新月中に解約すればそもそも掛かりません。

ですので、そんなに気にする必要は無いでしょう。

ちなみに、auひかりマンションの初期工事費はキャンペーンにより実質無料となります。

auひかりマンションタイプGの対応プロバイダ

タイプGタイプV
BIGLOBE
@nifty
So-net
@TCOM×
AsahiNet×
au one net
DTI×

マンションタイプGの対応プロバイダは「BIGLOBE」「@nifty」「So-net」「au one net」の4社です。

一方、マンションタイプVは全てのプロバイダに対応しています。

といっても、auひかりの場合どのプロバイダを選んでも速度や品質は変わらないので、そんなにこだわる必要は無いでしょう。

ちなみにキャンペーンの面からみると、auひかりのプロバイダは「BIGLOBE」、「So-net」、「@nifty」がオススメです。

なぜなら、代理店から申し込む際にこれらのプロバイダを選択することで、代理店とプロバイダ双方からキャッシュバックが貰えるからです。

auひかりマンションタイプGの対応エリア

タイプG首都圏:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
関西:大阪府、兵庫県
上記内の一部マンション
タイプV全国

ご覧の通り、マンションタイプGはまだ対応エリアが狭いです。

KDDIは、これからタイプGの対応エリアを拡大していく意向を示しています。

まだタイプVしか契約できない場合は、これから対応するのを期待しましょう!

まとめ

以上、auひかりマンションタイプGについて紹介しました。

マンションタイプGは棟内配線に電話回線を使ってインターネットに接続していますが、独自のG.fastという技術を用いることで最大通信速度664Mbpsの高速通信を実現しています。

これは一般的なマンションタイプに比べて、6倍以上速いです!

一方、月額料金はマンションタイプV(最大通信速度100Mbps)と変わりません。

料金が同じで速度が速いのですから、当然マンションタイプVよりマンションタイプGを選んだ方がお得です。

ただし、マンションタイプGは対応プロバイダや対応エリアが少ないといったデメリットもあります。

これらのデメリットは徐々に改善されていくと思われますので、対応エリア外だった方は今後を期待して待っていましょう!

auひかりをどこで申し込もうか迷っているなら、下記の記事が参考になります。

いくつかある窓口の中からキャッシュバックが貰いやすいなど、失敗のないところを厳選して3社選びました。

申し込み窓口の候補として参考にしてみてください。

>auひかりの申し込みにおすすめの窓口はこちら